ストレス0

結婚や仕事で責任を持つことでひとは強くなるは嘘って話

先日、「結婚」に対する価値観についてセッションで話していたら

「わざわざ、結婚する必要ないじゃん 笑」って話になって

「やっぱり、そうだよなぁ。」と感じたのでシェアする。

 

毒親家庭で育ったわたしにとって

「結婚」に対する印象が最悪だった為

 

「結婚しなければ、ならない」病に染まっていた気がしていて

 

気づいたら、だれかの期待や価値観に沿って

人生を選択していた気がして

 

「もう、充分、束縛されて生きて来たから

わざわざ、束縛されることを幸福と言いたくない」に至った。

 

精神的に、縛ることで、幸福を得られる人にとっては

良い経験になるのかもしれないけれど

 

結婚は、じぶんが満たされない領域を埋めてくれる

アクセサリー代わりじゃない。

 

わたしは、わたしを縛りたく無い。

 

というより、好きな人を、永久に縛り付けたいと感じる欲求って

なかなか、サディスティックな価値観だよなと、いまさら思って

 

「わたしの好きな人は、

わたしは縛らないけど、おんなとして大事に扱って欲しい。」に変換することにした。

 

(もちろん、極一部の、結婚制度を利用して、愉しむ人がいることも知っている。)

 

いつまでも愛してほしい、でも構わないでほしい

 

 

「縛ること=幸福」って価値観を広めたい支配層は

あんまり賢くない脳の機能を利用して、硬く、硬く 縛ることがお好きだ。

 

ある意味、幼少期の頃、結婚に対して良い印象を持てなかった事で

若いうちに、「結婚=おんなのしあわせ」が

完全崩壊した事が、幸運だったかもしれない。

 

だれにも、依存したくない。

 

これしか方法がないって具合に、

洗脳して、依存させたがる人はめんどくさい。

 

時々は、かまって欲しいけど、基本、かまって欲しくない。

でも、好いていて欲しい。

 

独立心の強さが結果的に、

逆に、依存を強くして人生が狂いまくった事は、想定外だったけど

 

社会構造の理不尽から、

わりと、はやく抜け出せた事は、一生懸命がんばって良かったと思っている。

 

「したくない、からこそ、そうしてしまうかもしれないこと」に対して

リスクを取った時に、はじめて、新しい道が開ける。

 

気づいたら、周りに

おなじ価値観を持つ、20代の同級生は

ひとりもいなくて、相変わらず、独立独歩の精神で生きている。

 

毒親問題も、精神的自立も、社会的自立も、

みんな、「解決したい!」というけれど、

命がけで、生き急いで掴んできた色んなものを考えると

 

大抵の人は、解決する気力を作る前に

社会的に、潰されていくのが、じっさいのところだと思う。

 

社会的な洗脳を解いて、

じぶんで生きる為に、かけたお金も、年数も、知識量も、半端ではないから、

かんたんに、依存から抜け出せるとも考えてなくて

 

依存から、抜け出すということは

家族を放棄する事でもあるから、こころが優しすぎると、出来ないことでもある。

 

でも、家族に依存する方が、ほんとうは、互いにとって良くなかったりするけどね。

 

社会制度的に考えても

子育ても、家事も、

全然、居心地よく無い親族付きあいも

 

女性の負担が増えるだけだから、やりたくない事はやりたくない。

 

無意識の選択で、「28歳の年に結婚したい。

出来れば幼馴染みたいな感じが良い。

 

けど、結婚する前に、

同棲したい、海外に行ったり、

満たされなかった幼少期の欲求を解消したい。

 

けど、結婚相手は、めちゃくちゃ、過去が重くても

誠実で大丈夫な人が良い。」 と

明確にオーダーした通りに人生が進んでいる事に気づいて

 

じぶんの未来を支配的にしない事は、とても、大事だと考えている。

 

「責任」を持たせたら、幸福になれる論はひとを支配したい側の発想で、

 

基本的に、重たい価値観を採用したら、重い人生に引きずられる事は、まちがいない。

 

「強くなる」ってことは、上に上がるって発想だし

 

むしろ、強くなろうとしないニュートラルな状態で出力するから

責任を持とうと考えなくても、持つ事が出来る。

 

順番をまちがえない事が大事だね。