MENU
ストレス0

お客さんがお金を払ってくれない時に考えたいこと

今回はお客さんがお金を払ってくれない時に考えたいことについて解説する。

 

結論から言うと「しっかりお金を支払ってもらうことが大事」だ。

お客さんにしっかりお金を払ってもらった方がいい理由がある。

 

支払いに対する価値観の中で、

人は支払いをする度に、うまくいった支払い(投資)を学ぶこともあれば

うまくいかない支払い(消費)もあって

 

支払いをした後でしか

うまくいった支払い(投資)だったか、うまくいっていない支払い(消費)だったか

確認することが出来ない。

 

お客さんはお金を払う気がないのではなく

 

お金を払った後にしか分からない

お金を払って正解(投資)だったか、失敗(消費)だったか

お金を払う前に知りたいことによってうかがってしまいたくなるのだ。

 

お金を払ってもらう側も

 

そのお客さんにとって支払いが成功だったか失敗だったかは

実際にお金を払ってもらわないと分からないことを考えた時に

 

誠実な対応とは、お金を払ってもらった後のことを考えるのではなく

お金を払ってもらった後に 「失敗する」経験を与えることが

必要だと考えている。

お客さんがお金を払ってくれない時に考えたいこと

 

実際にはお金を払ってもらった時にお金を払ってもらったことが

成功するか失敗するかは当事者にしかわからない。

 

まだお客さんのタイミングによって投資になる時もあれば

消費になることもあることを考えた時時に

支払ってもらうタイミングにおいて正解がないことが分かる。

 

けれど、支払ってもらう側が初めから

お金を払ってもらった時に投資になるか消費になるか決めておくことでできることがある。

 

お客さんに自分のサービスは投資であると説明することができるように

パッケージに記しておくことでただ単にお金を払ってもらうのではなく後々効果があることを伝えることが日頃の情報発信に中で必要だ。

お客さんがお金を払ってくれない時に考えたいこと

 

お客さんは支払いをしたくないのではなく

不確実な先の未来の時間において

どんな未来の時間を過ごせるかを悩んでしまうことで

お金を払うことに対していろんな悩みを抱えてしまうことがある。

 

最も大事なことは

その支払いが投資になるか消費になるかは

本人にしか分からないことを考えた時に 

 

誠実な対応とは、支払いをしてもらう事で

経験を詰んでもらうこと・経験を与えることだと考えている。

 

お客さんに経験を与えることをしなければ

じぶんだけでなく、お客さんも成長しない。

 

うまくいくことを決めてもらうのではなく

うまくいくことを作ってもらうことを考えた時に

 

支払いをしてもらうことで

うまくいく事例を作っていく

練習をする必要がお客さんにはあると考えている。

 

お客さんがお金を払ってくれない時に考えたいこと

 

積極的にお金を払ってくれるお客さんが来る人には

自分自身がお金を払うことに対して経験で慣れていることが大事になる。

 

自分自身がお金を払うことに対して慣れていないのに

お客さんにだけお金を払ってもらうことを求めることは

むずかしい事を考えた時に

 

この文章を読んでいるあなた自身も

まず、お金を払って、失敗と成功経験を詰む必要があると考えている。

 

どんな投資先なら、成功で、

どんな消費先なら、失敗か、

じぶんの中で、パターンを知っておくことで

オリジナル商品を創る時に、

より、お客さんの気持ちが分かるコンテンツを

創れることが必要だと考えている。

 

お客さんがお金を払ってくれない時に考えたいこと

 

今回は、

お客さんが、お金を払ってくれない時こそ、

 

お客さんに消費として、

失敗してもらう覚悟を持つことや

 

すべての人にとって投資としての

商品を作ることができるわけでは無いことを

理解する必要があることについて話た。

 

理想論で言えばお金を払ってもらうことで後々になって良い経験となりお金が増える要因になることが大事だと考えているけれど、実際問題投資となることよりも、

 

自分自身が消費として失敗した経験を多く持っていると

マインドの切り替えが簡単ではないと考えている。

 

だからこそ、自分自身がまずたくさん失敗することによって、本当に求められているものを作ることが大事だと考えている。