MENU
ストレス0

セルフイメージを下げる口癖を書き換える方法

今回は、セルフイメージを下げる口癖を書き換える方法について解説する。

 

一般的には、セルフイメージを高くするといった表現が多いことで、

セルフイメージを下げると言う言葉があるが

実際にはセルフイメージが下がり続けるのではなく、

 

どこまでいっても同じ価値観から変わることができないことを、変容できないことを、セルフイメージが下がるとしていることが多い。

 

また、セルフイメージを高くすると言うワードはセルフイメージが高くなることで印象が良くなり続けるつまり変容し続けることができる価値観を持っていることを指していることが多い。

 

なので、今回はどこまでいっても同じ価値観のままであることで、変容出来ない様な口癖を持っている事を変えたほうがいい理由についてまとめる。

セルフイメージを下げる口癖を書き換える方法

 

冒頭でお伝えした通り、

セルフイメージは下がるのではなく、

 

自分が持っている大事にしたい価値感や無意識に気づいていない価値観によって、

 

セルフイメージが下がっていることに気づかないくらい無意識に自分を下げる癖があることに

気づいて欲しい。

 

どちらかと言うと、他人から見た自分のイメージが下がっていることが問題なのではなく

 

特定の大事にしたい価値観を守ることによって、

自分で自分のセルフイメージが下がっていると捉えてしまうことに課題があるのだ。

 

自分の中では、自分に対する信用がなくなってしまったり自分に対する信頼がなくなってしまうことによって、セルフイメージがどんどん下がっているように感じるだけで、

 

実際には他人目からしたら、セルフイメージが良くなっているか悪くなっているかは正直知らないし、分からないと言ったほうが伝わりやすいだろう。

 

セルフイメージを下げる口癖を書き換える方法

 

セルフイメージが下がることが問題だと感じているとしたら、セルフイメージが下がったように感じた時、自分に投げかけている口癖によって、自分の信頼が下がっていることに気づいて欲しい。

 

そして、セルフイメージを変えることではなく、あらゆる日常生活の出来事に置いて、ある人は簡単に変えられるところを、あなたは複雑に考えてしまうことによって、口癖をたくさん増やしていることに気づいてほしい。

 

いい口癖であればいい口癖であるほど、自分が自分に対する評価を正当にできるようになることを考えたときに、

 

自分の評価を自分で正当にできないのではなく、

 

評価以前の話で、口癖を持っていなかったら、そして重要な価値観に対して選択肢を変えて良いことを知っていたら、自分への信頼が下がるような口癖を持ちたくなくなってくると考えている。

 

セルフイメージを下げる口癖を書き換える方法

 

自分への信頼が下がってしまうような口癖や思い込みを持ってしまうことで、セルフイメージを下げる口癖を使いすぎているとしたら、口癖は物質ができないことを考えてみてほしい。

 

思い込みも同様で、日頃時間をとって振り返る機会がないから、セルフイメージが下がっていることを気にしている時間分を、現実的に口癖を変える時間を取ると良いと考えている。

 

思い込みや口癖を変えるだけで、自分への信頼が変わることを知らないことで、セルフイメージを変えることに対して時間をとることをいい上を持っていないとしたら、優先順位や価値観を改めるタイミングだと考えている。

 

セルフイメージを下げる口癖を書き換える方法まとめ

 

今回は、セルフイメージを下げる口癖を書き換える方法について求めた。

 

私たちは、口癖や思い込み1つで簡単に自分への信頼を変えることができることを忘れてしまっている。

 

言葉1つで、簡単に自分を病めることを

知っていたとしたら、思い込みや口癖1つで簡単に自分自身の信頼を取り戻すことができる事はまるで財産や魔法のように感じると考えている。

 

お金を払ってでも客観的にセルフイメージを変えられるポイントを指摘してもらえるとしたら、今以降の時間がセルフイメージを気にしなくても良いものになるように作っていく必要があると考えている。

 

セルフイメージを変えるとは、何もこれから新しいことばかりをすればいいって話ではなく、今の自分そのもので、思い込み1つ変えるだけで変わっていく様子をぜひ体感してほしい。