MENU
アフィリエイト

プロフィール

わたしは、幼少期に家庭機能不全の環境で過ごし

2度難病指定の病気を独学で完治させてきた経験から

「時間・仕事・健康・お金・人間関係・精神」6つのじゆうを手に入れて

じぶんでコントロール出来る人生を創り出す人を増やす 活動をしています。

医療系の国家資格を得るも、1年でサラリーマンを辞め

ネットビジネスで起業しようと

情報発信・アフィリエイト・コンテンツビジネスを中心に活動を開始し

アフィリエイターの正当報酬50%を下る条件にも関わらず

アフィリエイター全体のトップ1%に当たる売上に到達。

最終的に、海外まで奔走したものの、

じぶんの軸を創る事が出来ず 起業に失敗する経験を持つ。

じぶん自身の家庭環境の経験から

 子どもが幸福な環境で育つ為には

まず、おとなが、時間・仕事・健康・お金・人間関係・精神

すべて、自立し、いま、幸福である必要がある

 すべての人は、たった1つの価値観・思い込みで

かんたんに、幸福にも不幸にもなる

なんらかの関係で

じぶんが成長する事が幸福である事を 認識出来ない弱者を拾う器を持ちなさい

ひとつの主張を通す限り

加害者になる責任を負う事を踏まえ発言し 生かされていると考えなさい

ネットビジネスでは発信側も受信側も ひとは幸福にはならない真実を踏まえ

精神的・肉体的な面で 一生、働ける仕組みを作りなさい

 幼少期に「愛された」経験がある人の成功法則と

「愛されなかった」経験がある人の成功法則は 異なる

 すべての苦しみは、

正しい「戦略」「マインド」にあり方が伴う事で解決出来る可能性を創れる

というマインドが わたしの情報発信の起源となる。

情報発信を通して

「健康で、豊かな精神を培った子ども」を増やす為には

おとながじゆうを体現し、

こころが穏やかで幸福である事が不可欠であると考え ゴールに掲げる。

特に、現行の成功法則では

幼少期に「愛されて育ってきた」おとな向けの マインドに関する知識や教材は

豊富にあるが

日本人特有の「自己卑下」の癖がある「繊細さん」に向けたコンテンツだったり

幼少期に「愛されずに育ってきた」人が

社会的に放置され 搾取の対象になり

まるで、成功しない人のように 洗脳を受ける事が多い。

主張をしない限り、無かったことにされ支配され続ける

が、価値観や思い込み、角度が違った解釈をする事が出来れば

ひとの2倍のちからを引き出す事が出来る優秀な人に生まれ変わる事が出来

「出る杭だからこそ、出続けるスキル」を学ぶことで

おとなの世界から、こころの飢えが減り、

子ども、社会にも 大きく影響を与える事が出来ると考える。

「愛されてこなかった」という表現について

「成長家庭において、必要なこころの安全基地が作られなかったこと」

「エゴが見せる、投影に苦しんだこと」という意味であり

ひとは、みな、生きている以上、

愛されているから、存在しているという価値観は ほんとうであると考える。

物質社会において、なんの制限もなければ

じぶんで、じぶんを愛するおとなが当たり前にいて

元々、子どもだった頃のように 愉しく生きる人が増えるはず、が

現実社会では、

「ネットビジネス」をじゆうに扱う事が出来るようにならない限り

すべての、じゆうを得る事が出来ない社会構造になっている。

ビジネス経験0の人にとっては、まず、真のじゆうを体現出来る環境が

「ネットビジネス」にあることを

知らない人がほとんどなのではないか、と考える。

「ネットビジネス」を駆使出来る先駆者を増やし

「時間がある」=「精神的ゆとりがある」仲間に囲まれた生活を実現する為

情報発信を続けている。

わたしが展開する企画は

一般的によく見かける

「これまでにある程度、親に愛されてきた人の為の

モチベーションを起点とした成功する方法」のような剣ではなく、

「親に愛されなかったからこそ、2倍価値を引き出す事が出来る

モチベーションに頼らない、いまここが幸福である成功法則」を基点に

なかなか、語られてこなかったセンシティブな内容を盾に扱う企画が多い。

わたしは、1度目の、起業失敗経験によって

「どれだけ、良いこと言おうとしても、

どうせ、全員、死ぬのだし、

隠してても、愛されなかった棘はバレて失敗を呼んでしまう」ことを

実体験として持っている為

棘を出し続けた方が、

愛されなかった時代がある人達は 本領を発揮しやすいと考える。

「こんなことは言えない」と抑圧しないといけない社会の一部を塗り替える事で

こんなことをはやく膿出しをして、現実的な対策に向かわせることこそ

じぶんを愛することであり、同時に、他人を愛せる人を増やせると考える。

なので、ゆかもんのコミュニティでは

「元々、ある程度愛されていた人がまっとうに成功すること」ではなく

「愛されなかった人ほど愛されなかった時代分、2倍成功すること」が

わたしにとって、最大のしあわせである。

わたしにとって、情報発信とは、

一度目、起業に失敗した時に、

お金主義だとすべてを失うことを体現して、知っている為

無数にある「出会い」の中で、

一生忘れる事がないじぶんと他人の成長を創る場だと考える。

良い思い出も、悪い思い出も、「成功」の過程でみればすべて必要で、

じぶんが諦めず、出続ける事で、幅広い仲間がメルマガやライン@に集まっている。

わたしは、最終的に ふらっと、ヨーロッパに行ったり、

ドイツやハワイの海でおしゃれな写真を撮ったり

幼少の頃からずっとやりたかった音楽もやってみたいし

おしゃれな猫ちゃんとも生活してみたい 

ちょっとした 願望もまだまだ持っている。

出る杭は、出続けなければならない

20代なかば頃までのわたしは

肉体と心身の「健康」を経験出来る期間が圧倒的に少なく

いつも、体力・思考ともに

「健康」と「時間」に制限される 死に急ぐ 生き方をする。

幼少期~17年間、

血まみれ状態の重症のアトピーを経験し

最終的に自力で治した事から 病気はメンタル面の問題と経験。

(実質鬱と思われる 味覚障害、現実が白黒の映像に映っていた時期や

機能不全家庭のストレス過多で

パニックを起こし救急車で運ばれるといった経験もある)

特に、金銭面においては 祖父母からもらって貯めていたお金を

複数回、実の親や兄弟に、目の前で奪われる

あらゆることで「罰金制」がつく生活環境で 常に金欠状態。

ご飯がなかったり、お風呂に入れず、生存が脅かされる10代を過ごした結果

「いまの日本であれば、ある程度の安全は保たれて生きられる」という

ビジネス業界で語られる共通の幸福の定義によって、返り討ちにあい続け

「一般常識」と離れた生活を送ってきた事を 常に隠しながら 生きてきた。

学生時代は、当然のように、いじめにあい

他人からのいじめは一時的に衝撃を受けるものの

割と、軽いと学んでいた為 覚えきれず忘れている。

必要な勉強をする時期に

1時間に1回 母親のストレスによって 呼び出され続ける日々を過ごすことで

学生時代は、本当は出来たはずの勉強がまったく出来ず

「無能で役に立たない」と言われた他人からの評価を信じ込んでしまう。

あまりのストレス過多で、幼少期のほとんどは希死念慮にかられ

おんなの子なのに十円ハゲが出来た時には

母親に「何で禿げてるの?」と面白半分に言われるような日常生活の為

やりたかったことは、主張が一度も通らず

お金のかからない子

=年相応にあった経験を詰んでないままおとなになり

年齢が立つにつれ、長年、我慢してきた事が

ビジネスで爆発し、売上を上げる度に、虚しさや虚無感に襲われる。

学校用品では、必要な物品を見繕う事が出来ずに困る期間を繰り返した結果

大学受験を断念し

一般的なイメージの自立ではなく、

「実家を脱出する」手段の為だけに取得した

医療系の国家資格も、1年で放棄することに。

 

機能不全家庭によって

インターネットを20歳になるまで まったく触る事が出来なかった為

「情報弱者」を一気に挽回する為に 

睡眠時間4時間程度で 1年目の月間残業120時間以上の肉体労働を続けながら

必要な学びを深めていた結果 体力ダウンによって

休めないまま、不安からネットビジネス業界に参入する。 

「お金」「じゆう」とネットで検索した結果たどり着いた

「ネットビジネス」での成功・起業・自立を目指したものの

自立神経失調症・過敏性腸症候群・PMS(生理前月経症候群)を長期化させ

最終的に、コロナの際に過ごした海外で「腸潰瘍」を引き起こし 

「もっと、真剣に仕事して欲しい」と圧迫を受け

そのまま、流れ弾の作業を続けた結果

潰瘍を引き起こしていることに 気づかないくらいの我慢強さで耐え続け

次第に、身体が軽くなって

「このまま行くと、はやいところ癌になりそうだ」まで たどり着く。

周囲の環境は

「親が実の子を愛さない、愛せないことを知らない

子ども時代、親に愛されて育った事で 最終的に成功までたどり着いた起業家」の

実質マウント取りになる情報にあふれストレス過多を起こす

物理的距離が離れても 実の母親からの 金銭的苦情が届き続ける

その結果、パートナーを巻き込む形で

「正当な報酬を与えない搾取&支配的な起業家」に捕まって

冷静になって考えてみたらわかる

「不徳の積み重ね」にあたる金融系の支配的ビジネスに使われる

自我が暴走して

「自由になる」はずが「自由にやる」に熱心になってしまう

そうして、最後にたどり着いたのが

あまりに、忙殺された時間を過ごした事で 部分的に記憶が消える

パートナーとの共依存関係を解決する知識を持っていながらも

別の人間関係が原因で解消出来ず 

じぶんの良さがすべて踏みにじられ 積み上げた努力が壊れる 

というビター味の経験をたくさん持つ。

繊細で、真面目に努力して生き続ける人こそが 不満に囲まれ 確実に損をする。

機能不全家庭によって 長年、我慢し続けたあらゆることが

外で表面化し始め、心身の健康が保たれず

表現したいことや じぶんの良さが活かされない結果

周りに、全然 良い人が集まらず、母親に似た支配的な人に囲まれ続ける

機能不全家庭によって得た「ハングリー精神」は

外に出れば 

ただ、都合が良いように使われ じぶんの命をすり減らす行為に繋がった。

「時間・健康・お金・仕事・人間関係・精神」6つのじゆうを手に入れなければ

女性として、子育ての成功はないと経験し 成功に向けて努力しているはずなのに

まるで、楽器のように ストレスや自我に翻弄され 

成功する為に必要な努力は出来ず

失敗する為に必要なことはしっかり通る 「じぶんを大事にしない」ライフスタイルを送る。

サラリーマン生活を脱出して数年、

独立してやっていけるようなプログラミングや語学以外の

「ネットビジネスに関する大半のスキル」「影響力」「実務経験」を身に着け

アフィリエイターの正当報酬50%を下る条件にも関わらず

アフィリエイター全体のトップ1%に当たる売上に到達し

共依存関係のパートナーと 一時の見せかけの成功を得て

気力さえあれば

「起業」出来なくはない位置にたどり着いていたにも、関わらず

自立も、良好なパートナーシップも 失敗。 

すべては「じぶんの軸」「じぶんのルール」が作れず

「じぶんを大事にする」ライフスタイルが築けなかった為に。

「親に愛されなかった子ども」に 成功も幸福もしあわせもないのか?

情報発信をする過程で、ビジネスやお金、仕事、人間関係、恋愛につまづいて

わたしの媒体にたどり着く人の

根底にある悩みが、「家庭環境で、満足に愛されていない」ことに気づく。

が、現行の「成功法則」「起業家」「成功者」「経営者」の情報は

大方、実質半分はいる

「家庭機能不全、家庭環境に不具合がある人」が成功する為には 作られていない。

そして、それこそが、

ビジネスの土台であり、人生の本質になることを説明する人もいない。

資本主義の社会では、あなたが不幸でいてくれた方がうれしい人は沢山いるから。

「親が子どもを愛さない」という価値観がある事が浸透していない事で

まったく、共感されない上

家庭について触れたらいけないとされている集団意識と

資本主義の体制によって

不幸の領域が浅い成功者が 圧倒的に結果を出しやすくコンテンツが目立ち

わずかな希望を抱く、「ハングリー精神」を持った成功の挑戦者が

精神的マウントを取られ続け、じぶんの人生の時間を消耗している事に気づかないまま

格好の搾取の的として使われてしまう。

また、善良な成功者であっても、「家庭環境の傷」をカバー出来る程の

細部の説明をする所まで届かない事が大半なので

だいたいは、精神的暴力を受け続けながら、成功する方法を学ぶことになる。

過去のわたしのように。

精神的苦痛も、何周も回ってくると

「どうせ全員、肉体的に死ぬ為に生きている」のだから

結果がどうであれ、「やること」でしか、苦痛を回避出来無いと悟るようになる。

成功するには「器」が必要だが、

後者の半分くらいの人は、

そもそも、切り捨てられ、社会的に成功出来ない前提で

搾取の対象にするか、受け持たない形で話を進めている成功者が大半。

「現実をみています」「現実をみます」と言いつつ

成功する為に必要な、ある局所的な一部の考え方・価値観・投資マインドを

ワンクッション挟んで説明出来れば、

うまくいく層がある所に向けて

いま、ここから幸福になる情報を 表現出来るおとなが 圧倒的に少ない。

億単位の収入がある人と、何人も機会を持ってきたが

「ある一部」に関して

「自己責任だから」「わたしでは説明出来ない」と語る人がほとんど。

つまり、

お金がすべてであり、お金がすべてではない深い領域を説明出来ない限り

真に、全員が、成功するチャンスの時代はやって来ないという意味を指す。

前向きな「成功や自立」の挑戦をしているはずが

 

現在進行系で、「愛されない」ことに自暴自棄になって 金銭を失う人

「まっとうな、やり方」が 

ワンクッション挟む解釈で簡単に飲み込める方法があればうまくいく人

実際、多くいるし

この層の人が、なんらかのきっかけで、

圧倒的に集中して成果を出す事が出来れば 社会はおおきく変わっていく 

そう確信して

「じぶんを大事にするスキル・家族を大事にするスキルシリーズ」をスタート。

「じぶんを大事にするスキル・家族を大事にするスキルシリーズ」を制作する前

じぶんが どれだけ努力しても報われない世界線を経験。

せっかく創り出したお金が無くなっていく

仕事の在り方が間違っていることに気づき キャッシュフローが無くなる

つぎつぎ、明るみに出る「時間・健康・人間関係・お金・仕事」の成功法則と

真逆の価値観で 生き続けていた事

周りのおとなのことばが大体嘘だった事で、さらなる不信、抑え込んでいた怒りの放出

大事にしたいと信じ、尽くしていたパートナーにさえ 

実質、使われる関係だった事に気づき

最終的に、癌手前の潰瘍に至る  といった事が起こり続ける。

よくある、成功者の話の 「1回の挫折」ではなく

曲がりなりにも、20年以上生きて、ネットビジネスも数年経験を積んできた所で

理想としていたパートナーシップも、夢を叶える方法も、お金も、

立て続けに、

隠していた怒りが、表面化するように、

虚無感や膝から崩れ落ちる感覚を数ヶ月に渡って、体験することになった。

(結構、プライベートな話なので、メルマガをずっと読んでくださった人にだけ

続きをお話しようかなと思う。)

ですが、これらの経験を通して

「家庭機能不全」や「アダルトチルドレン」「HSP」の人は

大量にあふれた情報社会に揉まれると

99%の確率で、成功するまでの段階で、無数の精神的暴力を感じながら

「ハングリー精神」だけを頼りに生きるので

次第に、エネルギーが奪われ続けると 肉体の健康を損ない

ある時に、「すべてを失う」「じぶんが大切にしたいなにかが守られていないこと、

じぶんが大切にされていないこと」に気づき、深い悲しみにたどり着くことになる。

何度目か、の無価値感によって、

すべてがどうでも良くなることで、

もう一度、なにかを生み出すチャンスを得るに繋がる。

この経験によって、

「じぶんの軸」を作らない限り、永遠に過去に苦しかった事が

何回も、表面化してしまうことに気づく。

「じぶんの主張」をまったく聴かないまま走り続け、潰瘍に到達した後から

じぶんの主張を聴くようになった結果、「遣われるアフィリエイトを脱する方法」に

たどり着く。

わたし自身が、家庭で愛されてこなかった期間が長すぎたことで

おとなになっても、常に、生きづらさを抱えてきたということもありますし

「家庭環境が幸せなものになる為には

6つのじゆうは欠かせない」と実体験を持って生きてきた。

一時の見せかけの成功ではなく、

「地に足がついた成功」でなければ 精神的満足も得られない。

一時期は、幼少期に出来なかったことや

叶わなかった欲求を満たす投影の時期を過ごし 

海外へまで行って 起業出来なかった失敗経験を持っているからこそ

「見せかけの成功」ではなく

じぶんが、こころから愉しんでいる状態を 創り出すスキルが大事であると考える。

そして、じぶん自身のステージが上がる時に

周りに、仲間がひとりもいない状態は、真の成功とは言えず

「お金」よりじぶんを下にして

人生を創ると、すべてを失う時期がくることを経験してきているからこそ

切磋琢磨出来る、じぶんや仲間の人生が向上していく関係を築けるように

肉体、精神、そして、物質面において

じゆうで、幸福度が高い人を増やせる場を創る。

「いまのじぶんに出来る最大の貢献」を提供する事で

なにか、役に立ったり、

必要な情報を得る事が出来る人がいるのではないかと考え

しあわせに生きる事が出来る人を増やす導線を増やす。

 

・好きな色 パステルカラー

・好きな歌手 YUI・Flower Flower・家入レオ

・好きなアイドル  性格は鞘師里保さん・仕事は小嶋陽菜さん・指原莉乃さんが理想です

モーニング娘。 NMB48 … 女性アイドルは基本DDです

・好きな女優 浜辺美波さん

・好きなゲーム 小学生の頃からどうぶつの森一筋

・好きな本 ハリーポッターシリーズを完読しています

・好きなアニメ 旬は見ます