ストレス0

人の考えてることがわかるエンパス気質の能力の活かし方

ネットビジネスや起業塾の界隈では、

ひとを支配したり、依存させていることを喋ってもらっては困るので

人の考えてることがわかるエンパス気質の能力を否定されている。

 

エンパス気質も、なにも、

空中に粒子のエネルギーが流れている事が視えている事を考えると

粒子の動きで、考えている事を追えるのだから隠しようがないのに

見えるものだけを信じさせる為の、嘘な概念は、沢山ある。

 

「人の考えてることがわかる=エネルギーがわかる」能力を持つ人は

指先が、いわゆる、火の手といって、手に特徴がある。

 

約束のネバーランド」の指先が長いおじさんが良い例だ。

 

マニキュアをつけていたら、1cmほど指先を後天的に伸ばしてしまって、

その辺りから、みえなかったものが見えるようになったので

もしかしたら、指先を伸ばす事と能力開花はなにか関連があるのかもしれない 笑

肉体は、伸ばせるのに、削る事が出来ない事が、面白さがある。

 

 

こころの内が、なんでも、視えてしまう能力によって、

ひとに忌み嫌われる事が、むかしは多かったらしい。

 

こころの内が視える能力にも色々タイプがあるので…。

 

わたしが知る限りでは、

人体に触れない系の透視能力は覚醒まっさかりに視えるのでリミットがあると聴いており

いわゆる人体に触れる系の人はリミットがない人が多いが

わたしは、いまのところエネルギーで想念を感じて、

大体、当たるから的確に話せるって感じ。

 

エンパス気質の人は、こころの内が視え過ぎているので

じぶんの能力を理解していない時

何気ない会話で、ひとの闇を引き過ぎてしまったり当て過ぎてしまう事で

うんざりしてしまう事が多々ある。

 

地球環境では、エゴを愉しむ遊園地なので

曖昧さがないエンパスの能力は

気質がない人や、ひとをコントロールして支配したい愛のないところでは阻害されやすい。

 

わたしは、最終的に、意識エネルギーが理解できるようになると

完全に、浮いてしまったり、曖昧さがなさ過ぎて

支配・コントロールしたい人にとっては邪険な感じになった結果

立ち寄る事がなくなった。

 

重い意識環境は不向きなので、HSPやADHD・エンパスを理解して貰う事より

「そろそろ、素直に生きたいから、闇(エゴ)を葬りたい人」の

役に立てるように、技術を磨く事をおすすめする。

 

HSPやADHDの単語にかまけて

じぶん自身の尊厳が保たれなくて良い選択をする人はとても多い。

 

視えない視覚が視える人は、HSPやADHD・エンパスの単語に甘えると

繊細すぎたり、憑かれる事で、人生が波乱になりやすいので

他人のカウンセリングやヒーリング技術を上げるだけでなく

肉体を持っているいまのじぶんを愉しんであげる事を大切にして欲しいと考えている。

 

 

「むかしは」と記載したけれど

現代の、支配構造が敷かれている社会が続く限りは

 

「支配か、対立か、調和か」

 

どういった意図を持って、

ひとのこころをコントロールしたがるのか敏感に感じ取ってしまう事で

 

営利目的を斡旋したい人達からは

「そんな能力はない」と帳消しにしたいと煙たがられる存在だ。

 

環境によっては、理解がなかったり、

知見がなく、不気味なので、能力が潰される事も、少なくないだろう。

 

いわゆる巫女体質といって、

他人の人生に、じぶんの生命エネルギーを削ってでも癒してしまう人や

 

(潰瘍を経験して、よく分かるけれど、

生命エネルギーが漏れている時は、

肉体はじぶんで、意識エネルギーは、毎日、他人と入れ替わっている。)

 

過去世で、巫女体質や神に遣える仕事をしていた人は

 

可視化出来ない意識エネルギーを扱うことがうまいので

カウンセリング能力が、元々、ずば抜けている。

カウンセリング能力では、他人は変えられないというのは嘘で

 

可視化されないエネルギーを駆使する実力が上がれば上がるほど

 

同一平面上の、過去・いま・未来の時間と面を変えてしまう事で

3次元の概念をぶち壊しにしてしまう危険度MAXな能力だ。

ツインレイ(ツインフレーム)の男性と体外離脱で出会うとどうなるのか?特徴と前兆

 

言語化された文章から、

「どんな意識で生活している人か?」推し量る事が出来る事で、

 

じぶんが、辛かったり、苦しい過程を通り

感情経験を豊富に持っているほど

 

エネルギーが同調してしまい、気づいた時には

 

身体の周りのエネルギーに漏れが生じる事で生命エネルギーが枯渇し

肉体的にもダウンしてしまうことがある。

 

過去世と今世のトラウマが癒されていないと

 

じぶんの無意識化が、お客さんとして現実化してしまう事で

継続が困難になることもある。

せっかくの能力を、少しの掛け算の違いで葬ってしまう事もあるだろう。

 

また、今世は、資本主義のピラミッド社会に降りてきているので

ある程度、現実的なことを知る事も、必要不可欠と考えている。

 

そして、過去世で生きたじぶんと、今世は、別世界の映像なので

生命エネルギーが枯渇しないように

 

まず、じぶんのエネルギーを循環させ続けた上で

奉仕するこころを育て

 

お金の重いエネルギーも愉しみ

 

役割からはずれ、ひとりの肉体を持った人間を

尊重する事が大切であると考えている。

 

たとえばだけど、わたしは、潰瘍の時に

 

なにかを伝えようとして、

王族になったものの、結局、うまくいかなかったり

マリアのような格好をして、ひとりだけ飛行機から突き落とされたり

 

戦闘機に乗って、じぶんを狙った弾が外れて

目の前の飛行機が墜落したり

 

医療系の病院職で働いていて、

薬を飲んだつぎの瞬間に患者さんが亡くなってあなたのせいだと

なじられながら

 

ムー大陸時は、イルカになって楽しんでいたり

レムリア大陸が沈んだ時の蛍の光の合唱を聴いたり

 

無念や無価値観の気持ちを抱いた過去世の絵を見ているけれど

 

同時系列上で起こっている多次元の世界と

いまのじぶんの感情を切り離して、生活して良い事がわからないと

 

意識が、今世でないところに行くので、かなり、危険な状態になる。

 

「人の考えてることがわかるエンパス気質の能力」は

共感力がひと2倍高い事で、ひとを泣かせてしまい癒すこともあれば

他人の気持ちが読めすぎる事で、逆に、お客さんを払ってしまう事がある。

 

無意識化で解消されていなかった

じぶんのエゴの周波数によって、被爆する度に

能力が上がる仕組みなので、致し方ないというか

 

こればかりは、自己ヒーリング能力アップの為に

起こっていると考えるのが、妥当だろう。

 

なので、一般的なカウンセリングやヒーリングの印象だと

「ただ、聴いているだけ」と思っている事が多いけれど

 

エネルギーに敏感過ぎて

 

思考によるエゴの会話が聴くに耐えない為

環境の調整役に必然的になってしまう事が多い。

 

思考によるエゴのエネルギーを10年も溜め続けていたら

いくら、元々の能力が高くても

抱え過ぎて、エネルギー体の漏れが多くなるので

 

エゴのエネルギーのゴミ箱と化してしまったら

役割どころか、元も子もなくなってしまう。

 

環境の調整役になりすぎたり

他人のエネルギーとじぶんが同化し過ぎてしまう事で

じぶんのエネルギーを忘れてしまったり

 

気づいたら、気をあげてしまったりしているので

 

こまめな自己管理が出来ている話が分かる人に、相談する事が妥当だろう。

 

そういう意味では、可視化できない意識状態が

まったくわからない、あっけからんとしている人の方が

 

時に、ものすごくひとを癒す事も多い。

 

元々ある能力を維持する事や伸ばす事ばかり考えてしまう事で

じぶんがなくなりすぎる事は、危険行為だ。

 

同一平面上で、行っているじぶんのヒーリング能力による感情苦を

今世に持ち込まないだけでも

 

かなり、自己ヒーリング能力が上がるので

そういった対策方法も、シェアしていきたい。

 

ハリーポッターのスネイプ先生がハリーに忠告したように

多次元の夢の世界を3次元の今世に持ち込むと大体障害が起こるので

こちらに、意識を戻すことで生きる方法を知れば良いと考えている。