スピリチュアル

人生の問題をどうしたらいいか分からない時【スピリチュアル】

今回は人生の問題をどうしたらいいかわからない時について解説します。

 

結論から言うと、

人生の中で問題があると感じた時

どうしたらいいかわからないと感じた時

 

その時は問題を問題にしないスキルが必要だと考えています。

 

「え、これだけ悩んでいて、困っているのに

悩みを悩みにしないことが大事とはどういうことか?」

 

そう感じたと思うので

なぜ人生の悩みを 悩みにしないことが大切なのかについてお伝えします。

 

悩みとは

自分自身が悩みだと思うと発生します。

 

なので自分自身が

悩みだと捉えていない状態になると悩みは消えます。

 

当たり前に思うかもしれませんが、

 

悩みをいちばんに解決する方法とは、

その問題自体問題にしないことをに尽きます。

 

あなたが問題と思うから、

問題が悪化するので

問題にしないことが求められているのです。 

 

ここで大事な事は

そうはいっても問題は問題だと感じると

引き延ばさないことです。

 

なので最も簡単に、

人生の問題を解決する方法は

 

問題を問題と思わないスキルを身につけることです。

 

それは問題に対して何もしないことや

問題を解決しないことを意味しているのではなく

 

悩みとは

 

結局、時間が解決することがあったり

あなた自身が解決する必要がないものであったり

自然淘汰することがほとんどなので

 

あなたが問題と思うと

問題になってしまうことに

気づくことが大事なのです。

 

問題が問題でないことに気づくことができると

 

意識の次元が変わることで、

問題が問題でなくなっていることで

解決策を求めようとしなくても

解決することがあります。

 

もちろんすべての悩みに対して、

問題を問題としないことで解決できるかと言うと

そういうわけではないと思うのですが、

 

基本的なマインドとして

問題を自ら作らないことが

とても大事だと考えています。

 

結局、自分の中にある問題とは

自分が作り出しているものなので

 

自分が勝手に作って、

自分が勝手に消していると考えると

 

意外に思うかもしれませんが

問題の一番の原因は自分自身になるのです。

 

自分が問題を作り出さないと

問題は出てくることがありません。

 

なので、問題と騒ぎ立てることが

一番の問題であることに気づくことができると

 

問題と認識する必要がないことに気づきます。

 

どうしたらいいかわからない時とは

どうしたらいいかと悩むことを

やめるタイミングと考えてください。

 

悩むことをやめる潔さが

問題を長引かせずに済みます。

 

自分の中にある問題は

自分にしか解決することができないので

 

自分がまず問題を問題とすることをやめると

 

問題は自分の中からなくなることで

平穏な時間を取り戻すことができます。

 

もっと単刀直入に言うと

悟ってしまった方が良いという事です。

 

自分自身が生きながら死ぬことを

目指すと問題はなくなっていきます。

 

問題を探す癖を持っていると

自分自身の考え方のせいで

問題にまみれていることに気づかなくなります。

 

少し達観して

そもそも問題はないところから

考えていくことが大事です。

 

死んだら問題はなくなります。

なので自分がまず、死ぬことが大事なのです。