ストレス0

神様へのお祈りって祈ると効果あるの?って話

先日、1週間に2度も「お祈り」メッセージを頂いて

「わたしは、死人じゃないべ。」と思ってしまった為

「お祈り」の価値観を共有する事で、じぶんの尊厳を守る方法についてシェアしようと思う。

 

「お祈りしてます。」ってワードを

もし、じぶんが気軽に使ったり、他人に向けて使っているとしたら

「じぶん=神様の尊厳の守り方」を知らない訳だから、

価値観を変えるだけで、他人からの扱いは変わると考えている。

 

わたしは、むかしから、「お祈りって使って逃げたら、なんとか、なる精神は、

少し、考えとしてはズルいかな。」と考えていて

 

「お祈り」だけで、生きやすくなったり、現実が変わると考えていたり

他人に向けて、その場しのぎの挨拶で使っておけばいいや、と考え

当たり前に乱用しているとしたら、結構、危険な人だなと、正直思っている。

 

※ 例外として、多次元や高次元に存在している天使などの存在に向けてや

いわゆる、お祭り等の儀礼で使用する場合は、別。

 

結局、ひとを動かすことばって

「礼儀」や「ロジック」より「想い=愛」だから

 

例えばだけど、わたしのファンの方は

「ファンです=好きです!」って

じぶんの想いをことばにして下さるんですよね。

 

ほんとうに、相手のことを想うなら

目の前の人を

勝手に”祈って滅するようなことば”ではなく

じぶんの気持ちを伝えようって話を解説しますね。

 

神様へのお祈りって祈ると効果あるの?って話

 

そもそも、この話って、

じぶんの想いや本音を口にする習慣があれば

触れなくて済む話だけど

 

気が抜けてると、じぶんのことばで話すことを

さぼっちゃうんだよね。

 

「お祈り」について話す場合

 

神様の定義が必要なので

また、追って、「神様」についても

価値観を共有しようと考えているが

 

起業家や収入高い人は

「神様は神社にいたり、

宗教的ななにかを崇拝することではないこと」

を知っている為

 

今回の話では、

「神様=魂=じぶん自身のことですよ。」

って話前提で進めさせてもらう。

 

1週間に2度も「お祈り」メッセージが届いた時

 

ちょうど

「じぶんの尊厳」と「親の尊厳」について

考える機会があって

 

なるほど、これは、

尊厳を取り返すきっかけなんだなと

 

SNSに

 

「Aさんの事を祈ってます系の用語は

ピンと来ないなぁと思ってて


“私の方が主導権あります”の

ニュアンスなんだろうけど


じぶんの本音を言えない領域を作っている時点で
主導権の無いストレス有りな

生き方を採用している事に気づいた為

私は、他者へのお祈りをしないことにした。

 

お祈りしたら赦される的な立ち位置はないから、

受け取らない。」と投稿した。

 

わたしは、

波動や周波数、エネルギーの概念について

 

実生活で用いる様に、

独学で勉強してきたタイプなのだけど

 

図のように、実生活をピラミッド型の

他者との競争社会と捉えているとしたら

 

じぶんの前に

「じぶんより上の人・じぶんより下の人」と

 

レッテル貼りする価値観・概念が

じぶんで生きづらさを創ることに

気づいてない事が多い。

 

当たり前の社会の理不尽さに怒りを覚える時のメンタル対策

 

「Aさんの事を祈ってます

=私の方が主導権あります(重い意識)」
っていう可視化出来ない

心の歪みや空白を読めないと

 

勝手に、相手の中で

じぶんの価値を下げられていて

わたしの

価値を下げても良いことを許可する事になる。

 

日本では、

神様にお祈りする=崇高な考えと捉える人が多く

 

無難にやり取り出来るからと

採用しているのだろうけれど

 

「とりあえず、お祈りしてます。」

って言っておけば

赦される的な立ち位置やポジションはない。

 

「じぶん=神様が、他人=神様にお祈りされる」

って、日本語として羅列すると変な訳で

 

すでに、当たり前に在るじぶんが

祈られないと何か出来ないっていうのは

 

じぶんの心の中で

卑下されて良いじぶんみたいな

残りカスがあるからだろうね。

 

他人に、祈らせて

じぶんのことを

勝手に、死人にさせちゃ、駄目だよ⁇

 

あなたは、生きてる人だし

 

誰かにお祈りされなくても

なんだかんだ、じぶんでやれる人なのだから

ペコペコしない。

 

他人に祈らせたら、駄目だし、

ハートが通じないメッセージに

「うんうん。」って頷かないといけないって

強要したらダメ。

 

ありがたくないお言葉は

じぶんでキャンセルする事が、大事だよ。

 

「嬉しくない。もっと大事にされたい。」

って、じぶんで言えない限り

 

一生、他人からおなじ扱いをされる事になる。

 

神様へのお祈りって祈ると効果あるの?って話

 

わたしはさいきん、

ビジネスの特別扱いが

エネルギー的に

むしろ、居心地悪すぎて結構、嫌になって来ていて。

 

「わたしの特別なオファー受けて。」って

支配チックなんだよね、ことばが。

 

「わたしの特別な想い=重い意識

受け取ってくれるよね。」的な。

 

おなじことば使ってても

ひとによって、

やっぱり全然根底が違う意識だなと感じていて

 

普段から、じぶんをコントロールする人って

他人をコントロールする前提なんですよ。

 

コントロールする前提の

「エネルギー」って重いんだよね。

 

特別扱いされると嬉しいじぶん

=カモっぽさを創ると

 

特別扱いされないじぶんを

いま、この瞬間認められてないって事になる。

 

そもそも、元々の無条件の愛を考えると

 

誰かと違って、特別なあなたへ、っていう

飢えに訴求したアプローチそのものが

 

支配っぽいよなって感じ。

 

ビジネスでよくある、

権威性・完璧・希少性・無料・特典・特別な〜

っていうワードは飢えてる時に惹かれるよね。

 

じぶんに安心が戻ると

「へ?」って、

なんか、パチンッと現実に戻った感ある。

 

じぶんへの安心だけが

毎日が楽ちんに過ごせる鍵だからなぁ♪

 

神様へのお祈りって祈ると効果あるの?って話

 

ちなみに、「お祈り」ついでの話で

 

起業家や収入高い人は

「神様は神社にいたり、

宗教的ななにかを崇拝することではないこと・
神様=魂=じぶん自身のこと」

を知っていると記載したけれど

 

収入高い人が、神社に行く本を読んで、

熱心に神社の情報を探した事があるけれど

あれは、神社の宣伝だね。笑

 

もちろん、神社に詳しい人に聴けば、

やれば効果がある事や

ほんとうに良い場所もあるし、

神社もビジネスな訳だから、

宣伝を否定する気はない。

 

むしろ、ひとの悩みや

邪念が集まりやすい場所だから

神社に詳しくなりたいとかでなければ、

 

起業家や収入高い人は

「神社への神頼みをする時間があるなら、

パソコンの前に座り、仕事している」ことから

考えると、

 

神頼頼みや、一発当てることに一喜一憂することより

もっと、出来ることはあると考えている。

 

「神様に不安な時だけ、助けて欲しい。
=飢えてるから特別視して欲しい。」

ってお祈りするより

 

「神様=魂=じぶん自身のことだから、

ふだんから、最大の努力をしようね。」って話。

 

後者の方が、不安定さが無く、

じぶんですぺてコントロール出来るから良いよね。