じぶんを生きる方法

【得意なことに気づく方法】大人になっても得意なことが一つもない時に考えたいこと

大人になっても得意なことが一つもないと感じる時、

わたし達は、お金と得意なことをセットにしすぎることで

得意なことがあることを無視しているのかもしれません。

 

得意なことと、仕事やお金がセットにならない人生だと

じぶんは、得意なことをしても価値がないと感じるようになり

自己評価が下がったり、人生に難があると感じやすくなります。

 

得意なことで、稼ぐことができている人をみれば見るほど

じぶんの人生には光るものがないと感じやすくなります。

 

ですが、じぶんの人生に光るものがある人はほんの一握りです。

そして、かんたんには真似出来ないことばかりです。

 

得意なことがないと感じた時ほど、

すでにあるけれど、お金にならないことで埋もれている才能があることを

思い出すだけで、なにもない地点からステップアップすることが出来ます。

 

得意なことは、かならず、お金にならないといけないことなのでしょうか?

お金や仕事になるには、責任感が必要です。

責任やプレッシャーを考えた時に、

必ずお金の対価が必要なのか、考える必要がありますね。

 

お金にならなくても、やりたくなること、

お金にならなくても、やり続けたいことが見つかったら

それがね、あなたにとって得意なことです。

 

得意なことは、お金にならないから、続けられる場合もありますよね。

お金になることだけが、すべてではありません。

お金にならないから、うまくいくこともあると考えてみてください。

 

無駄な時間はひとつもありません。

お金にならない時も、試行錯誤することが人生の糧になります。

 

p.s

 

お金にならないから、と諦めていることの数を考えてみれば

じぶんの才は埋もれているだけなのかもしれません。

 

お金にならないから、時間がないから切り捨てているひとの中に

じぶんの得意なことは隠れています。

探すまで、長生きするために

気づくために、葛藤があると考えてみてください。

 

お金や時間より、得意なことに注意が向いたら、

意外と身近に得意なことがあることに気づきます。