ストレス0

子育ての仕方がわからない・子育てに失敗したと感じる人に読んで欲しい話

 

先日、

 

「子育ての失敗とは、子どもの好きな事・

得意なことをやらせないことで

結果的に、特徴のない人間に育ててしまい

周りも扱いづらい人に育ててしまうこと」

 

と情報発信したところ

 

「子育ての失敗」の定義について

考える機会があった。

 

 

わたしの家庭は、プロフにもある通り

【お客さんに商品を買ってもらう方法】自分を買ってくれる人になるには

親も、わたしの子育てが

上手く出来なかった事を認めている。

 

 

そして、前回のブログの通り

社会の歪みの影響を、もろ喰らった家庭であり

 

わたしは、客観的に親の子育てを振り返った時

だれも、悪く無かったし

いつも、出来るベストを尽くしても

 

みなが幸福である状態が ほど遠いことを知っている。

 

 

わたし的に

「どうしたら、親と子ども両方責めなくて

良い社会を創れるんだろな。」

と思って書いた文章が、

違った風に伝わってしまい

 

じぶんのこころの中で

うまく子育てが出来なかった事を責める人に

 

「子育ての失敗」=「親の責任」の定義として伝わってしまった。

 

 

 

情報発信では、

常々、じぶんが子育ての時は、

的な感じで書いいて、

 

どちらかというと

いまからでも、子育てについて

考え直せる人に届いて欲しいなと思っている。

 

将来的には

もっとおおきな形で、

子育てにおいて、なにかしたい。

 

 

 

さて、本日も、

「子育ての失敗」=「親の責任」の定義を終わらせるべく

 

緊急セッションならぬ

ゆかもんの握手会の始まりである…。

 

子育ての仕方がわからない・子育てに失敗したと感じる人に読んで欲しい話

 

ゆかもんのプロフは

経営者に必要な3つの資質

現代版拷問=毒親問題によるセルフイメージの低下・戦争=家庭機能不正による弊害・

大病=難病克服経験2回を経験した為、

異様に、長い。

 

 

そんなプロフを読んで下さり

 

ゆかもんさんのプロフィールを読ませて頂いた時から、ファンです!頑張って下さい!」

 

とメッセージを頂き、うれしく想っている。

 

 

40分くらいラリーが続いた所

 

わたしの元々の楽観的で天然な波長に共鳴して

彼女本来の楽観的な部分が解放され 楽そうになってくれたので

 

わたしも、ホッとした。

 

 

ゆかもんの握手会(セッション)は、

握手会のその瞬間より握手会が終わった後

 

どれくらい、持続的に

相手の人生を変えられるか?を起点にする為

 

ピンポイントショットで

撃ち抜く事が上手い、と思い込んでいる。

 

 

ゆかもんの握手会では

まったく似たような悩みを言われる方が多く

つぎの方に繋ぎたい想いがある為

 

フラットにシェアしてしまう事を

赦してくれる人だけ、来て欲しい。

 

名前と具体的なことは、もちろん、伏せるつもりだ。

 

子育ての仕方がわからない・子育てに失敗したと感じる人に読んで欲しい話

 

 

話始めの時

いつも、少しだけ無理してるのかなと感じていた

 

「子育ての失敗」=「親の責任」と捉え

なかなか、世間で、子育ての相談が出来ず

悩んでいた彼女の話↓

 

 

 

「親として… その通りです。ごめんなさい

でもじぶんの子育てを「失敗」したとは言いたくないです。

子供らは子供らなりに精一杯生きています。

「失敗」という日本語が子供らに失礼に当たる気がして、引っかかりました。」

 

 

 

「子育ての失敗」=「親の責任」と捉えると

耳の痛い話に聴こてしまう。

 

 

わたしは、

「子育ての失敗」=「社会の責任」と捉えているし

 

ママひとりで、完璧に子育てが出来たら

この世に、こんなに沢山の人は要らない。

 

 

むしろ、ママがひとりで抱え込むから

ママに押し付けとけば良いやと

 

能力の高い女性を

子育て・家事・仕事すべてで抑え込み

 

じぶんの人生を

ないがしろにさせる流れが止まらなくなるのだ。

 

 

ママのNOと、

出来ないと伝えるから生まれてくる

新しい世界を見たいと、わたしは考えている。

 

 

一方で、家庭内で、

一定の子育ての基準が満たされないと

 

 

 

育てた親が悪い訳ではない事を知っているものの

実際、外に出た時に子どもが裏で一生懸命頑張っていても

結局、また、家庭で出来てなかった所の埋め合わせしてるって

勘づいてしまう、現実の孤独感というものがある。

 

子育てで、子どもの好きな事・得意なことをやらせないと
結果的に特徴のない人間に育ててしまい、

 

周りも扱いづらい人に育ってしまうから

好きな事させた方が良いよ💓」と書き直したが、

 

 

やりたい事とか、仲良くなりたい人と仲良くなるまでの

人間関係における信頼構築において

子ども時代、子どもの声を汲み取る教育を行う事は大事であると考えている。

 

家庭環境を責める訳でもなく、じぶんはじぶんでやって来た事あるし

でも、外では、ああ、歪みだなと思うとやりたい事をやらせない事って、

人間関係において子どもの人生の一生ものの負債なのだ。

 

中途半端に単語だけ拾ったおとなの

マウント取り的な

親のせいにしてるんでしょ〜依存してるんでしょ〜的な説教魔に

 

不勉ではない事を隠すのも

なお面倒臭い孤独が、更なる歪みのきっかけにもなる。

 

子育ての仕方がわからない・子育てに失敗したと感じる人に読んで欲しい話

 

「正直、子育てに失敗したな

と思うから、

 

「子育ての失敗」=「親の責任」と捉えてしまう心理」について

 

親が悩んでいることは

子も、じぶんなりに勉強している事がある事を

考えてみよう。

 

 

 

子どもだって、

親も、一回きりの人生で

始めから、うまく出来るはずないことを

頭では、理解しているのだ。

 

 

わたしの場合は

 

沢山沢山抱え込んだ末

 

外での軋轢に耐えかねて

がんばっても、うまく出来ないことを

親に伝えた所

 

 

わたしの

子育てがうまくいかなかった事と

 

少し、人生において

整理する時間をもらった事で

 

現実が変わった事で

わたしは、

親を責めずに済むと思うようになった。

 

 

 

大事な事は、

親だから、出来ないといけないと

背負い込む事ではなく

 

社会の歪みの罠にハマらないように

 

失敗したから、互いに頑張ろと

前向きな選択が出来ることにある。

 

 

 

 

「世間様の前では失敗したとは言えません。

言ってしまったら、

子供達は失敗作になってしまうから。」

 

仕事もおなじで

じぶんで、出来ないことは 出来ないと

認める事で

 

じぶんも、子どもも

強く、明るい選択が出来る事を

体感した方が良い。

 

 

子どもが、親や何かを責める事に夢中になる

生きる原因になるから

 

「お母さん、

これ苦手~お願い!」で良いのだ。

 

 

 

「自分が未熟だったばかりに…という思いは、
おそらく消えないのかな?と思っています。

 

子供らにはそれをバネにして、

逞しく生きていって欲しいと願っています。

子供らに恥じぬ背中を見せれるよう精進します。

失礼致しました

 

 

伝え忘れていたけれど

情報発信者に謝っても

こころのモヤモヤや、現実は変わらないから

 

じぶんの子どもに

ごめんなさいした方が楽な時は

ごめんなさいした方が、はやい。

 

 

子どもに

「ごめんなさい」と誠実に出来ないツケが

巡り巡って

 

じぶんの人生を苦しめるなら

 

例え、親でも出来ない事は出来ないと

言って良い。 

 

 

歳とっても、未熟じゃない方がごく稀で、

未熟だから、人は、愛されて良いと

体現する必要があるのが、おとなの役目である。

 

 

あなたの親が、出来ないを言うことを

教えなかった責任を

 

あなたは、背負わないといけないと

錯覚しているだけで

 

あなたが出来ないといけない仕事や役割なんて

じつは、ほとんどない事を

知っておく必要がある。

 

 

むしろ、背負わず

らしくある事が家庭の不和を無くせる

いちばん効能の高いアメちゃんになる🍭

 

 

 

ほへー!キャンディー効果🍭発動した🥳
ちょうど、わたしはもっとラフで自由にいたら
みんな楽になるかなと考えていたらメッセージを頂いて驚いた 笑
ありがとうございます♪

子育ての仕方がわからない・子育てに失敗したと感じる人に読んで欲しい話

 

わたしが最近会うママさん達、

子どもに気を遣いすぎ〜🤱なのだ。

 

親だって人生1回目なのだから、

 

うまく行かなかった

テヘペロ😋で良いじゃないか。

何歳になっても愛嬌だいじ〜♪

 

 

そして、

意外と子どもの気持ちって見えないので

 

じぶんの子どもと向き合えない時は

わたしを使って欲しい。

 

テヘペロ😋感ぴったりな曲と言えば、こちら↓
大島優子さんの笑顔をみて、元気だしてちょ!

 

ノット・イェット -「波乗りかき氷」よっしゃぁ~行くぞぉ~!in西武ドーム 【110724】