MENU
人生を変える方法

【注意点】なぜコンサルタントを役立たずにしてしまうのか?

今回はなぜコンサルタントを役立たずにしてしまうのか、について解説します。

 

コンサルタントを役立たずにしてしまう理由は

他でもない自分自身の意識の持ち方にあると考えています。

 

私自身は実際コンサルタントをつけて失敗したことがあります。

 

コンサルタントをつけて失敗した理由は、

コンサルタントをつける意味を理解していなかった為です。

 

その当時は、自分が困っている時は

コンサルタントをつけたほうがいいと思っていたのですが

 

今から振り返ると 

コンサルタントをつける基準があったと考えています。

 

失敗は、失敗してからでないとなかなか気付くことができないので

経験のシェアとして残したいと思います。

 

なんとなくの価値観で、

自分より優秀な人やできる人をコンサルタントにつけると

お金を稼ぐことができると思いがちですが、

 

自分より出来る人をつけたとしても

 

自分の未来を信じて、理想の通りに進むことを

一緒になって考えてくれる人がいるかどうかは稀です。

 

コンサルタントをつけたほうがいい時は、

自分よりも、優秀な考えを持っていたり、

知恵を持っていることに気づいた時だと考えています。

 

コンサルタントをつけるとは

 

自分ではできない、自分の能力を外注することを意味していて

コンサルタントの費用とは外注費のことを意味します。

 

外注に失敗すると、

自分自身の実生活に影響を与えるので

 

外注に失敗しないコツを知ることが大事だと考えています。

 

私がコンサルタントをつけて失敗した時は

 

自分自身のやり方と

自分が欲しいのぞみの稼ぎ方と

 

相手が持っている情報が違った時です。

 

もう失敗した話なので、 終わったこととして記しますが

コンサルタント名乗る人の中でも

 

契約前に達成できることを聞いていても

実際はそうではない詐欺があります。

 

具体的には、

人生をクリエイトする今西史樹【詐欺】ビジネスコンサル 
をつけました。

 

コンサルタントをつける上で

基本的には「怪しい」と思っていて良いと考えています。

 

その「怪しさ」を払拭する事が出来る方法は

無料の情報発信の中で

じぶんが持っていない情報を

どれだけ、持っているか、にかかっていると考えています。

 

現実の行動を変えることが出来るほどの

情報を持っていない時や

じぶんもおなじように真似する事が出来ない時は

 

コンサルタントをつける段階ではないと考えています。

 

あなたの中で、望む生活が確立していない時や

相手のなにかを真似できない時

 

あなたが望む生活を手に入れる事が出来ない時は

コンサルタントをつけるタイミングではありません。

 

向いているコンサルタントは

あなたの前提を書き換えることが出来たり

現実の生活を変えるほどの、ことばを持っています。

 

あなたに対して、

マウントを取るポジションにいる人を

コンサルタントとしてつけるより

 

鼓舞される感覚がある人をつけることが大事です。

 

あなたが、無意識に読む情報の中で

あなたの前提を書き換えてくれる人がいたら

その人は、向いていると考えています。

 

雲の上に感じるけれど、

あなたの事を変える事が出来る人をつけてみてください。