MENU
人生を変える方法

情報発信の文章を沢山書かないと稼げないと思っているあなたへ

「情報発信」を長くやっていると

 

すでに、

稼いでいる人のスタンスをみて

「ああでもない」「こうでもない」

「長く書かなければならない」など…

 

いろんな呪縛に囚われる事がある。

 

ドル💸もん自身

新しい価値観に触れる度に

 

「じぶんには出来ない」と

感じることが増えてしまって

 

どんどん、

「じぶんが続けられない仕様」に

変えてしまったことがある。

 

そんな時は情報の団砂利をした上で…

たくさん、

いっぱいの思考を捨てた方がはやいよ。

 

「たくさん」「いっぱい」

じぶんでやる必要ってない事に

気づくことから始める感じ。

 

/ 

お客さんが読んで

「この人の文章じゃないと分からない」

と感じたらOK

 

じぶんが、お客さんになった時の事を

考えて欲しいんだけど

 

「たくさん、いっぱいあったから

納得出来た」のではなく

 

価値・信頼出来る・変化出来たを

感じたから、

お客さんになったんだよね。

 

つまり、

「長いかどうか」

「時間をかけたかどうか」は

 

じぶんが

お客さんになることと関係ない事に

気づく必要があって。

 

たくさんなくても、

短くても、

お客さんが腑に落ちるなら

それを正解にしてしまえば良い。

 

少ないイコール愛してないって

訳じゃなく

 

短くても、伝わっていれば

じぶんの想いは伝わってる。

 

「やっばり、

この人の文章じゃないと

伝わらない」と

感じさせることが出来たら最高。

 

まったくおなじ実績で

おなじこと書いてても

 

長いより、短い人の方が

入りやすいとか

 

「この人の文章は入らないな

ダメだな」

ってなることある。

 

不思議だけど、

そう感じさせる事が出来る力が

 

自然と実績になる感じだよ。

 

たくさん与えなくても

あなたが思ったままで伝えたら

それで、伝わる人って

絶対いるから、だいじょうぶ。