人生を変える方法

変わりたいあなたへ。なぜ変われないのか解説する【 スピリチュアル】

今回は人生を変えたい、自分自身を変えたい人に向けて

なぜ自分を変えたい熱意はあるのに変えることができないのかについて解説します。

 

自分自身を変えたいのに、変わることができない理由を知ると

自分を変えるとは

そんなに簡単なことではなかったことに気づくことができると思います。

 

それでも自分を変えたいと思う人に向けてヒント になればと考えています。

 

見た目や表面上のことを変えたり

 自分を変えようと何度もきついしても

 

自分自身が変わった気がしないことで

どうすれば自分を変えることができるのかについて悩んでいる。 

 

そんなあなたに、 ぴったりの言葉があるので紹介します。

 

あなたは、 自分を変えるきっかけになるのは

自分自身の動機ではなく、

 

他人からの影響だったり、 他人にこうするとうまくいくと言われて

そこで影響を受けて

自分自身を変えることができると思っているとしたら

 

それは大きな間違いであることに気づくべきです。

 

全く同じ他人からのアドバイスで、

自分自身は結果を得ることができなくて

違う人は、あなたが欲しい結果を得ている人がいるとしましょう。

 

この差はなにかと言うと、

「変わる選択をするのはあなた自身」である意識が抜けているのです。

 

自分自身を変えたいと思って、本当に変わることができている場合、

 

たとえ、満足いかないことがあったとしても

 

自分を変えることができるのは、自分だけだと理解していることで

自分の行動を自分で変え続けることができるので結果が出ます。

 

でも、 自分を変えたいで終わってしまって、

それ以上に変化がないということは、

 

自分の外側からの影響を受けて、

自分自身は変わるのだと思っている節があるからだと考えています。

 

確かに自分の外側から影響を受けると、

自分が変わった気になったり、 自分を変えることができるかもしれないと

期待してしまう気持ちはよくわかるのですが、

 

実際、変化が現れるのは、

自分自身がコツコツと努力を積み重ねていくことに価値を感じた時です。

 

または、自分を変えたいと考えていて、

自分の内側から

いつかは自分自身を変えたいという気持ちが本気になるに違いないと

思い込んでいるとしたら

 

本気になって自分を変えるきっかけは

なかなか来ないことに気づくべきだと考えています。

 

他人から言われた言葉や、 外側からのきっかけではなく

「自分自身を変えることができるのは、 

日頃の自分の小さな積み重ねしかない。」ことを

 

本気で理解できるようになると、

自分自身しか自分を変えてくれる人はいないことに気づきます。

 

他人ではなく、 

自分しか自分を変えてくれる人はいないので

 

自己変革をしない限りは、

変わりたい気持ちだけでは自分を変えることができません。

 

他人がどれだけアドバイスをしたとしても、

自分を変えることができるのは、自分だけであることに気づいている人は

 

あまり多くをアドバイスする必要はないと考えています。

 

勝手に自分を変えたくなるくらい

自分を生きることや、自分の人生を楽しむことがあなたには必要です。

 

あなたしかあなたを変えてくれる人はいないので、

他人に期待をすることからまず止めることが大事です。

 

あなたが自分で自分を変えることができる可能性に気づくことができると

むしろ外側のアドバイスを必要としなくても

自分で歩けることに気づくことができます。

 

大切なことは、

自分の足で歩いた方が

はやく、自分自身を変えることができるということです。

 

自分で歩く方が自分を変えることができることに関して

イメージが湧かない場合は他人を頼ることも必要だと思います。

 

もし自分を変える方法がわからない場合は、

私を含め自分で歩き慣れている人に聞いてみてください。

 

客観的に見ているだけでも

自分自身を変えたくなるようなきっかけを得ることはできるので

自分のためにきっかけを作りに来てください。