人生を変える方法

情報発信書くのに時間かかり過ぎて病んでるあなたへ【自分ビジネス】

ドル💸もんは

情報発信の文章で悩む時期が

あったタイプの人間です。

 

毎日、書いているのに

なぜかつらい…

(一度、情報発信の場で

発言したくらい、辛かったです笑)

 

「たくさん書かないと稼げない」

と言われた。

 

毎日たくさん書いて

「資産を作らないといけない」

と言われた。

 

強迫観念の元、

悩みに悩んだ末

 

じぶんに出来ないことまで手を伸ばして

(やらなきゃ、やらなきゃ…)

と言ってしまった時期があります。

 

/ 

「たくさん書かないと稼げない」

「資産を作らないといけない」は嘘

 

いまのわたしは、

そうでなくてもやってける事を

知っているので

 

正直、向いているやり方って

ほんとうにひとそれぞれだと思ってます。

 

たくさん書いてなくても

なんなら、書かなくても

稼ぐことが出来ている人がいる時点で

 

問題はそこではない、と思ったり

 

「資産を創る」というのも

毎回、長文で書くことが大事というより

 

毎日、続けられるような

仕組みを作っていることの方が大事だし。

 

さきに稼いでる人が

言っていることだから

ぜんぶ、真似しないと…と

 

思い込みを持つことは

捨てた方が良い、気がします。

 

/ 

時間かけて書いても

時間かけずに書いても

どうせ、読む人はすぐに忘れてしまう

 

わたしの情報発信が辛い状態から

マインドセットが軽くなった方法は

 

月100万円稼ぐ人のあることばと

元々、持っていた知識を

掛け合わせた時だった。

 

「情報発信に時間かけても

無料だと

どうせ、人は価値を感じたフリで

忘れてしまう」

 

無料で、価値を感じたものって

確かに、忘れてしまう!!

「忘れてたー!!」

 

これに気づいてから

「どうせ、読まれんし忘れられる」を

口癖にすると、楽になったよ。

 

「届けよう、届けよう

伝えよう、伝えよう」が

いちばんしんどいんだよね。

 

そんなあなたは、

もっと楽になった方が良い。

 

どうせ、信じてもらえんって!

見てないから、失敗でいいんやで!

 

この感覚なら出来そう?

 

どうせ正解ないから、

不正解で良いんよ。きっと。