スピリチュアル

人を小馬鹿にする人の末路。機能不全家庭で起こった話【スピリチュアル】

今回は、人を小馬鹿にする人の末路について解説します。

 

タイトルには機能不全家庭と書いていますが、現在は解消されています。

かつて、機能不全家庭だった時期がある私の過去の経験が役に立てば幸いです。

 

結論から言うと、

人を小馬鹿にする人の末路は、自分自身も辛い結果になると考えています。

 

私自身、かつては親に「あなたはバカだ。」と言われて育ったのですが、

あまりにも「あなたはバカだ。」と言われ 続けたことで

「本当に馬鹿なのだ。」と思って育った経験があります。

 

実際の実力と乖離したことを言われ続けた結果、

プロフにある通り、

 

大人になってから、

実際の自分と親から言われた自分と実際のレベルが違うことで

後々、大きな歪みになったことがあります。

 

当たり前ですが、人を小馬鹿にする事は結果的に自分自身を苦しめる結果になります。

人を小馬鹿にすると、自分自身を守ってくれる人が居なくなります。 

 

それでも、人を小馬鹿にしないと自分自身が成り立つことができない人が一定数います。

 

人を小馬鹿にしないことのメリットよりも

人を小馬鹿にする事で得られるメリットの方が多いと感じてしまうと

 

人を小馬鹿にしないように接していくことよりも

人を小馬鹿にして接していくことの方が簡単なので

 

簡単な方の苦痛を取る人が一定数いるのです。

 

普通の感覚で行けば、人を小馬鹿にすると苦痛を感じるはずなのですが、

 

自分自身が小馬鹿にされたり大切に育てられた経験がないと

 

自分自身が苦痛に感じる育て方であったことを忘れて

自分が嫌だと感じた親の真似をして、人に接する方が楽に感じるようになるのです。

家庭環境を含め、全員が全員、自分と同じ良心を持った人ではないことを考えてください。

 

むしろ割合的には、良心を持っていない人の方が、感覚的には多いと考えています。

数が多いというよりは、精神的ダメージを与える割合が多いです。

 

精神的ダメージを与える人も結果的には人を小馬鹿にすることで

自分自身もダメージを負うことがあるのですが、

 

ダメージを負うことよりも、

人を小馬鹿にする方が簡単だから、続けることがあります。

 

そしてあなた自身があなたのことを

自分で自分のことを認めていない時に、問題になると考えています。

 

あなた自身が自分のことを存在価値を認められるようになると

たとえ家族であったとしても、

小馬鹿にされて生きていたことに関して洗脳のように影響を受ける事はなくなるので

 

小馬鹿にされていることよりも、価値があることを見つけることが大事です。

 

なので、大切なことは、あなたのことを小馬鹿にする人は一定数いるので、

自分自身が自分のことを馬鹿にしないことが大切です。

 

これも当たり前の話なのですが、

自分自身が自分のことを馬鹿にするように人を育ててしまうと

 

正確な自分の実力や自分のできることや

やりたいことがよくわからないまま育ってしまいます。

 

もう少し簡単に言うと、

自分のことは自分でよくわからないまま育ってしまうと

結果的によくわからない人というのは、社会で生きづらさを感じるようになります。

 

社会で生きづらさを感じるようになると

結果的にその責任は本人だけでなく親にも行くことで

人を小馬鹿にして育ててしまうと、自分自身が苦しむ結果になります。

 

なので人を小馬鹿に育てる人というのは

結果的に自分自身も苦しむようになります。

 

人を小馬鹿に育てている時点で、

すでに

その人にもその人にしかわからない苦しみがあるはずです。

 

なので、その人にしかわからない苦しみを知らないことで

人を小馬鹿にしている面だけを見ると、色んな負の感情が渦巻くと考えています。

 

人を小馬鹿にする人には人を小馬鹿にする人にしかわからない苦しみがあって

それはあなたが構って、知る必要がないことなのかもしれません。

 

小馬鹿にされている人は、 人を小馬鹿にする人から依存状態にある状態を自分自身で解放することによって逃げることができるので、苦しみから解き放たれる可能性があります。

 

でも、最終的に一番苦しむのは、

人を小馬鹿にする選択以外に選択肢がないと思い込んでいる

人を小馬鹿にしている人です。

 

自分自身のスキルの中で

人を小馬鹿にしなくても自分を保てることはとても大事で、

 

自分のことを認めてくれなくても

自分自身を保つことはとても大事だと考えています。

 

例え、人を小馬鹿にする人が自分自身に迷惑をかけることがあったとしても

あなたはあなたで自分の人生を生きていく必要があります。

 

人を小馬鹿にする人の意見を参考にすることで自分の人生が台無しになることがあります。

 

だからこそ何かあった時に、他人のせいにしなくて済むように

人を小馬鹿にする人から離れることが大事です。

 

その人自身が変わりたい意思を持つことができない理由があるので

人を小馬鹿にする人は、助けることはできません。

 

自分と違う生き方をする人を変えようとするのではなく

反面教師にして、自分の生き方を確立できるようにしましょう。