MENU
ストレス0

じぶんの人生は自分で決める時に大切なこと

今回は、自分の人生は自分で決めるときに大切な考え方について解説する。

 

結論から言うと、自分の人生は自分で決められる人もいれば、なんだかの関係で自分の人生だけど自分で決断できない人がいることもある。

 

自分で選択できるけれど、

自分で決断しないことも時々は大事だし、

反対に自分で選択することはできないけれど今ある場所に感謝することも大事だと考えたときに

 

双方の生き方の共通点を並べて語られることが

少ないので解説したいと考えている。

 

私たちはどの人生にも言える事は

明日が必ず約束されているように感じることが多く当たり前のように明日があると考えて話を進めることが多いけれど、

 

実際には明日は不便が起こる事は

いくらでもあることを考えたときに

 

普段何の気なしに当たり前に感じていることに対して、当たり前が当たり前でなくなってから後悔するのではなく、当たり前があることに気づき続けることが大事だと考えている。

じぶんの人生は自分で決める時に大切なこと

 

自分の人生は自分で決めることを美徳のように語られることが多いけれど、

 

実際には自分の人生は自分でコントロールできないことも少なからずあることを考えたときに、

 

自分の人生を自分で決めるのか、自分の人生を自分で決めないのかよりも大事な話があると考えている。

 

実際には自分の人生のすべてを自分で全部選択することができないことを考えたときに、

 

自分で選択することだけが全てだと考えている人と、自分で選択する事は

ほとんどないけれど生きている人と

 

自分で選択することができる幸福の感じ方が違うと考えている。

 

当たり前にあるの基準が高ければ高いほど

飢えを感じやすいことを考えたときに

自分で決められない範囲の豊かさがあると考えている。

 

自分で豊かさを決めるのではなく、

ある程度お金という基準によって

豊かさが決まっていることを考えたときに

 

自分で自分の立ち位置を正確に把握していくことが大事だと考えている。

 

じぶんの人生は自分で決める時に大切なこと

 

豊かになること以上に

自分で自分の立ち位置を正確に

理解している方が大事だと考えている。

 

物質的な豊かさを基準に

自分の人生は自分で決められることを考えると

 

先駆者の方が物質的な豊かさを持っていることが多いので判別しづらいことがあると考えている。

 

自分ができるスペックと

実際に手に入れることができる豊かさを

考えたときに

 

上を見すぎることばかりでなく

今自分にあるものや当たり前に継続できていることに対して感謝することが大事だと考えている。

 

なんでも豊かさを求めることだけが

自分で決めることにおいて大事なのではなく、

 

今の自分がまず今の自分に満足していないと

せっかくできることもままならないことが多い。

 

じぶんの人生は自分で決める時に大切なこと

 

聞こえはいいけど、

自分の人生は

自分で決めることができるという文言によって

 

物質的な豊かさを

すでに手に入れている人が発言すればするほど

 

自分にとっての豊かさとは何かについて

再定義し続ける必要があると考えている。

 

自分で人生を決められないことのデメリットばかり言う語られることが多いけれど、

 

不平不満が多いことが問題なのではなく

 

ある程度物心ついた段階で

自分の身の丈を理解して

必要以上に努力しないことや

 

満足の覚え方を変えることも必要であると考えている。

 

努力しても叶わないことを理解するためにはいちど自分が望んでいるものを全て手に入れるためにどのぐらいの努力が必要かを考えた方が良いと考えている。

 

自分の人生を自分で決めるとは努力しても叶わない限界点を出て超えるかを考えることだと考えている。

 

じぶんの人生は自分で決める時に大切なことまとめ

 

今回は、自分の人生は自分で決めるときに大切な価値観についてまとめた。

 

自分で人生を決められる事は良い事と

よく語られているけれど、

 

実際には自分にとって重要だと考えている価値観に沿って人生を構築していることを考えたときに、

 

人間の本来のポテンシャル以上の努力をずっと

発揮しないとかなわない夢を追いかけているとしたら、

 

一度、他人の人生と比較するのではなく

自分の人生を理解することも必要だと考えている。

 

全てを自分の都合よく決めることだけが人生の成功とは限らないことを考えたときに、選択できる余力を増やすことが大事だと考えている。