スピリチュアル

時間の概念や時間の感覚を変える事で願いを叶える方法【スピリチュアルは嘘】

今回は、時間の概念や時間の感覚を変える事で願いを叶える方法について解説する。

 

特に、スピリチュアル系や気功の記事で、

「意識の力を使えば、時間はいっぱい増えて、やることがスムーズに終わる。」

といった価値観が広まっているが、

 

大前提として、物理的時間は、どんなに努力しても、24時間だ。

 

文章で、書くと伝わりづらいけれど

 

もし、あなたが、時間が足りないと感じて、

「意識の力を使えば、時間が増える感覚を持つことが出来る。」と

信じ込んでいるとしたら危険な思想だ。

 

じぶんが、意識を向けたら、

「天使からのメッセージで、時間ぴったりに仕事が終わりました。」とか、

「意識が伸び縮みすることで、

時間があっという間に終わって、仕事が終わりました。」とか、

スピってる系の記事がたくさんあるけれど

 

わたしたちが出来ることは、意識の感覚を変えることではなく

「必要な時間」があるなら、かかる時間設定を変えること。これだけ。

 

わたし達が変えることが出来るのは、

時間の使い方・集中力・成果が出るまでに期待している時間設定を変えること。

 

意識の感覚を頼りに、時間の概念や時間の感覚を変えるには限界がある。

(けど、意識が変われば、できると謳っているスピリチュアルはじっさい、多い。)

 

お金を稼ぐことで言えば、

 

じぶんの意識の力を変えても、限界があるから、

 

物理的時間は増えないから、

 

時間を増やす為に、寝ずに仕事をする人が多いことを知らない時は、

 

じぶんの意識の力さえ、変われば、やることが終わって、

お金を稼ぐことが出来ると考えがちだ。

 

意識が変わっても、変わった先で、問題が起こることを考えていないと

つねに、意識の感覚さえ、変わればと、期待がかかるので

 

意識の感覚が変わらなくても、ナチュラルに出来ることが大切だ。

 

「そもそも、ゴール設定の時間を伸ばしたら、

時間の概念を伸ばすことが出来るよね。」というだけで、

 

じぶんが持っている時間で、1日で出来ることは限りがあることは当たり前なのに、

ストレスを感じている時は、

 

時間の感覚が変われば良いのに、と思ってしまうことが発端で、

今度は、時間の感覚を変えることに必死になるけれど、

 

なんの為に、時間の感覚を変えたいか、の部分が定かでないのに

 

意識の力に頼ろうとすることで、本末転倒になる。

 

じっさいには、意識の感覚だけ、変わっても

現実的に行動することが伴わなければ、結果に繋がらないことを考えた時に

 

あなたが望む結果を得る為の、時間の使い方は、

意識の力に頼らずとも、確立することが出来る。

 

意識の力を使って、時間を長くしたい理由があるとしたら

 

ゴール設定を間違えていることで、

問題が起きていることに気づかない状態にあることに問題がある。

 

ゴール設定が適切なものであれば、

 

時間を伸ばすことを考えず、

いまある時間・これからある時間で、計画通りに達成することが出来たり

 

結果が出るまでの時間設定を変えることで

苦しみなく、続けることが出来る。

 

そして、ゴール設定はどうでも良いから、

とにかく結果が欲しいと考えているとしたら

仕事の方向性に問題があると考えた方が良い。

 

スピリチュアル系にハマっている時は気づかないけれど、

どんなに意識の力を使っても、限界があることを知っているから

現実的に、行動を作って行くことが大切になる。

 

意識の力を使って時間の感覚を変えたいと思い至るほど

なにかに、思い詰めていたり、問題を抱えていることに気づいたら

 

時間の概念や感覚を変えることではなく

 

意識の感覚を変えたい原因から、見直すことが大事だ。

 

「じぶんが成し遂げたいことなら、時間関係なく、達成できるようになる。」