MENU
ストレス0

優しい人は仕事できないって本当?向いている仕事とは

今回は、優しい人は仕事ができないってホントなのかと言うテーマで解説する。

 

結論から言うと、ほんとにやさしいひとであれば仕事ができると考えている。

 

何故かというと

優しい人は繊細すぎることで

他人の気持ちや

解決した方が良い課題に対して

いち早く反応できるからである。

 

仕事は結局人間関係であることを考えたときにまたお金も結局、対人関係であることを考えたときに優しくて損する事は無いけれど、優しくしなかったことで後々後悔することがたくさんあると考えている。

 

どちらかと言えば、

優しくする方法について下手だったことで

後悔することが多いことを考えたときに、

 

優しい人が必要な理由と言うのは

言い方悪いかもしれないけれど、

都合よく使いたい人にとって

必要なワードだと考えている。

 

優しい人は仕事できないって本当?向いている仕事とは

 

優しい人にも

心やハートがあることを考えたときに、

 

自分だったら嫌なことを

優しい人になら言える時点で

 

人と違う優しさを示せる人の方が

需要が高いことがわかる。

 

皆が言う優しい人と言うのは、

自己犠牲が上手い人や

身の丈を知っている人のことであることを考えたときに

 

優しい人の方が

自分より器や許容量が高いことで

人として中があることがわかっている。

 

たくさん人がいる中で、

人よりも優しいことがわかっているという事は

それだけで、1つ武器になると考えている。

 

優しさも実力だからだ。

 

そして、優しい人だから向いている仕事と言うのは、自己犠牲が上手い人向けの仕事であることが多いことを考えたときに、

 

優しい人だから向いている・向いていないよりも

自分の仕事を向いているようにできるスキルがあるかどうかにかかっていると考えている。

 

優しい人は仕事できないって本当?向いている仕事とは

 

正直なところ、

優しさだけで仕事ができると言うわけではないけれど、

優しさがあることによって

どんな仕事においても

有利に働く面があると考えている。

 

それは、自分が優しさを示したときに

人に伝わるように

結果に残るように施しをしたときに

 

人を通して口コミという形で

自分への評価が帰ってくると考えている。

 

優しい人は仕事できないって本当?向いている仕事とは

 

優しいから仕事ができないのではなく、

優しさを示したときに

形に残るような接し方をしないことが

問題だと考えている。

 

偽善者や罪悪感などを抱かずとも

形に残るように示していく事は

行動を結果に残す上で必要だと考えている。

 

結果を残した時点で

初めて優しさになることを考えたときに人の印象に残るような優しさを示すことも必要であると考えて欲しい。

 

優しさが仕事にならないのではなく、

優しさの残し方によって仕事ができるできないに関わっていることを考えたときに、

 

人に気づかれないように

結果を残す事はできないことを考えたら

 

人にわかるように結果を残すことが

優しさであることがわかってくると考えている。

 

優しい人は仕事できないって本当?向いている仕事とはまとめ

 

今回は、優しい人は仕事ができないって本当っというテーマで解説した。

 

優しい人に向いている仕事があるのではなく

どんな職業についたとしても優しさを形に残すことが大事であることを考えたときに

 

優しい人と言うジャンルがあるだけで

すでに1つ武器を持っていると考えている。

 

優しさも実力のうちと考えたときに

優しくして後悔する事は無いけど

優しくしなくて…とか

優しくする方法知らなくて

失敗することはよくある話だ。

 

優しさを使って実力を残す事に

躊躇いのない人になった方が良いと考えている。