MENU
ストレス0

お金は努力で稼ぐ事が出来ないから努力不足ではない

今回は、お金は努力で稼ぐ事が出来ないから努力不足では解決しない話について解説する。

 

お金稼ぎは①「努力でなんとかならない。」事を理解した方が良いと

お金稼ぎは②「努力型ではなく、稼ぎたい意欲がある内にサクッと稼いだ方が良い」

理由について

「お金稼ぎの為の努力」をやった末に、失敗した事があるのでまとめたい。

 

「人生は、じぶん専用のドラマのヒロインになること」だけでなく

大体、9割は、「人生は、じぶん専用のドラマのヒロインにならないこともあること(支配チック)」から考えた時、はじめて、「ドラマはひとや動物と、テレビをおなじ感度で共有した方が良くなること」から考える。

 

楽に生きることが出来るようになるとは、「じぶんだけが、ヒロインの映像」を創ることに

懸命になることではなく、ヒロインがない・全員ヒロインの映像を創ることで、周りと「当たり前」を維持することにある。

 

「人生は、じぶん専用のドラマのヒロインにならないこともあること」から考えると

「悲観主義のヒロイン」を演じる人も不要になるので

「悲観主義のヒロイン」を登場させる必要も演じる必要もない事が

お金から楽に生きるコツだ。

 

 

お金は努力で稼ぐ事が出来ない理由①努力でなんとかならない事を理解した方が良い

 

お金を稼ぎ続ける努力で失敗したいまとなっていちばんに分かる用語は

「お金稼ぎは、先駆者がいる限り、真似をしているだけでは

努力でなんとかならない領域があること」だと感じている。

 

「努力でなんとかならない領域があること」が腑に落ちた時

ひとは、はじめて「当たり前」があることに「感謝」を知る事が出来る。

 

「お金は、努力でどうにもならない領域があること」から考えた時に

それでも、じぶんの人生、じぶんで、責任を取らないといけない

「自己責任論」が大流行し、理不尽が横行している事は事実だ。

 

ひとは、「快楽状態」が苦手な事で、常に、興奮し続けている事が得意ではない

一方で、「悲観状態」も、ずっと、維持し続ける事が苦手。

 

だから、お金稼ぎに関しても「快楽状態」と「悲観状態」があいまいになった

努力以外の要因も絡んだ地点が、じぶんにとって、ちょうど良い事が分かる。

 

お金は努力で稼ぐ事が出来ない理由②稼ぎたい意欲がある内にサクッと稼いだ方が良い

 

矛盾するようで、申し訳ないけれど

お金稼ぎは正直、5〜10年の長期スパンで長期努力が必要になる。

 

人間は、「耐久レース」をしてしまうと

ずっと、「耐久レース」をしないと

お金を稼ぎ続ける事が出来ない錯覚を感じてしまうので、健康な内に、ひとつの形にしたり、土台を作り上げる事をおすすめしたい。

 

人間は長期的に努力することは、不可能なタイプなので

「いま、お金を稼ぐ意欲が乗っている!」と錯覚を起こし続ける力がある内に

思いついたことを、思いついたままにやる事が大事だと考えている理由がある。

 

お金稼ぎのいちばんの資本は

①人脈 ②環境 ③お金 ④知恵ではなく

④じぶん自身の肉体と健康 だからだ。

 


「じぶん自身の肉体と健康」を平気で蝕むのが

お金の「耐久性レース」である事を考えた時に

 

最も、お金に合うことばは

「仕事は、向いている・向いていない」より

「仕事をじぶんから、好きになること」が大切だと考えている。

 

わたしのように

④じぶん自身の肉体と健康 を蝕むほど、

お金の耐久性レースに強い人を始め、

 

人間、「お金稼ぎ」が向いている人は

ひとりとしていない。

 

表向き、煌びやかに見えていたり

得意だと、映っていたとしても

 

お金は生活に直結する事や

ひとは、現実的な事だけでなく

空想や、妄想を抱きやすく、現実的なことだけを

出来る訳ではない事を考えた時

 

お金に対して、がんばる人は大勢いるけれど

お金に対して、努力しない人の方が難しいのだ。

 

だから、お金や仕事に対して

どれだけ、努力出来るか?ではなく

じぶんに出来る限界地点がある事を

はやく知る事が大切だと考えている。

 

お金に対して

無限大に努力出来る程で

話を信じていたとしたら

 

肉体が無限大に健康維持出来て

死なない事とおなじであるスタンスで

話している事を加味して欲しい。

 

現実世界は、死が近い事を知らないまま

明日があることが、当たり前だと考えている人の

虚構の話が多い事で

 

お金のリアルが伝わらないのだと考えている。

 

お金は努力で稼ぐ事が出来ない理由まとめ

 

今回は、お金の問題は、努力で解決しない理由について、まとめた。

 

お金に対して、無限大の努力で解決出来る事から

話が始まっているとしたら

肉体も無限大に保つことや

死がない定義で、話が勧められていないか?

確認する必要がある。

 

いまの、当たり前の継続によって

先の時間が決まってしまう事だけを考えて行くと

この人は、死なない程で、話を進めているのかな?と気づきを得る事もある。

 

非現実的な設定で

どこまででも、努力出来る程で

話が進められていたとしたら

 

肉体の限界や、精神的なタフさによって

お金を稼ぎ続ける事が出来るかどうかが決まっている事を、解釈し直した方が良いと考えている。