じぶんを生きる方法

ドラマサイレントの妹役桜田ひよりちゃんの演技が好きすぎる

ドル💸もんの

最近のドラマの見方の傾向は…

 

・YouTubeにある古いドラマを

見つけた時に、一気に見る

 

・ツイッターかTikTokで

ショートverが出ててると見る

 

の手順に洗練されていて

 

長く、見ることより

たくさんの種類を見ることを

大切にしています。

 

なので、ちゃんと見てない事の方が多いです笑

 

ちゃんと見てないのに

印象に残ったシーンがある方が珍しい中で

 

最近で言えば

seventeenモデルの

桜田ひよりちゃんの演技に

度肝を抜かされた。

 

ツイッターで世界トレンド入りするほど

トレンドになっている

ドラマ「silent」の

 

川口春奈さんが主演の木10ドラマ『silent』は、主人公の青羽紬(あおば・つむぎ/川口)が、かつて本気で愛した恋人である佐倉想(さくら・そう/目黒蓮)と、音のない世界で“出会い直す”という、切なくも温かいラブストーリー)

 

参照

https://www.fujitv-view.jp/article/post-687001/

 

妹役桜田ひよりちゃんの演技が

 

まるで、日常生活にいる人って感じで

わたしは好き。

 

度肝を抜かされたシーンは

 

お母さんに兄の事に関して

隠し事をしていたはずが、

不機嫌になっている様子を見て

 

父親を問い詰めるシーン。

 

ほんとうの生活の一部みたいで

リアリティーがすごかった。

 

https://vt.tiktok.com/ZS887Q3p7/

 

兄の佐倉想が

聴覚障害になったと知ると

兄より先に、手話を覚える

健気なシーンも好き。

 

https://vt.tiktok.com/ZS887P8jW/

 

演技とおなじくらい良いなと思っているのが

主題歌の

Official髭男dism – 「Subtitle」 

 

歌詞

「言葉はまるで雪の結晶」

「正しさより、優しさが欲しい」が

特に好き。

 

「言葉はまるで雪の結晶」

 

…1年前くらいの情報発信の投稿で

「ことばって、雪みたいに刺さるよね。」

って言ってたら、

 

そのまま歌詞になってることに震えた。

 

無数のことばに

こころが死んだ経験がある人にとっては

共感度が高いなぁ。

こころってかんたんに死ぬから

大切にしないと、だ。

 

「正しさより、優しさが欲しい」

…いちばん好きな歌詞。

 

ひとって、

結局、揉め事すると「正しさ」で

さらにこじらせているように思ったり

 

「優しさ」が欲しい時に

「正しさ」をぶつけてしまう事で

関係が終わることって多いよなと感じていて。

 

みんなが欲しいのは

正義のことばより、愛。

 

純粋な気遣いが欲しいのに

「こうでありなさい」

「こうでなきゃいけない」

正しいことを言われると、凹むよね。

 

「そしてそれ(優しさ)を受け取れるのは
イルミネーションみたいな

不特定多数じゃなくて

ただ1人 君であってほしい」

 

…不特定多数の人に向けて

情報発信していると

 

純粋にたった1人から愛されることを

忘れてしまいがちになるけれど

胸キュンなことばだなぁ。

 

「優しさ」が欲しい時に

「優しさが欲しい」と言えなかった経験があると

染みる音楽だなと思うので

 

歌詞は恋愛のこと書いてるけど

ふつうに聴いてみてね!

 

Official髭男dism – Subtitle [Official Video]

https://youtu.be/hN5MBlGv2Ac