ストレス0

頑張ってもいいことがない人生に疲れた時

わたし達は、喜劇の幻想をずっと見続けていたいだけ

 

今回は、がんばってもいいことがない人生に疲れたときに考えたい事について解説する。

 

私たちは現実生活についてずっと良い面ばかりを見続けたい欲があることを認めることが大事だと考えている。

 

実際には、良い面を見たいと思えば思うほど

真逆の反動が起こりやすい。

 

頑張れば頑張るほど悪い面を寄せやすいことを考えたときに、そもそもがんばった程度で

 

人生は良くならないことを理解した方が良いと考えている。

 

頑張ってもどうにもならないことがあることを理解することで、自分の中であきらめるポイントを探ることが必要不可欠だ。

頑張ってもいいことがない人生に疲れた時

 

がんばってもいいことがないという事は

がんばらなくても

頑張っても

同じくらいの居心地で生活していると考えている。

 

がんばる選択をすることも

がんばらない選択をすることも

大差ないことを考えた時に

 

がんばる動機について

見直す事で、いまの地点から頑張らずに

生活する事が出来ると考えている。

 

また、自分的に頑張っていることを他人から見て考えたときに、実はそんなに頑張ってない部類に入ることに気づいていないことが頑張らないといけない要因になっていることもあると考えている。

 

というのは、成果が出る頑張りと

成果が出ない頑張りがあるとすれば

 

成果が出ない頑張りを続けた所で

意味がない事を知っている

高い角度から考える人からすれば

 

なぜ、頑張っても変わらない領域で頑張るのか⁇ 無駄に頑張らない事も大事だと

知っている人もいるのだ。

 

頑張ってもいいことがない人生に疲れた時

 

本当は、誰も無駄に

がんばって欲しくないことを考えた時に、

 

なぜ少し頑張ったところで

変わらない事に対してがんばるのか?の

動機を見直した方が良いと考えている。

 

めちゃくちゃ努力しないと

現実生活はそう、たいして変わらない事を

知らない時

 

日々、疲れが増えるだけに感じると

考えている。

 

頑張ったり、努力することよりも

いま、当たり前が継続出来ている事の方が

価値が高い事に気づくタイミングかもしれない。

 

頑張ってもいいことがない人生に疲れた時

 

頑張っている理由が

自分以外の要因でがんばっている人生だと考えているとしたら

そして、じぶん以外の要因のせいで

頑張っていた事が事実だとしたら、

 

自分の人生で諦めるポイントを作ることによって楽になることができると考えている。

 

がんばってもいいことがないと

現実生活でとらえていながら

 

頑張る理由について精査したときに

 

期待や願望を捨てられないことで

傷ついていたり、

 

叶えたい目標に対して

的確にアプローチ出来ない事に対して

頑張っていることで疲れているとしたら

 

じぶんの人生に必要なものを

決めていく作業が必要だと考えている。

 

がんばったら、すべてを掴む事が

出来るわけではない事を考えたときに

 

「どうにもならないこと」に諦めや

折り合いをつける力が

じぶんを守る方法にもなる事を

知った方が良いと考えている。

 

頑張ってもいいことがない人生に疲れた時まとめ

 

今回は、頑張ってもいいことがない人生に

疲れた時に考えたい事についてまとめた。

 

人生や、現実生活は

頑張ったくらいで、

どうにも変わらない事を考えた時に

 

どこで、諦めや折り合いをつけていくか?も

必要なスキルだと考えている。

 

簡単に譲れない

大事な価値観だけを尊重する事よりも、

時々、がんばって、大事な価値観を尊重するなら

手放した方が楽な時がある事を理解した方が良いと考えている。