MENU
ストレス0

【他人のアドバイスは無責任論は嘘】上司やひとからアドバイスが欲しい時に考えたいこと

「他人のアドバイスは無責任論」を推奨する成功者や人生成功哲学みたいなものに
一時期、感化されて 影響を受けたことがある。

 

ちょうど、その頃、毒親問題の解決策は、
第三者を頼ることみたいな感じの他人のアドバイスに従って
仕事や起業に失敗したり、パートナーシップに失敗したりして

 

「あれ…。こうしたら、うまくいくよ!って聴いたこと
ぜんぶ、やって なぜに、じふんの人生…。」

と、努力しても、努力しても永遠ループのじぶんに怒っていた為

特に、深く考えず「他人のアドバイスは無責任論」に乗っかった。

 

後になって「あ、じぶんの価値観とは違うな。」と思い直した為
じぶんの中にある「ひとに教えるの定義」についてまとめた。

平等な教育があれば、
もう少し希望的な社会になると小学生の頃から「教える」にこだわってきた
わたしの経験のすべてを入れてみたものの

研究対象の為、これ以上にうまい言い回しや価値観があれば、ぜひ、知りたい。

今回も、テヘペロ😋キャンディー🍭セッションの開幕である。

 

 

【他人のアドバイスは無責任論は嘘】上司やひとからアドバイスが欲しい時に考えたいこと

家庭環境が、いわゆる毒親家庭だった為
幼少期の頃から「どうやって、他人に教えるか?」的な事しか考えて来なかったので

わたしは、プロフィールの通り、じぶんの人生の特徴として3つの特徴がある。

 

①現代版拷問=毒親問題によるセルフイメージの低下
②戦争=家庭機能不全による弊害
③大病=難病完治経験2回

 

セッションを行う人を多数輩出してきた起業家10年目の先輩からも

じっさいに、わたしがセッションを行う様子を見て
上記の経験から、ゆかもんの中にしかロジックがない独自で身につけた独特な手技が多く

特に、通常のコーチングではタブー視される
ティーチングに定評があるとことばを頂いた為、そのまま記載している。

 

本来であれば、「他人のアドバイス」は効かないはずが
「あ…言われている事が分かった!」と感じてくれる事が多く わたしも嬉しい。

 

・毒親問題解決の為に

腕が良いコーチやカウンセラーさんを複数人

 

・2回目の難病を独学で治す時に

最終的に、癌とか統合失調症とか通常治せないと言われる

患者さんにあたる精神科医の先生を複数人

 

・億単位の収入があるビジネスマン などなど

 

毎日、いま、振り返っても、めまいが回りそうなほどの情報量をおいかけ回した為
わたし以外のロジックも取り入れて複合した独自の観点になっている。

 

もうひとつ、わたしの人生経験の中で、おおきな特徴は、ちまみれ状態のアトピーを
こちらも、最終的に、脳科学を使った独自の手法で治してしまった為

講座も含め、独特な手技を用いる事が多い。

 

なので、わたしの中の「ひとに教えるの定義」は

 

「カウンセリング」…

 

社会や他人との価値感の摩擦の中でじぶんが傷ついた時
じぶんと他人を責めずに再起出来る力・自己治癒力の事で、同時に他者も癒す

 

「ティーチング」…

 

じぶんの経験から得た広い視野・価値観・スキルをじぶんが使ったお金・時間を
他人に使わせなくても比較的近い視野まで完結に導くプロ

 

「コーチング」…

 

カウンセリング・ティーチングや実体験で得た価値観を他者に共有し
現実的に結果を出す事で

社会にどんな影響を与える人になりたいか・どんな社会を作りたいか
考える思考の過程をまとめる補助具・未来創造力を現実化する力のこと

 

三種の神器で構成している。(音楽・映像)

 

【他人のアドバイスは無責任論は嘘】上司やひとからアドバイスが欲しい時に考えたいこと

「ひとに教える」為に、三種の神器を挙げている理由は

人生は、なんだかんだ言って、お悩み(決断)とストレスの連続性で
じっさい、人生の冒頭で、難病に2度もかかると

周囲が、簡単に言うような感じで単調に人生を歩めなかった事から
周囲に合わせようと沢山、行動する事より

色々、上手くいかなかった時「じぶんのせい」と責めることをしなくても
「ひょいっ♪」と乗り越える力が大事と考えている為。

 

わたしの手技では

わたしが、かれこれ、悩んだ暗黒期に、散々、情報を探し回って
他人が放っている精神的暴力に繋がるやり方を通る度に

「じぶんのせいで〜」と
さらに、じぶんを責める事に一生懸命になり苦しんだ時期があるので

よくありがちな、
「自己肯定感強めの依存心克服万歳」とか「自己愛をじぶんで〜」とかいうのをやらない。

わたしのところに来た時点で

もう、充分、苦しんできたはずだし
変わりたくて、散々情報を見てきて変わり方がわからなくて、聴いた先で

わざわざ、「あなたのせいだから、現実が辛いんです!」とか
ほかの誰でも言えるようなことばは使わない 笑

 

それに、「あなたのせいだから、現実が辛いんです!」って、

すでに、実績がある人が使うと強めの精神的暴力にあたるので
無理して、真に受けたり、受け取らなくて良いよ?笑

 

しんどいことばは、無理してじぶんに強要しないから うまくいくんだよ。

 

日本って、敗戦国の影響もあって

 

世の中、半分くらいの人は、PTSDの状態で
どうも、
「だれかに、じぶんを責めさせて疲れさせたい、
あんまり賢くないやり方してる人が
お金ごりごり稼いで、さらなるパワハラしてる実情」があって

「じぶんを責めないと現実変わらない」と思い込む人が減らない限り
間違った教えたがりさんは、なにが間違いか気づかないから。


「変わりたい人しか変われない」からこそ、
ほんとうに変われる人は
わたしが、わざわざ「あなたが、じぶんで現実創ってるんだよ?」とか恐喝しなくても

変わりたい時に、執着やネガティブをじぶんで外して変われるから事を知っているから
わたしと、フェアに話せると思っているの。

 

目の前にいる人が、悩んだり困っている事は
「じぶんが仕事をするのが遅かったから来るの遅くなってごめんね〜。」と
わたしが引き受けようみたいな感じで捉えている部分がおおきい。

 

もっと、はやく、わたしが仕事していたら
あなたは、苦しまなくて良い所まで、苦しんだかもしれないって考えちゃうタイプだから。
(それくらい、情報にまみれて、擦り傷だらけになった事があるから。)

 

それに、わたしは、他人にじぶんを責めさせるやり方は

結果的に、じぶんを責めるから、じぶんのセルフイメージも下がると考えていて
「周波数=意識=エネルギー」的に考えても、懸命ではないと考えている。

「他人に、じぶんを責めさせるじぶんのセルフイメージ」は、
年数が経過すると、知らぬ間に、加害者思考がむくむくと育つ。

 

だから、わたしはやらない。どのみち、人間は、そんなに完璧な生き物ではないからね。

 

わたしは、カウンセリングやコーチングなどのセッションを受けたい人って

もう、十二分に、じぶんの過ちを知ってたり
ひとり、じぶんを責めてきた夜を知っているから

ゆかもんの情報に触れて
てへぺろ😋キャンディー🍭を舐めて

価値観を変えて貰ってる間に
気づいたら、乗り越えているくらいの痛みのないものが良いと思っている。

 

苦しみは、苦しみや正論では、動かないから
だから、なんなら、
「あなたがはやく、教えてくれなかったせい!」とか言っちゃっても良いよ??笑

 

ほんとうに、悪かったって、思ってるし、
だれかに、あんたのせい!って言われても
もう、「あ、すみません。」って言えてしまう感覚を保てているから。

 

「実力つける為には相応の努力は要るけれど、凄いなら、尚更、実力つけたいなら、
わたしが努力したようにやりなさい的な、実力パワハラおばさんにはなりたくないね
教え方下手って言っちゃうのはダサいもの」

って、SNSに投稿したら、比較的伸びていて

 

みんな、内心は、「教えるの、下手な人から習って疲れちゃった。」か
「傷つかないように、教えようとしてうまくいかなくて、凹んでるのかなあ。」
って思っていて。

 

そもそも、ほんとうに、教えるのがうまい人って
世の中、半分くらいの人は、PTSDの状態である事を理解しているから、
「あなたが、変わりなさいよ(怒)」って言わないよ?

 

メンタル系は、「じぶんに答えがあるから、あなたが解決出来ないことが悪い。」
を押し通したいみたいだけど

ぶっちゃけ、いまのところ営利目的か、下手な人が言うことばにしか感じてなくて

他業種のプロ達って「話してしまった方が、はやい。」
って価値観で動いて、
それに習って、わたしは、極めて来てるから

悩み系の分野は、お金払った側が、解決出来なかったら教える側が
「じぶんに答えがあるから、あなたが解決出来ないことが悪い。」に
逃げれる事がズルいよなと思っている。

 

だから、元々、精神的に飢えがある人に、安定感を持たせられるレベルの
「自己カウンセリング力」を言語化出来ない人が、

未来創造力だけ、特化すると
じぶんとおなじように話が聴けない人は排除するやり方になってしまう為

区別したく、
「カウンセリング」✖︎「ティーチング」✖︎「コーチング」の三種の神器って書いている。

 

過去記事でも書いたけど

スピリチュアルに多い許せない人は許さなくていい理論は嘘だった話

 

悩みって、大体、社会問題に繋がる割に、個人に押し付けて、個人の責任にさせておけば
勝手に、苦しむ人が増えて、なんなら、教える側が、
お金貰ってて解決出来なくてもお金払った側の責任に出来るから

お金払うものの、答えられない大人の方が多いから、
悩み=お金払わないと言ったらいけないみたいなの無くしたいねぇ。

 

依存的に、だれかに頼れって意味ではなく、
みんなが、精神的暴力をやり合わない時代が来て欲しい。

 

お金払っても悩み持ってくるなとかね。

 

他人と共存して、創造する社会に生きているのだから、
1人で解決出来る訳ないんだから、じゃんじゃん言いたまえって思う。

「もふもふな悩みのない世界」をわたしは、創りたい。

 

【他人のアドバイスは無責任論は嘘】上司やひとからアドバイスが欲しい時に考えたいことまとめ

 

結局、わたしは、20代のほとんどは 難病と格闘する日々だった為

メンタル領域の話ばかりやっていて
色んな分野でリーダーシップを取っている先輩方の価値観を取り入れ続けていたら

じぶんの価値観が
他人の悩みを解決する事に気づき セッションや講座を開くようになった。

 

わたしは、複数分野の先輩方が 惜しみなく、情報を与えていて

特に、悩みを解決する方法に関して

ほかの先輩が、手技こそ、話さないけど
なにをどのように解決したか、を話しているのを見ていて育っているから

とても、リスペクトの念を持っていて 恩恵を感じているから
基本的に、喋っちゃった方がはやい、と考えている。

(が、まともに話すと、このように、長いから、覚悟がいる。)

 

他者が乗り越えた情報とじぶんの経験の重ね合わせがわたしなので
じぶんの努力・他人の努力・
そして、先輩方の経験や生きてきた時間を過小評価しない為にも

「じぶんひとりでなんでも解決できる論
=問題を表面化させない口封じ的な危険性」と考えている。

「他人のアドバイス」は、
100%当たらないし、他人が責任を取る訳ではないけれど

「アドバイス」って、そもそも、当たり前にあるものじゃなく
あなたに、じぶんの生きた時間の一部を渡してでも、
なにかしたいと思ったその人なりの「
思いやり」に価値があるの。

むしろ、悩みを言わさない社会ってコントロールされて良い領域を増やすだけだから
ちゃんと、主張しないと、ダメだよ??

 

ちなみに、色々、課金して分かって来ていることは
「成功者」「権威性や専門性」「希少性」のアピールをしない人の方が、
「カウンセリング力」が高い教え方をしている傾向がある。

人々が、「成功者」「権威性や専門性」「希少性」を満たしたい欲によって
じぶんに苦しみが返る事が分かれば、平等な社会というものは得られるのに
やっぱり、どこかで、求めてしまうんだ。

 

「権威性や専門性」を身につける為のお勉強としての凄いを極めることと
リアル戦闘体制の辛いを乗り越えるって、情報と努力の方向性が違うことを考えると

セラピストって、残酷だけど、
じぶんの辛いの経験で出来る事が決まってしまってる気はする。

 

図のみえない領域は、もちろん、なんだかんだ、実績推しする人って、

さらっとした発言やプロフは、
不幸やネガティブがあって長く
みたら、
元々のステータスが高かったり、恵まれてた事が多い傾向が分かってきて。

(もちろん、わたしも、どこからか見れば恵まれているのだろう。)

 


ほんとうに、苦しんできた人達って、
ふしぎなことに
「お金」と「権威性」の話が、ふだんのじぶんの会話の中に入ってないんだよね。


「権威性=すごい=正論」で
ひとの気持ちや行動は変わらないことと
お金で、解決出来ない地獄を知っているから正論で語らないんじゃないかな。

 

結局、悩みって、じぶんより、結構つらい経験してる人がいるから楽になるじゃない??

そして、大体、家庭環境と紐づくじゃない??

 

だから、ほんとうに、辛いがわかる人に聴いた方がはやいんだよ、たぶん。

 

辛いは、じぶんが努力したら、解決するものじゃなく、
ずっとただ在るもので、共振しなくなるだけだから、ことばが違うしね。

 

ゆかもん式トラウマ感情消化音楽療法からおすすめの一曲

 

いつも、頑張りすぎて、頼るのが、苦手なあなたへ。

「ぜんぶ、あなたのせいだから!」
って言われて、頼る事が、怖くなった日もあるかもしれない。

どうか、「ぜんぶ、あなたのせいじゃないよ。」
ってことばをかけてくれる人の話も聴いてから、好きな価値観を選んで欲しい。