ストレス0

ずっと何もかもうまくいかない時は自分のせい?

今回は、ずっと何もかもがうまくいかないときは自分のせいなのか?について解説する。

 

結論から言うと、ずっと何もうまくいかないときは自分のせいだと責めないほうがいいことについて理解すると楽になる。

 

理由として、本当に自分のせいでうまくいってないこともあれば、自分の知らないところで複数要因絡んで自分のせいでうまくいってないわけではないこともあるからだ。

 

いつも自分のせいとばかり責めていたらほんとに自分のせいでうまくいっていないと思い込むことによってさらに運の悪いことを

引き寄せてしまうことがある。

 

百害あって一利なしの通りなので

自分のせいだと、責めてばかりいるとしたら

一旦客観的に見る癖をつけるための参考になればと考えている。

ずっと何もかもうまくいかない時は自分のせい?

 

結論から言うと、何もかもうまくいかないときは自分のせいの時もあれば、人のせいの時もある。

 

むしろ、気分的に楽に生きるとしたら

全部悪い事は他人のせいぐらいに思っている方がいろんなことが循環してうまくいきやすいと考えている。

 

心が元気な時は全部他人のせいにして生きているほうが楽なので、表面上

全部他人のせいとしておくことが楽な時がある。

 

自分以外の要因で悪くなっているのに

自分のせいとする嘘を付くよりも

潔く他人のせいにしておくスキルも時として

必要なのだ。

 

心が元気でない時ほど

自分に原因があると何でも責めがちになるので、

心が元気な時をステータスにする癖をつけたほうが良いと考えている。

 

ずっと何もかもうまくいかない時は自分のせい?

 

自分のせいではない事も

なんでも自分のせいにする事は

美徳にはならないことを覚える必要がある。

 

自分が自分のせいだと捉えている限り自分が原因で起こっていることが起こり続けることを考えたときに、

 

毎回毎回、自分が原因であることを棚上げにする事は話は違うけれど

 

自分の原因でないことを主張する強さを持つことも1つのスキルだと考えている。

 

何回、あなたのせいでと言われたとしても

相手のスキル不足を認めることも1つの力だと考えている。

 

それに、よくある話で

じぶんのせいだと認めたくないことで他人のせいにする人の話をまともに聞く必要はないと考えている。

 

ずっと何もかもうまくいかない時は自分のせい?

 

完璧な人はいないことを考えたときに

 

自分自身も完璧でなくて良い世界戦を作ることを考えると相手が完璧でなくて良いことを認めてあげることで互いに良い気分を楽にすることができると考えている。

 

完璧でないといけないと思い込むことによって

 

うまくいかない面ばかり見ているとしたら

本当にすべてうまくいってないのか?

 

確認する必要があると考えている。

 

どんなに凄い人でも毎回うまくいく人はいないことを考えたときに、うまくいくことに固執していることによって、うまくいかない面ばかり見ているとしたら、極端にうまくいかない面ばかりを見るのではなく、自分の好きな面を増やす癖をつけたほうがいいと考えている。

 

完璧であることよりも、ずっとうまくいっていることよりも、どちらに転んだとしても自分のメンタルをケアできることの方が大事であることを考えたときに、極端に完璧にうまくいくことばかり考えるのではなくよかった、を自分で作り出すことが大事だと考えている。

 

ずっと何もかもうまくいかない時は自分のせい?まとめ

 

今回は、ずっと何もかもうまくいかないときは一旦他人のせいにしてみることをお勧めすると解説した。

 

心が元気でない時は何でも自分のせいにすることによって悲観的に考えていれば大丈夫だろうとたかをくくってしまうことがあると考えている。

 

実際には悲観的に考える癖よりも、どんな悪い状態の時からでも自分にとって経験してメリットがあった事を見出せる力が大事であると考えている。

 

そしてあっけからんとしている方が楽なことを考えたときに、極端に誰かのせいにするのではなく分類分けをできるようになると楽になると考えている。