アフィリエイト

仕事で結果が出ないストレスは頑張りすぎる努力が必要な環境に原因がある

ネットビジネスやアフィリエイトにおいて

中途半端な結果で、収益が伸び悩む時は

じぶんで、じふんが仕事に気づいていないくらいには

がんばる事に疲れていると認識して良いです。

じっさい、収益が上がっていれば、いるほど

客観的にみると、じぶんの行動に無駄足が多い問題に

気づけないことが多いので

現実生活において、

問題をじぶんで深刻化させてしまうことはよくあります。

じぶんで、じぶんの根本的な原因に気づけないくらい

がんばり過ぎている時は

その時、必死で、がんばっていることの

ほとんどは、じぶんの役に立たない

無駄に、頑張ってしまっている状態である事に気づき

後で、おおきく後悔することになります。

がんばることをがんばった先は、死に急ぎです。

もっと、肩の力を抜いて、頑張らない選択を繰り返した先に

じぶんと調和し、他人とも調和した環境があることを理解することで

ストレスや、摩擦が少ない生活を得る事が出来ます。

これまで、よく、がんばりましたね。

これからは、がんばらない方が、結果が出る生活にシフトする勇気を持ちましょう。

仕事で結果が出ないストレスは頑張りすぎる努力が必要な環境に原因がある

Business people shaking hands in a meeting room

仕事で、結果が出ない状態とは、

じふんで、じぶんの仕事の結果が出るように

時間やスケジュールの管理ができていない時と考えます。

なんらかの思い込みか、環境の影響によって

じぶんで、じぶんの仕事に集中して

結果が出るように、計画することが出来ていない時とも言えますね。

わたしのように、変に、結果が出てしまっているとなおさら、

じぶんが、仕事ができていない部分があり

少し、認識や、考え方、優先順位を変えるだけで

劇的に、ライフスタイルが変わって行くことに

じぶんでは気づけないこともあります。

結果を出すゴールに沿った終わらせることに対する目標ではなく

がんばることや、始めること、

精神的に、じぶんが苦しむことや負担になり

永遠にがんばるように、

時間や人生設計を組むことを無意識化で許可していると

じぶんで、結果が出ない仕事を創り出してしまうのです。

短期から、中期のざっくりとした目標に対して

時間を軸に、細かく、具体的にすべきことを書き出して実行すると

基本的には、結果が出やすくなります。

優先順位がつけられなかったり

時間いっぱい、溢れるような仕事の習慣だとしたら

そもそも、あなたが行う必要があるのか?

じぶんひとりで抱え込むことで、迷惑をかけていないか

頼って欲しい人のサインを見逃していないか

人間関係や信頼について、見直しをするタイミングかもしれません。

大前提として、人生を長く生きて行くのであれば

じぶんの力量以上に、いつもがんばって努力することが

かならずしも、人生の幸福度と繋がらないことを

真に、理解しておく必要があります。

客観的に見て、じぶんの、不要ながんばりが

他者を、勝手に、不幸な人、成長しない人、かわいそうな人に

したてあげ、加害者になることもあるのです。

他人の為に、他者の為に、と 一生懸命尽くすことは

じぶんが、その行いによって、幸福度を感じる時は良いかもしれません。

一方で、感情や精神面において、無理や抑圧がある場合は

まず、あなたが、いま、この瞬間幸福の中にいないことで

他人をも、不幸にする可能性が高いです。

じぶんの自己犠牲によって、幸福に仕事を施せる人が

じぶんも含め、だれひとりいないことを考えると

出来ないことは、頼っても良い瞬間があります。

人間が、精神的に、最も、幸福を感じる瞬間は

他人に、頼られ、感謝されることで、じぶんも成長する時で在ると考えると

あなたが、頼ってくれることも、価値になる時があります。

人間は、ひとりで生きている訳ではないことを思い出し

周囲の人は、ほんとうに、悪い人だったか、振り返ると

あなたも含め、だれも悪く無かったことも、よくあります。

忍耐や、がんばることより

終わること、じぶんだけが、苦しんでいると感じないように

時間を管理することが、ほんらいのあなたがあるべき姿なのです。

仕事で結果が出ないストレスは頑張って努力しても永遠に無くならない

よく、じぶんが、がんばってしまっている時ほど

結果が出ないストレスを、努力で埋めようとします。

埋められないほどの深い穴を埋める為に

がんばりや、忍耐、努力を多様すると

感情や、精神面において

何度も、重いエネルギーを動機に、走らないといけない事で

いずれ、心身に不調を起こします。

結果が出ないことは、

一個人のちっぽけながんばり程度では

たいして、変わらないと

能力や実力がない程で、再計算することが、あなたの仕事なのです。

脳科学の知識において、人間の能力は、全員、大差がないことが分かっています。

では、なぜ、仕事が出来る人と仕事が出来ない人に分かれるのか、というと

仕事が出来る人は

人間の脳が、いかに、優秀でないか、を知っていることで

意識をつかって、じぶんは、出来ない前提で予定を組んでいます。

一方で、がんばってしまうことで、解決しようとする人は

人間の能力には差があると捉え、

勝手に、自己卑下をし、優劣や、他者との競争をはかる事で

足りない部分を埋めようと

余裕がないようにフローを敷く癖があります。

学校や、社会教育によって

会社勤めが出来るように、人間は優秀であると刷り込みを受けています。

じっさいは、動物との違いは

知識や言語を習得し、新たな発想を構築出来ることだけで

さほど、大差ないと考えられているので

人間は、そもそも、優秀でない、怠惰であることを理解しているかが

計画を立てる時に、差が出るポイントになります。

なので、仕事が出来ない人は、客観視する余裕もないほど

人生に熱中しすぎて、過緊張状態で、むしろ、頑張りすぎているんですよね。

あなたが、不用意に、がんばると

周囲も、がんばりに、巻き込まれる事で

じつは、仕事が出来る人ほど

はやく、がんばることを本当に辞めて欲しいと、考えています。

全体で、がんばっていることのうみ出しをして

得意な仕事と交換した方が楽なことを知っているし

あなたが、なにが、苦手なのか、なんて

とっくの前から、バレているのです。

コミュニケーションをとって欲しい、頼って欲しいと考えている人の方が

じっさいは、多いのです。

仕事で、結果が出る時、ビジネスで結果が出る時は

じぶんや、他人との摩擦がない時と考えると良いですね。

出来る人ほど、ストレスのない、余裕がある計画作りに余念がないのです。

がんばることを増やすより

じぶんが、余裕を持てるように、

いかに、がんばらない仕組みを創るか、楽に時間を過ごすか、を

考える必要があるのです。

仕事で結果が出ないストレスは頑張って努力すれば解決する期待で生まれる

人間の脳の仕組みが、高性能に作られていないことを理解すると

過度に、じぶんに期待したり

極端な目標設定を立てたり、じぶんで抱え込んで失敗することは

意味がないことに気づくはずです。

また、じぶんだけ、能力がないのではなく

人間の脳のスペックには違いがなく

強いてあげるなら、これまでの経験から

じぶんが、どれだけ出来ないか、を前提に

時間設計や環境づくりを行えるか、の違いだけだったのです。

じぶん以外のだれかが、代わりをやっても

無理して、頑張ってしまうと

だれでも不調を起こすことが理解できるようになると

じぶんで、勝手に、限界までがんばる癖を作って

失敗していたと考えることが出来ます。

刷り込みを受けてきているので

もっと、楽に、考えていいことや

ストレスがない仕事の在り方が本来の姿であると言われても

すぐには、納得出来ない人も多いでしょう。

仕事やビジネスらおいて、最もやってはいけない事は

じぶんが出来ること以上の過度な期待を、じぶんに課せないことと

考えると

いかに、肩の力を抜けるか、に、全力であった方が良いのです。

あなたの力みが止むと、周りの緊張も溶けます。

学校教育や、社会生活、家庭環境の中で

じぶんの力量以上にやることを

もしかしたら、他人に強要されて

つらい想いをしている人もいるかもしれません。

がんばっている時の状態とは

理性ではなく、短絡的な、戦闘体制が続いていると考えると

本来の落ち着いたあなたではない

過緊張の状態のあなたを過度に期待されているのですから

つらくて、当然なのです。

周りから、強要されていると感じる場合は

他人のせいで、ずっと、仕事が出来ないと言ってしまったら

相手を傷つける加害者に回ってしまうので

しんどいことは、しんどいと、しっかり断ることが

じぶんにも、他人にも、為になります。

断るのが、苦手な理由は、日本人は、自己卑下の癖が強いからです。

じぶんを責め、がまんすることによって

他人を幸福に出来るとさえ、思い込んでいる節があるくらい

じぶんを大事にせず、他人に優しくしてしまう善良なところがあります。

じぶんを大事にしない癖は、他人を傷つける狂気になる

精神世界についての理解が深まって良い頃かなと思うのです。

まずは、だれよりも、じぶんのことだけからでも

たったひとりからでも、我慢に関する心身的リスクを理解して

ストレスや抑圧が、全体に及ぼす迷惑について、認知が広まると

勝手な、我慢こそ、社会に悪影響を与え、悩む人が増えると考える必要があるのです。

悩み、ストレスと捉えるのではなく

解決に向かい、穏やかさを取り戻すことが、すべきことなのです。

仕事で結果が出る人ほど頑張る努力でストレスや過信・期待を作らない

Dream big phrase written on a card

じぶんが、我慢し、ストレスを抱えたままである状態とは

反対に、他人に、ストレスを与え、迷惑をかけて良いと無意識に考えている

子どもの頃の思考や、自我に主導権を取られ

じぶんの良さが、その1つのおおきな歪みによって

まったく、活かされていないと考えることが出来ます。

他人の為に、我慢したり、ストレスを抱えられる精神性の高さは

ふつうの人は、持ち合わせていないらしく

わたしのように、難病にかかって人生に困難が起きてから

じつは、人生がうまく行く人は

ほとんど我慢していないことに、後々になって気づくのです。

完璧に、がまん出来るロボットのような

スペックは、そもそも、人間は持ち合わせていなかったのです。

ひとは、完璧に我慢や忍耐が出来ないように作られているから

人間同士、協力し、信頼し・信頼される一体感を学ぶ為に

不自由な物質世界を経験しているとも言えます。

じぶんの中で、優先順位が我慢しないことに置き換わると

他者への提案も変わってくるので

実は、出来ないことをはやく言って欲しかったり

頼りにされたかったり、教えてあげたいと思っていた

味方がたくさんいることに気づきます。

スピ系のパラレルワールドとは

じぶんの意識が変わり、優先する価値観が変わることで

じぶんの行動が変わり、苦手だった人の面も、違う面を

見るようになることを意味しているのです。

だれにも、がんばって欲しいと望まれていないことに気づくと

いつも、こころに余裕があって良いことに気づきます。

仕事で結果が出ない焦りで頑張る癖は思い込みや環境による影響を変える必要がある

結果は、もちろん大事です。

でも、それ以上に、長く、こころ穏やかに生きる為に

無理な試合で、がんばらずに

周りの為にも、断って、信用を貯蓄することも大事なのです。

他人の為に、じぶんを犠牲にすることを厭わない人は

本能が常に、働いていて

社会との分離意識が強いことで

メンタルが強すぎる為

余裕を創ることを考えて良いことが抜けてしまっています。

いまは、もう、戦時中ではないので

じぶんの意識ひとつで、不安や恐怖心を抜け出し

のんびり、健康に生きて良いのです。

また、子ども時代、なんらかの影響によって

親にうまく愛されないまま、おとなになると

愛されなかったこころの錯覚や欠乏感を埋めようと

必要以上にがんばってしまうことがあります。

世の中、これだけ、たくさんの人が

悩み、生きづらさを抱えているのは

こどもの頃の古傷が、尾を引いて

親に愛されたいと、一生願っても叶わない願望を

器用に埋めようと、報われない努力をしているのです。

専門用語で言うと、投影の期間は

依存心を越えられないので

不安定と安定のアップダウンを繰り返すことで、ストレスがなくならないのです。

そんなふうに考えると

一生懸命、おとなになろうと、不要なアクセサリーを身に纏って

背伸びに必死な、おおきい子ども同士が

ささいなことで、傷つきあっているとも言えるでしょう。

おとなになっても、みんな子どもであった方が

互いに、楽な社会を創って行くことが出来ます。

いっしょに、長く生きることを考え始め

互いに、無理しないことを当たり前にしない限り

じぶんの判断によって、生きづらさを創ってしまうのです。

必要以上に、頑張ってしまう癖は

理性より、本能がはたらく爬虫類思考が原因です。

実質、隠れ心身症・神経症と考えることも出来ます。

脳や感情の仕組みについて

大半の人は、勉強しようとさえ考えず、思いつかないので

使い方がわからないまま

日常生活を過ごすことによって

じぶんではない、他人の価値観や感情に共鳴しやすくなっています。

ほとんどの問題は

無知によって、作られていると言っても過言ではなく

理性を鍛えることで

生活上の問題や、金銭面の問題は解決するようになります。

じぶんの身を削っても、他者の為に我慢するような

死に急ぎ的な考え方は

理性が効いておらず、精神が病んでいると言えるのです。

見かけ、健康そうな人も、精神の観点から考えると

病んでいる人は、比較的、たくさんいると考えられます。

振り返ってみるとわかることとして、

一生懸命、がんばって無理をしなくても

鼓動が続いていて、生命が生かされている以上

あなたは、いまここに生きているだけで、存在価値はあります。

そして、もし、いま、じぶんの人生の現実を変えられるほどの

機能的価値がなくて、失敗ばかりの人生だったとしても

宝石を集めている途中なだけで

将来の希望は、じぶんも、他人も、消すことは出来ません。

生きているだけで、充分、認められている存在価値と

これから、いくらでも伸ばすことが出来る

機能的価値の可能性を考えると

一時的に、かけ間違えて、仕事がうまくいかなかった時期は

他者から、共感されるポイントに変化するタイミングが来ます。

だからこそ、今すぐ、少し、落ち着いて歩くことが大切なのです。

ゆっくり歩いても、だれも咎めないのですから。

じぶんの頑張りすぎる努力が仕事で結果が出ないストレスを創る

じぶん自身の、無理に頑張ってしまう思考癖によって

がんばってしまう現実を創り続けてしまうことを理解すると

これまで、なんのために、頑張ってきたのだろうと

少し、感傷的な気持ちになるかもしれません。

また、これまでと正反対の価値観で生きて良いことを理解すると

急に、気が抜けて、頭がぽんやりしてしまうこともありえますね。

だれも、あなたが、頑張っていたことに対して

承認してくれなかったかもしれません。

わたしも、おなじ時期を経験しているので

ほんとうに、がんばって、それでも生きてきたから

この文章をさいごまで読んでいると考えると

きょうだけは、じぶんで、じぶんを褒めて良いと思っています。

そして、ほんとうに、がんばって来たのですね。

よく、がんばっていたことにさえ、気づかないくらいには

頑張って、無数に傷ついてきたと考えています。

きょうで、終わりにして良いと、思いますよ。

人間の脳環境は最低、3週間かけて意識が変わるように出来ています。

もう、じぶんを犠牲にしてまで、頑張ることは

だれも、幸福にしない選択であることを認識したのですから

つぎは、あなたの為に、じぶんの盾を強化し

真に、守りたい人を守れるように、実力をつけると良いと考えています。

これまでは、強すぎるメンタルと精神性故に

戦ってボロボロになったかもしれません。

繊細で、優しすぎる性格を

今度は、盾として扱う方法を知り、じぶんを守り育てる術を学ぶことで

じぶんで、じぶんのステージを上げる段階ではないかと

そう、考えています。

頑張らないといけない選択を用意する癖を辞め

がんばらなくても、うまくいくステージに意識を上げる事で

じぶんも、他人も、幸福にするのです。

仕事で結果が出ないストレスを感じたら無駄に頑張る必要がない仕組み作りを努力する

何度も、念を押しますが

じぶんの忍耐ひとつ、がんばりひとつで、世の中が変わったら

誰も、苦労しません。

無知なおとなほど、がんばらずに

うまくいくことに対して、僻みを持っています。

他人を僻めば、じぶんの幸福が遠のくだけです。

なので、とにかく、仕事で結果が出ないなら

ひたすら、力を抜いてください。

初めは、ぬこうとしても、体感覚が緊張しているので

思考すら、ちぐはぐになると思います。

でも、連帯責任なので、1人の、がんばりは、他者の幸福と成長を奪っている

責任を考えてください。

あなたが、がんばると、社会に抵抗や分離がうまれることで

じぶんの子どもに、不要な他者との競争を強いるリスクと責任があるのです。

これまでは、がんばることを強要されたかもしれませんが

この世にも、そうでない、呼吸が出来る場所を創る

余裕は、まだまだあります。

身を滅ぼすような、がんばり方ではなく

じぶんの人生を向上させる為に

淡々と継続し、長く歩くことを考えることが大切です。

潜在意識の仕組みとして過去に経験したことをもとに

いまの情動を作り出し、コミュニケーションや生活を行なっています。

過去の、がんばる癖や

じぶんで、じぶんを大事にする事が出来なかった怒りを紐解くことで

感情の波に流されず、いま、ただ目の前の時間を

過ごせていることに感謝の念が湧くように、変わるのです。

仕事で結果が出ないストレスは頑張りすぎる努力が必要な環境に原因があるまとめ

仕事で結果が出ない時は、例外なく、必要以上にがんばり過ぎている時です。

頑張っていないのではなく、

必要以上に がんばることをじぶんに強要していると考えてください。

そして、じぶんに対するがんばりは

じぶんを傷つける為に行っていることに気づく必要があります。

じぶんが、がんばると、周囲の人も

不必要にがんばらせてしまうことを考えると

がんばることは、迷惑と考えることが出来ます。

たくさん、がんばって結果がでないのであれば、真実は逆に答えがあります。

長くなりましたが、今回の内容のまとめになります。

・仕事で結果が出ないストレスは頑張りすぎる努力が必要な環境に原因がある

・仕事で結果が出ないストレスは頑張って努力しても永遠に無くならない

・仕事で結果が出ないストレスは頑張って努力すれば解決する期待で生まれる

・仕事で結果が出る人ほど頑張る努力でストレスや過信・期待を作らない

・仕事で結果が出ない焦りで頑張る癖は思い込みや環境による影響を変える必要がある

・じぶんの頑張りすぎる努力が仕事で結果が出ないストレスを創る

・仕事で結果が出ないストレスを感じたら無駄に頑張る必要がない仕組み作りを努力する