じぶんを大事に褒める手引き【セルフイメージリメイクスキル】

じぶんを大事に褒める手引きセルフイメージリメイクスキルとは

※セルフイメージとは、あなたが、あなた自身・あなたの生活に対して感じていることや思い込んでいることです。企画では、じぶんへの思い込みを変え続ける方法をお伝えします。

じぶんの本来の姿に合った「じぶんを大事に褒める手引き」を知る事が出来れば、
こころの余裕を創り続けることで、精神的な自由を増やす事が出来ます。

「真っ直ぐ、ストレートにいまのじぶんを好きになるには…」人生をおなじように過ごしていても、じぶんを好きになる事なく、殺伐と過ごすの為に忙しくするのではなく「うまくいっている時もうまくいっていない時も、じぶんの事がある程度好きでいることが出来た方が居心地が良くなる」事に気づくのです。

「じぶんの事を好きになれなくて、いつもイガイガした気持ちになったり、ストレスを感じる事が起こる」のではなく「あなたに与えられている時間=人生を愉しむ」為に、いまのじぶんやこれまでのじぶんがいる事が理解出来るようになります。

 

世間の情報や流行りに振り回されたり、ネットで見かける他人の生活と比べて、落ち込んだり、イライラしたり、羨ましいと感じながら生活する…

「じぶんの人生や、じぶん自身の事を好きになること」を腑に落とすことが出来るようになれば、じぶんが居心地が良いと感じるペースで生活することが出来るようになるのです。

今回重要なポイントは、「なんのためらいもなく、じぶんの事が好き」だと言える様になるメソッドであって、「やっぱり好きになれない…」と元通りにリバウンドするやり方とは異なります。

 

じぶんの人生が好きになって、いまのじぶんを納得したものに捉える事が出来れば、落ち込んだり、影で傷ついたり、ストレスをひとりで抱え込む必要はなくなります。じぶんのことがフラットに好きになることによって、いまの地点からこころに余裕を持って生活する事ができる発想の逆転が起こり続けるのです。

 

思考によって、「自己卑下」したり「他人と比較して評価する」など
「じぶんの事を好き」になる事に対してむずかしく捉えていた地点から
「いまのじぶんが、毎瞬好き」と捉える事が出来、メンタルが安定的になる
としたら…

どんな風にじぶんを大事に褒める事が出来れば、「たにんと比較する競争から外れる事が出来るか?」「願望や理想が叶わない現実を卑屈に思わずに済むか?」「ほかの生活を羨む事が無くなるか?」理解できるようになるのです。

 

「いまのじぶんを大事にして褒めることを繰り返すこと」が「自信やポジティブな現実を創る」に繋がると捉えると、たった独り大事なじぶんの存在を理解して活かすことが、うまくなれば良かっただけと気づくでしょう。

 

「不安や心配」を考えなくなったり「自己卑下」しなくなる為には、ただ「じぶんの良いポイントを知り尽くして、好きな面がある事を捉える」解釈が上手くなれば良いと、ひらめき続ける事が出来るようになります。


じぶんを好きになることに対して、違和感を感じたり、罪悪感があるとしたら…

日常生活の中で、たくさん頑張ることや我慢することが多いままだとしたら、「じぶんの好きなじぶんでいる」本質的なことを解決出来ていないのかもしれません。

 

人生の中で、いちばん一緒にいる時間が長いじぶんのことを大事にすること…つまり、「じぶんをしっかり褒めて労る癖」を習慣化する事を忘れていると、メンタルがでこぼこになりやすくなります。

じぶんを大事に褒めることが、うまくなると…

これまでの「たにんと比較して、イガイガする(我慢)」状態だったり「たにんを羨ましく思う(願望や期待)」がさきに来る考えから、セルフイメージを「いまのじぶんを好きな状態」の連続性=じぶんのことがずっと好きな状態が続く積み重ね方が変わる事で、実生活に変化をもたらす事が出来ます。

この文章を読んでいる時点で、なんらか、「メンタル」や「マインド」に関する情報や手段をすでに持たれていて、日々、効果的なステップアップを考えていますよね。いま、読んでいる時点で、つぎのステージに向かっているのです。

我慢や忍耐が多かったり、ストレスに耐えられなかったり、不満が多い生活を続けていたとしたら…

 

人生をもっと、気楽なものに捉えることで、
いまの時間を使って、客観的にいまのあなたの人生を振り返ることで
「いま悩む事ができる貴重な時間がある事を考えた時
、これからなにをすれば、もっと、気楽なじぶんと共存できるか?=人生で最も長く一緒にいるじぶんの事を大事に扱って、これからも好きでい続ける事ができるか?」と、いまの積み重ね方を振り返るタイミングに違いないのです。

 

老いた時や死ぬ時から逆算して考えた時。基本的に、「じぶんの事を好きでい続ける為に、選択をしている」より、「生きていると、いろんなことに忙殺されて、気づいたら無意識にじぶんを傷つけることばや選択を繰り返している事がある」状態が続いていると
こころがイガイガする事が増えますよね。


じぶんを大事に褒める過程の中で、ストンと、腑に落ちる感覚で、じぶんの事が好きになる事は、結果的に、日頃のストレスを下げるコツにも繋がります。

 

あなたが、じぶんの気持ち以外を基準に選択していた無意識の判断を「じぶんが好きだと感じるじぶん」に変えるだけで、この世界は視えたり、視えなかったりするあいまいな世界であることが、分かるようになります。じぶんのこころがフラットになったり、思考がスッキリするのです。

 

正直な話、「セルフイメージ」を一回だけ、変えたら大きな変化が得られるのであれば、
人の人生は簡単に変わっていますよね。

こうして、じぶんの為に時間を取らない限り、じぶんで、じぶんの中に重たい価値観を持っている事に気づかない事が大半なので、「じぶんの事をフラットに好きでい続ける」ことは出来ません。一方で、「じぶんの事を褒める機会を持つこと」に関する解釈を「じぶんを大事にする選択を取ることは当たり前」と捉え直すと、「じぶんを大事にする為の現実」が創られる事が可能になります。

 

じぶんから意図して、じぶんを好きになるというより、「じぶんの事を好きでいる状態が継続していること」でいつもありふれている感覚を思い出す事が出来ます。「人生=生きる時間=じぶんを好きになる為の時間」の定義を実生活に採用すれば、結果的に、「現実生活」が落ち着いたり、穏やかな面に気づくようになります。

 

一般的なセルフイメージを変える方法では、表面だけを変えて、一時的に満足する解釈や概念が多いです。「いまのじぶんの事は好きか??」から現実の創り方を変える事で、
セルフメージはいつもバージョンアップしていく事が大切だと気づきます。


正直な話、どんなにお金を持っていて、教養があったとしても
「じぶんの事を好きになれない人生」より
物質的な豊かさより「まず、じぶんの事がしっかり好き」であった方が気分が良い状態が続くし、「じぶんの事が好き」になるきっかけは、限りなく、平等に与えられ続けているのです。

じぶんを大事に褒める」から考えて過ごす

じぶんのこころの中が「じぶんを大事に好きでいる」よゆうがある状態から始めることで、
「じぶんの人生はじぶんを好きで居続ける」為にある状態が続きます。

「じぶんのことより、他人や物」を優位にした考え方も、
「どんな状態のじぶんも、好きな状態」を優位にした考え方も
どちらも、経験した上で、あなたに合う世界線を選択すれば良いのです。

「じぶんのことより、他人や物」を優位にした考え方と
「どんな状態のじぶんも、好きな状態」を優位にした考え方はどちらも善悪の話ではなく、

いま、この瞬間からじぶんで、手に入れられる世界線を
あなたが創り続けることが出来ることを忘れているだけなのです。

「いまのじぶんが大事で好きだから、この選択をしている」

いまのあなたは、こころによゆうがあるから、悩む事ができることを考えてみて下さい。
「生きているだけで、幸福な状態」なことを忘れると、
悩むよゆうがあるいまをだいじにする事を忘れてしまいます。

いま、よゆうがなければ、もう死んでいますからね(笑)


思考によって、色んな選択があるように感じ過ぎているだけで
こころの中で、「ほんとうのじぶんは、こうありたい・元々はこうだった」など
在りたいじぶんの姿は、割と、こころの中では決まっています。

ほんとうに在りたい姿は、叶える事ができる…

 

このレターを読んでいるあなたは「じぶんで、セルフイメージを変え続ける事ができる状態」が、想像つかないかもしれません。

 

ですが、子どもの頃や数年前を思い出すと…気づいたら、なにかを達成し続けて、いまのあなたがあるのです。「いまの現実生活の不満ばかり見る…」のではなく、心地良い現実を創り続ける感覚は、みな元々、持っている事を忘れているだけなのです。

 

セルフイメージは、変えようと決心して変えるものではなく、「じぶんを大事にする時間」を取る事をじぶんに与える事で、現実生活に没頭するじぶんから、一度離れて、日々の生活を見直す事ができるようになる…。

じっさいは、現実生活にハマりすぎることによって、
周りを見過ぎたり、気を使いすぎるからこそ、「どう在りたいか?」が決まらないのです。

 

いまのじぶんの日常生活を経験できる人は、あなたしか居ない事を考えた時
「一見、悪いことや、調子が整っていない様に感じることにも良い面があること。」に
気づけない理由は、
幸福が永遠に続く状態(=快楽)を創り続けることが、じつは苦手なことに、気づけないからです。

なので、「他人の方が、キラキラ輝いているように感じる…」焦りや「いつも、他人との比較ばかりしてイライラする…」めんどくさくなるといった直感的な、不安や悩みを持っていることは、「じぶんの事が好きか、嫌いか」関係なく、経験として必要で、
だから、いまの「在り方」に繋がっていると考えています。

「死ぬまでに残されている時間はどれくらいあるか分からない」からこそ
じぶんの事をめいいっぱい好くことよりも、現実生活の忙しさに揉まれて悩んでいる事もありますね。

どこかの地点からすれば、いまの地点が、じぶんの事を好きになれないピークだと
捉え方を変えると

「いま、じぶんを好きになり続けると…どんな未来が待っているか、さきが読めない。」
からこそ、前向きにステージアップする事ができる様に変わります。


死ぬまでの時間を愉しむ為にも、時間は有限性だと気づく必要がありますね。

あなたの人生を、すべて好く事ができるのは、じぶんしかいないとしたら、
どんな人生の使い方をすれば「もっと、じぶんの事を好きになれるか?」

じぶんに合う方法を、探るについてステップ1でお伝えしていきます!お楽しみに~!

 

シンプルだけど大切な「じぶんを大事に褒める」為に必要なことを学べます

 

「じぶんを大事に褒めること」を学んで、体現することで、
いまの生活を続ける中で
①「じぶんを全く褒めることなく生活する」②「じぶんの事を好きと言える生活をする」
のでは、おなじ時間を過ごしていたとしても、後者の「じぶんの事を好きと言える生活をする」を伸ばす方が、精神的ゆとりを感じる事が出来ますよね。

 

「じぶんを大事に褒めるスキル」を伸ばした結果、現実が変わっていく様子を
実感する為には、

いまこの瞬間から、「じぶんを好きになる過程を愉しみ続ける状態」が必要です。

 

「じぶんを大事に褒めるスキル」で、お伝えしている事は、単なるマインドの話ではなく
現実的に、人生で限りがある「時間」をどう使えば、「ずっと好きなじぶんでいられる状態が続くか?」それによって、じぶんの欲しい現実生活を確立していく事が出来るか、についてお話しています。

 

いつも、不満やイライラやストレスを感じる地点から
「ストレートに、じぶんを大事に褒めてあげたい」に変えた時
これまで、現実生活の中で、もやっとした気持ちになっていた事が
「考えなくても、しぜんに褒めている状態」に変わります。

「考えなくても、しぜんにじぶんの事を尊重している」感覚こそ、
ずっと、時間のよゆうとこころのよゆうを創り続けることが出来るコツです。
ずっと、じぶんが。じぶんの事を好きでいる状態を創り出す為に、「じぶんには出来ない」と思い込んでいる所を、「あれ、なにに悩んでいたんだっけ?」に変えていきます。

 

あとから、振り返ると笑い話になるのですが、
一生懸命「不満やストレス」で悩んだことが「ここに繋がっていたんだ!」実感できます。

もっと、じぶんを大事に褒めることを体感できていたとしたら…

 

「もっとじぶんの好きな所を褒めて欲しい」
「じぶんの良いところが活かされない生活は辛い」などの欲求を口にして

フラストレーションが溜まる前に、
「いま、もう、すべてある」から続けることで、こころの安定感を掴むことが出来ます。

 

いちばん、「じぶんの事が大事で尊重している状態」とは、
子どもの頃のように「なにも考えずに手が動き続けている状態=集中の持続化」です。


だれかとあなたの生活を比較することなく、だれかが必要って訳でもなく
「ぜんぶ、じぶんで出来る」感覚の延長戦上に、現実がついてくる事を考えると
考え過ぎて、エネルギーが分散してしまうポイントを潰すだけで、
イライラやストレスがなくなり、
過去の腰が重いじぶんに戻ることはなくなります。

 

「じぶんの事が好きなあなた」が
いま、じぶんの事が好きだから、さきに進むとちからがあると認識して、
現実を選択していると考えたとき、世界が変わりますよね。

 

「じぶんの事を好きになれない状態」ではなく
「じぶんの事が好きだから、好きなじぶんでい続ける」軽やかさに変えるだけで

その場から、あなたは着実に変わっていく事が出来ます。

 

この文章を読んでいる時点で、ほとんどの人は、生活は出来ている状態ですよね。

生活のつぎに、「人生=暇な時間が長すぎること」で
「イライラやストレス」を抱くということは
「じぶんをどう活かすか?」に迷っているのです。

思考は、不安や恐怖に傾くと、
「なにも出来ないと思い込んでしまったり」
注意散漫になります。

じぶんで、「じぶんの事が好きなじぶんでい続ける状態」を創り続けることが出来るのは

あなたにしか出来ない仕事と言えますね。

 

ひとによって「じぶんの事が好きだ」と感じるタイミングは異なります。
また、「じぶんの事が嫌いだ」と感じるタイミングも、ひとによって、異なります。

すでに、「じぶんの事を好きで在りたいともがいている」
けれど、何回やってもうまくいかないじぶんに、
現実生活に苦が生じているとしたら…
思い込み過ぎてしまうポイントを他人越しに知る事ができれば、

じぶんで創っしまう負の現実のパターンを理解することが出来ますよね。

 

おなじじぶんという人間でも
「じぶんの事が好き」だと捉えて送る現実・「じぶんの事を嫌い」だと捉えて送る現実とでは

まったく違う現実を過ごしている事を考えたら
「じぶんの事がフラットに好きでい続ける」感覚を
より、リアルに感じた方が、期待や妄想に止まらず、現実を変える事ができると考えています。。

 

いま、ほんとうに、じぶんの事が好きな状態であれば、
ネットで情報探しをする必要はないはずなので、
リアルな現実生活をじぶんのちからで変えている状態にあるはずです。

「つい、イライラやストレスから色々考えてしまう…」の
”つい”が無い状態が、ずっとあるように生活を創る為には
じぶんの事を好きに感じやすいポイントと
じぶんのことを嫌いに感じやすいポイントの両方を
密に知る必要があるのです。

 

ひとそれぞれ、イライラやストレスに感じやすい&感じにくいポイントと
逆に、まったくストレスを感じないことで、
「フラットに好きだ」と感じるポイントを知る為のルーツが

「じぶんを大事に褒める手引き」の考え方なのです。

「たにんと比較して、イガイガする(我慢や忍耐)」状態だったり
「たにんを羨ましく思う(願望や期待)」
優位の考え方から、
「じぶんの好きなじぶんでいる」状態へと
発想を逆転させることで、
じぶんを好きでい続けることへの恩恵を受ける生活を手に入れる事が出来ます。

 

「たにんと比較して、イガイガする(我慢や忍耐)」状態を改善しなければ、
もっと不安定な現実を引き寄せてしまう事を
無意識化で気づいているから、
この文章にたどり着いているんですね。

イガイガする(我慢・忍耐)・たにんを羨ましく思う(願望や期待)状態を続けていても
「じぶんの事が、好きになれている」のであれば、悩んでいない事を考えた時に
じぶんのことを、世界でたったひとりだけでも、好きでい続ける事はとても大事だと考えています。

 

じぶんの人生の地盤を固める為には
「じぶんの事がじぶんで好きな状態」だから出来る選択肢を取る事から考える必要があって、


感覚の中では、ずっと、じぶんの事が好きになれない状態では
うまくいくはずがないことを理解しているからこそ

「いま、あなたが、じぶんのことを褒めること」を大事にする必要があると言えます。

 

いま、当たり前の日常が在りすぎることで、
我慢や忍耐・将来の期待(思考)・妄想・願望が
膨らみやすいとしたら、
もっと、快適な

「愉しい=なにも考えずにじぶんの事が好きでいられる状態」が幸福だと気づきます。

 

なので、単に、ただただ、セルフイメージを1回変えるだけで終わるのではなく
いつもごくごく自然に「じぶんの事を好き」だから、
生活する上でストレスが減る
ことに対して、意識を変え続ける事が出来るのです。

じぶんの人生を好きになる為にはどうしたら良い?

シンプルに考えてみて欲しいのですが
あなたのたった一つしか無い人生を
「好きだと感じている人」と「好きだと感じられない人」。


どちらの思考パターンなら、人生を愉しめそうと感じますか??

 

あくまでですが、「じぶんの人生を無理やり好きになりなさい。」
といった極端な感じではなく

「じぶんの人生なのに、好きになれない。」と硬直した状態では、
何回もおなじ嫌な現実を繰り返してしまうリスクがあるよね。といった話です。

 


「じぶんの事も、じぶんの人生も、それなりに好きだから」
楽に現実を変えられる地点から、

いまの現実を作り変えることが出来るとしたら、
「なんでか、よく分からないけれど、いつも、イガイガしている」
ストレスが多い思い込みから解放され


「じぶんの人生は、じぶんだから、乗り越えてこられた。」といった具合に
じぶんのベースを掴んで決断することが出来るように変わります。

 

「じぶんの事が嫌い・好きになれない」と無意識に、生きる愉しさから遠ざかる選択をしているあなたは「じぶんの好きな状態」を探っているからこそ

たったひとつしかない人生を愛し続ける為に、
ただ、じぶんを大事に扱う習慣がうまくなれば良いことを
プログラムでお伝えしていこうと考えています。

 

あなたの人生の道とは、
じぶんが「どれだけ、楽に愉しく生きている状態が続いているか?」の
道を創ることを指しています。

時間の使い方も「じぶんの事が好きだから、選択していること」と言われた時に
納得いかないものは、団砂利出来るようになります。
「なにも考えずに、集中して、人生を楽しんでいる。」状態がほんらいの在り方なのです。

「じぶんに対する不信感や納得のいかなさ」を十分経験したからこそ、
冷静にひとつの道を創り続けること・悩まずに続く状態を
経験して、楽を知ってみて下さい。

 

人生はじぶんを大事に褒める手引きに長けていたら、楽になる。

 

いま「セルフイメージを変えると、じぶんの事を好きになれる」と考えているとしたら
ストレスがある状態を軸に、選択することが無くなることで
「じぶんで、選択するちから」が、いつからでも備わっていた事に気づきます。

「じぶんを大事に褒める手引き」とは
「なんでもかんでも、じぶんの事を褒めまくるスキル」ではなく、
客観的にじぶんのことを見る事が出来るようになることで
「じぶんの事を認めると、こころがストンと腑に落ちる」感覚をじぶんで掴むことです。

 

だれかに認めてもらうことや承認してもらう事を待つのではなく
いまのじぶんも、過去のじぶんもじぶんだから、乗り越えて来られたと腑に落ちる事で

冷静に、独りでじぶんだから出来ている事があると判断出来るようになります。

「ストレス」や「イガイガ」「イライラ」も、じぶんだから認識出来る事だと理解できる事で、じぶんで自分の人生を創って行く事に愉しさを見出せるようになります。

 

セルフイメージが変わらない最大の原因は、
「じぶんで、じぶんの人生を選択している重たい価値観がある事に気づいていない」からです。

セルフイメージを変えたい動機とは
内心では「いまのじぶんのままでは、良くない事が起こり続けている…。
さきのことは分からない人生の変容を愉しめるように変わりたい。」

だと考えています。


あなたのセルフイメージが、ひとつずつ、元々あった腑に落ちる感覚に戻って行く事で
「じぶんの人生=暇を愉しんでいるよゆうが大切だ。」と理解出来るようになるのです。

 

あなたが、小さなことで他人と比較したり、イライラやストレスを抱え込んで忙しくしている間も

とっくに、叶えている人がいることを、見てもなんとも思わないで
「じぶんは、じぶんでいい感じの地点にいる。」と納得出来れば

じぶんを大事に愛する術を知っている事で、「暇が増え続ける状態」と言えます。

 

反対に、あなたが、セルフイメージが変わらない事で、
じぶんの人生の「いま」出来る事を
最大出力でやらない癖が身についていると

エナジーバンパイヤから(人間関係だけでなく、スマホの確認しすぎもおなじ)
エネルギーを取られ過ぎることを許していると言えます。

 

「いま」出来ることを、暇だから、愉しんでやっていたら悩まないし
悩んでない状態の人には勝ち目がないのです。

 

じぶんの人生をもっと愉しみたいから、悩んでいる

そして、セルフイメージが低かった状態から、じぶんに自信を持つ事が出来るように変わって行くと、じぶんの人生を愉しむ為に、生きているのに
悩む・苦しむは、変な感覚であることに気づきますよね。

 

わたしも、かつては、
じぶんの思考の中で、じぶんを必要以上に責める感覚がありました。「じぶんの人生はじぶんで、選択して生きている。」と言われても納得できない事が多かったのです。


ふと振り返った時、イライラしたり、じぶんを卑下する癖がある事に気づいたり
日常生活と仕事・プライベート全般的に、ごった返し、
良い方向に向かわなかった挫折から学んだことも、もちろんおおきいです。


いま、当たり前にある生活が、無くなった事がある人は
「イライラしたり、自己卑下をしなくて良い」ことの重要性を知っています。

 

これまで、当たり前にあると思い込んでいたものがすべて無くなった時に、
気づくことは、じぶんに対する評価や扱いが、現実生活に表面化していること
です。

 

いまの地点で、
「じぶんの為に、生きよう=じぶんの在り方を尊重しよう」が出来ていますか?

いま、この文章を読んで、いまの仕事や環境があることに欠乏感を抱いている状態では
お金は、じぶんのこころを表しているので、枯渇する一方になるはずです。

 

「我慢」「忍耐」「妥協」「体調不良」「不眠」「すぐ諦めたくなる」は
暇を伸ばしている感覚で生きることが出来れば、捉え方が変わることで楽になります。

完璧主義のように、努力に見合ったものが得られていない状態が続いているとしたら
なにか、ズレていたり、偏っているポイントを掴むタイミングだと考えています。

 

落ち込み・傷つく・落胆の概念が無くなる

また、タイムラインを移動し続けることで
過去もいまも未来も解釈を変え続けることが出来ます。
全体にとって、すべて、必要な経験だから起こったと感じるようになります。


もし、いま、あなたのこころの中が忙しなさで、
「じぶんの事がストンと好き」と言える感覚が埋もれているとしたら…。


「どんなに、がんばってもじぶんの事が好きになれない…」とイライラするようなことばかり起きているように感じているとしたら、一度、じぶんが置かれている場所について客観的にみていくことで、今のじぶんが「なにを感じたいか?」認識と経験している事がズレている事が分かると考えています。


好きな人や好きなことが「嫌なこと」に変わってしまう前に
現実生活を「いまのじぶんで、愉しめているか?」じぶんに問うてみてください。

 

「じぶんの好きなじぶんはこれだ!」とじぶんで認識する事が出来るようになる事で
余計なことに、エネルギーを使ったり、集中力が削がれることが無くなるから
納得出来る現実が増えていきます。

 

これまで、「出来ない」と思い込んでいたことに気づいたり
「どうしよう、どうしよう」と迷う事が無くなっていて
たにんに聴かずとも、安定感を掴むことが出来るのです。

 

じぶんにとって、「いい感じ」の具合が分かるようになると
外側になにか、求める必要は無くなります。じぶん自身に対する評価が変わるようになると
行動や判断に軽やかさが出てくるので、セルフイメージを変え続ける事が愉しくなっていきます。

 

セルフイメージをひとつ変えるだけでも、
恋愛・お金・仕事・人間関係・生活全般的に影響する事を考えると
すべてじぶんの努力で変えられる事に気づくはずです。

 

なので、努力したら、努力した分、じぶんに結果が返ってくることで
セルフイメージが、いまの時点で低いことに対する悩みは杞憂です。


自己肯定感が低いことや、ストレスを抱えている事に悩んでいるとしたら、
あくまで、いま悩んでいる一時的な状態である事に気づくでしょう。

じぶんが、じぶんへの評価が変わることで、周りもあなたに対する評価を変えて良い事に気づき始めます。あなたとの関わり方が変わったり、干渉してこなくなるのです。


あなた自身が、あれこれ考えすぎたり、悩みすぎることが無くなることで、まわりの人をも、楽にすることが出来るのです。

まずは、あなたがあなた自身の評価を変える事が出来ない限り、
ほかのだれかが、自発的に気づいて、あなたのこころの居心地の良さを創ってくれる訳ではありません。

「こころの居心地の良さ=幸福感」はまっすぐ選ぶだけで、犠牲は必要ないです。

 

じぶんのこころの中を落ち着いたものにする為には、あなたが気づいていないことに
気づいていくだけで、いまを愉しむスキルが元々あることを思い出せます。


じぶんの認識が変わると、周りからの認識が変わることもあります。
いまのじぶんや環境も悪く無いと気づきを得る事が出来るようになるのです。


じぶん自身が内面を変え続けることで
人生全般的に現実が変わって行く感覚は、この文章を読んでいる時点ではわからないかもしれません。

なので、「じぶんを大事に褒める手引き」プログラムで全てわかるようになります。
そのためのプログラムです。

 

このプログラムを実践すると…

“いつもイライラ・イガイガ…していました”

「こうでなければいけない…」などの思い込みが強かった結果、
安定感がなく
継続して、メンタル面が安定しているイメージを持つことが出来ていませんでした。

「じぶんを大事に褒める手引き」プログラムでは
「一般的な、自己肯定感を上げる方法」ではなく
「セルフイメージをじぶんで変え続ける事が出来ること」や
「一度、セルフイメージが変わるとじぶんの事をストンと好きになれる…」など
考えたことがない事を考えるきっかけが出来て、おもしろかったです。

「ただ、ひとり虚しくイライラ・イガイガしていて、心地よくなれない時。」
苦しいのに、無理な方向に続けようとして失敗した経験談のシェアを聴きました。

せっかく、参加したけど、現実に生かせない事が無いように、他人ごとに感じないように、
じぶんの生活で生かせる具体策をリアリティー感が出るように
たくさん出してくださっています。

コンテンツを毎日すきま時間にリピート出来ることで、むさぼるように情報を見ていたら
だんだん、捉え方が楽にかわっていきました。

つい、聞き入ってしまう内容が多かったことで
「もっと、こころに余裕があるじぶんになれること」だけ、目標にすれば、
どっちでもいい感覚を掴めた事がおおきかったです。

なかなか、気づかないことですが、いまの環境に固執しないで良いのに、つい、甘えてしまっていることも認めることで、ストンと腑に落ちるようになりました。人間関係も思い込みで、接していたから、こころが疲れやすくなっていたことに気づいて、ここから、何回でも創れるちからが身についてよかったです。

 

“じぶんの思い通りになることだけが良いとは限らない…”

「なんで、じぶんの思う通りに現実が動かないのか?」じぶんが思っている通りにならない目の前の現実に懐疑的だった。じぶんの思う通りにならない度に、焦りでいっぱいで、気づいたら状態が悪化している事が多くて「じぶんで現実を創っている」と言われても納得いかない事が多かった。

じぶんの考えている通りに物事が動かないことになれずにいるじぶんに
角度を変えて、いろんな問いをなげかけてくれる手数の多さに驚いた。

「もし、ぜんぶ願いが叶ったら…?」を望んでいない事に気づいた時には
目から鱗だった。

「じぶんを大事に褒める手引き」プログラムは、ただ、単にじぶんを褒めるのではなく
たったひとりしかいないじぶんをじぶんで大事にする方法を知らない事に気づくきっかけで

じぶんを大事にするの意味を理解できるところが良いと思った。

それに、なかなか、考える機会がなかったけれど
じぶんの想い通りになっていたら、いま考えているような結末には辿り着かなかったと考えていて
違う道を知る事も大切だと
気づけたことはおおきかった。

正直、「じぶんを大事に褒める手引き」プログラムだけでなく、人生の悩み全体的に「正解」は無いから
スキルがあるなら、「正解」を追うのではなく、「疲れることからじぶんを守ることが大事」の価値観が
わたしにとっては、採用しやすかった。

“病気や不調でも、現実を創り変えられる理由が新鮮だった”

「じぶんを大事に褒める手引き」プログラムは、じぶんの気分に左右されないやり方のひとつだと感じた。

こころの不安定が、現実生活で表面化することを理解し始めると
不調(肉体だけでなく、金銭面や人間関係も含む)の原因である
「理解できない事を理解しようとしない」事が、とても大事だと実感した。


不安から、情報をたくさん探し続けていたわたしにとって、
プログラムを始めてからたくさん、情報を見なくても安心を感じるじぶんに出会えた事が新鮮でした

情報社会によって「じぶんには、なにかが足りない。」という感覚に囚われていることに気づくと
いまのじぶんにも良い部分がある事を見つけ出す事ができました。

迷子になっていた地点から「こうしよう」「ああしよう」とじぶんの本音に出会えた気がします。

じぶんでは気づかない内に、不安を知識で埋めようとして迷走するようになって、
いまのじぶんに出来ることをするだけで
よかったのだなと、
いまは、落ち着いて考えることが出来るようになっています。


ほんとうは、「理解出来ないことを、理解しなくて良いを許可する事」が
怖かったのだなと、おおきな気づきを得ることが出来て、安定感が出てきました。

「じぶんを大事に褒めるスキル」のからくりがわからなかった方はいません

ほかにも、なかなか、「じぶんの事を好き」と口にする事がニガテだった方が
「どんな状態の時も、じぶんを好きに思っている事が、復活のきっかけになる」ことを
理解することでブレなくなったり、

「じぶんの好きなところの見直し」を行って、現実生活に落とし込むことで
スッキリされた方々もいます。

 

「じぶんを大事に褒めるスキル」とは、ぱっと見、諸刃の剣のように感じて、
メンタルの管理やマインド系の話がニガテな人にとって、
「今回も、継続できないのでは?」と感じるかもしれません。

しかし、じぶんの生活を創っているのは、
じぶんである事を考えると、誰よりも、自信を持って、じぶんの事が好きな状態
一見すると問題自体を直接解決しないように思えるかもしれませんが、

「単なる、課題だった。」とそんな感覚に気づくように変わっていきます。

たにんの悩みを理解する必要が無くなるがわかる

 

じぶんに合う「じぶんを大事に褒める手引き」がわかれば、
人生、すべて、じぶんを褒める為に起こっていると捉えると
「じぶんを好きになる余裕」か、
「ストンと、腑に落ちる」を起点とした判断か、で選択肢を変えることができます。

 

じぶんの事が嫌いだった地点から、

「稼ぐことメイン」ではなく「暇の創り方」から選択すると
「暇の使い方」に優劣がないことで、
お金を創ることへの抵抗が減って、じぶんが出来ることに愉しさを覚えます。


プログラムでは、じぶんのペースに合わせて進めることが出来るので
いま、この場から、行動の選択を変えている実感を持つ事が出来るようになります。

「お金の為に、忙しい」の口癖が無くなって、
「無」の状態で生活出来るようになると仕事以外の私生活の悩みも整いますよ。

一度、「暇を伸ばす」価値観を身につける事が出来れば、元のじぶんに戻りたく無くなるような、「価値観」を採用し続けるだけ。

また、「暇を創る」価値観を理解する為のワークも用意しているので、
ぜひ、活用してください。

何気なく使っていた「お金」や「時間」。
そして、当たり前にあると思っていた「人間関係」や「仕事」。

「何気なく」「当たり前」によって現実を創っているとしたら
小さく選択を変えることで、これまでと違うお金を創り続けるじぶんに会うことが出来るようになります。

「じぶんを大切にする」の意味を理解できるようになります。

 

「じぶんを大事に褒める手引き」から得られることは…

・「じぶんを大事に褒める手引き=あなたの本質に合ったセルフイメージ」を思い出すと「自由」と「安定感」を現実生活を通して体感出来るようになる

・じぶんを大事に褒める手引きとは、じぶんの本来のセルフイメージを思い出し続けることだと分かると、思考の使い方が本来のあなたと違っていただけと理解できる

・じぶんをいつも大事に褒める「こころのゆとり」から創ることで、本来持っているちからを発揮出来る

・こころの中で、じぶんを否定したり、卑下する際限ない疲れから、情報の見過ぎで、迷走したり、奔走してしまうことが無くなる

・じぶんを大事に褒める手引きを掴むことで
幸福を感じられない時が減っていまのじぶんだから、好きになれるポイントを見つける事ができる

・無理のない「自分のベストな状態」を発揮し続けることができる。

・幼少期からおとなにかけて、「じぶんのことをフラットに好き」だと感じた事がなかった人にとって、結果や周囲の環境関係なく、じぶんの事を好きでい続けて良いフラットな感覚を掴む事が出来る

・幼少期からこれまでにかけて満たされなかった「じぶんの事を純粋に好き」でい続ける感覚を現実的に叶えられる

・「じぶんの事を褒めること」に対して、「こんなじぶんなんて…」と卑下する感覚が無くなる

・「せっかくわたしが〇〇してあげたのに、また、じぶんにとって不都合なことが起きている…」じぶんにとってデメリットなことが無くなっていく

たにんとの生活を比較せずに生きることが出来る

・「やってみたいこと」や「興味」が沢山あることで、お金がたくさん欲しいと考えるクセから、いまの段階から緩やかに叶え続ける方法

・じぶんの中で、モヤモヤした感情が起こる度に、強い怒りを感じる事が無くなる

・「なんとなくまた、イライラ・イガイガする」・「気づいたら、ブツブツ文句を言う」癖が無くなる

・「じぶんの事が好きになれないことで、自信を無くす状態」が無くなる生き方に変わる

・ストレスやプレッシャー(未来の不安)からではなく、いまじぶんが好きなじぶんを選択する

・じぶんの事を大事に出来ていない事で、小心者・臆病者・こわがり・焦りやすい性質の人は、未来の妄想を止めよう

・「じぶんが好きか、嫌いか」の差が現実生活で、起こる悪いことと関係しているとしたら…

・「セルフイメージが高い・低い」ではなく、「セルフイメージは変容し続けるもの」

・「セルフイメージが低すぎる」とつらい現実を何度も繰り返す理由

・無意識にじぶんでじぶんの事を卑下する口癖が無くなる方法

・たにんの愚痴やひどい事をこころの中で呟く習慣が無くなる仕組み

・つい「がんばる」「大丈夫」「これで最後」と言ってしまう癖を卒業する方法

・集中力が無く、物事が整理できない時、「考え過ぎる」事を辞める方法

・過去のトラウマから、たにんのせいにしてしまう癖を修正する方法

・こころの中で葛藤する時の浄化方法を知る

・思い込みが激しいことで、損する事が無くなる

・過去の思い込みを元に、未来の選択をしたり、不安に思い過ぎる事をを辞めて、
楽に捉える方法

・「じぶんの人生、じぶんで動かさないと客観的にみて危ない!」に変わる方法

・じぶんで、重たい固定観念を取り外す事が出来る様に変わる

・独りでいる時に、いろんな愚痴で溢れていたものが、穏やかになる

・ショックな出来事の乗り越え方が分かる

・生きている=肉体で体験出来ることを、他者と共有している感覚を掴む事が出来る

・じぶんに出来ている事を見直す事でたにんと比較したり競争せずに済む

・不安や焦りから、こころの中が、イライラしていた状態から解放される

・嫌なことがあるとすぐ、傷つきやすい性格に気づいて、柔軟な性格に変わる

・じぶんの事を「好き」と言えた方が、精神的に楽になる状態を体感できる

・「あなただけが感じていること」を大事にする事が出来る

・こころの余裕があった方が、生活の見え方が楽になる事が実感できる

・散々じぶんの悪いところを調べるだけ調べて、現実生活が変わらない事を終わりにする

・「世界で、たったひとりしかいないじぶんの事を好きになる」の意味が俯瞰できるようになる

・「やりたいことが思い浮かばないこと」に対する不安がクリアになる

・なんでもかんでも、じぶんが我慢や忍耐していたら良い訳ではない事に気づく

・恵まれていない面ばかり探していた地点からおなじことを考え過ぎなくなる

・過去の失敗を引きずり過ぎて、すぐ諦めてしまう癖を無くす方法

・「事実」として起こっている事をじぶんごととして受け止められるようになる

・深く「愛する」「愛される」を理解できるようになる

・「欲しい」ものが分からない時、「欲しいもの探し」を辞めて楽に生きる

・「我慢」「忍耐強さ」で継続する事を手放せるようになる

・「過去◯◯だったから…」と過去の事を持ち出すことなくいまを生きるようになる

・「じぶんには出来ない」から「やる動機」を見つけ出せる方法

・じぶんが失敗しやすいこころのパターンが分かるようになる話

・「批判や否定されたように感じていること」が実は、そうではなかった事に気づく

・じぶんが「愛されていること」や「愛されていたこと」に気づくようになる

・じぶん自身を否定や卑下されている訳ではない事を理解出来るようになる

・「知らないこと」に対して、恥だと感じたり、焦ったりしなくなる

・選択肢がいっぱいある事を思い出す

・「出来ないこと」や「本音は辞めたいこと」を辞める事が出来る

・たにんに言われるほど、出来損ない・頭が悪い訳ではない事に気づく

・じぶんが思っているほど、孤独ではない事に気づく

・じぶんで、じぶんに対する許可を増やすと幸福になれることに気づいた

・じぶんも主張した方が、周りの人と関係がうまくいく事に気づいた

・じぶんに対する認識がいちばん変わったことで、ひととの壁が無くなった

・やりたいと思っていた事を行動に移すまでにハードルが無くなった

・じぶんでじぶんを大切にする力を持っていた事に気づいた

・苦手に感じていたことがいつの間にか、しぜんに出来る様に変わった

・考え過ぎて、「たくさん必要・たくさん無いと心配」を無くす方法

・こころの声が、「やりたくないこと・出来ないこと・雑念」に埋もれなくなる

・こころの声が「出来ない」・「どうしたら良いかわからない」時、しなくて良い感覚を掴める

・ぜんぶのことを理解しようとしなくても、だいじょうぶな事に気づく

・感謝しようとしなくても、こころが潤っている

・思い込んだり、思い詰めたりする癖が無くなる

・じぶんとおなじ感覚の人と出会っている事に気づくようになる

 

 です。

 

これまで情報発信・アフィリエイト・ビジネス・コンサル・カウンセラーなどの相談に乗ってきました。その中から、「欲しい」と感じる状態をたくさん書いてみました。

 

セルフイメージを変え続けることは
たくさんの「気づき」や「自己成長」などの変化を得ることが出来ます。

 

あなたがプログラムを通して、どんなビジョンを持ちたいか?体験してみて下さい。

 

ビジョンの持ち方が「低いセルフイメージ」が次第に、変わり続けることで
「やりたくない」状態を断ることが出来るようになりスッキリすると考えています。

じぶんを大事に褒める手引き4つのステージ内容

各ステージは200分間程度のコンテンツとなっています。

200分間程度のコンテンツでやる内容は、

  • 「じぶんを大事に褒める手引き【セルフイメージメイクアップスキル】」
  • メイクアップ!

の2部構成になります。

「じぶんを大事に褒める手引き【セルフイメージリメイクスキル】」とは?

じぶんを大事に褒める手引きについて、
これまでは、「じぶんの事が嫌いだ」と捉えていたところを、発想を逆転させて、
「いつも、じぶんの事がフラットに好きなゆとりが続いている状態」にシフトしてもらいます。

日常生活の中で、「暇を増やす」意識を持ち始めると
これまでは「出来ない・むずかしい」と感じていたことも「問題(重たい)」ではなく
乗り越えられる「課題(かんたん)」として起こっていた事に気づくと考えています。

いまの地点から、「暇の使い方」がじぶんに合っているか?見直すだけでも
「たくさん、いっぱい欲しい」から「我慢や忍耐のない世界線で、必要分欲しい」を
明確にすることが出来るようになります。

「メイクアップ!」とは?

各プログラムを進行しながら、
「メイクアップ!」と関連の追加コンテンツも活用してください。

それぞれのテーマに沿って、必要なコンテンツをまとめているので
じっさいに、実生活で活かし、じぶんが変わったことを体感してみて下さい。

 

〈ステップ1〉セルフイメージが下がる原因を特定する

「じぶんを大事に褒める手引き」を活用して原因を特定することで
セルフイメージが軽い価値観に変わるととしぜんと日常生活の口癖が変わります。


一度、セルフイメージが変わると、一生ものの財産になるので
ダイエットのようにメンタル面でリバウンドすることは無くなります。


そこで、長期的に、財産になるセルフイメージの創り方を経験する事で
「イライラやイガイガする生活」から脱出して
「暇な時間を増やす」に書き換えを行います。

じぶんの本来の姿に合った「じぶんを大事に褒める手引き」を知る事が出来れば、
こころの余裕を創り続けることで、精神的な自由を増やす事が出来ます。

このステージでは、「じぶんを大事に褒める手引き」ではないことを体感し
「暇な時間によって、お金が創られる」ことを理解してもらいます。

セルフイメージが下がる原因を特定する

  1. 「こんなじぶんなんて」と卑下する感覚が無くなる方法
  2. ころの中で、じぶんを否定したり、卑下する際限ない疲れから解放される
  3. 「また、じぶんにとって不都合なことが起きている」じぶんにとってデメリットなことが無くなっていく
  4. 不安や焦りから、こころの中が、イライラしていた状態から解放される
  5. 過去のトラウマから、たにんのせいにしてしまう癖を修正する方法
  6. 「過去◯◯だったから」と過去の事を持ち出すことが無くなる方法
  7. 過去の失敗を引きずり過ぎて、すぐ諦めてしまう癖を無くす方法
  8. 情報の見過ぎで、迷走したり、奔走してしまうことが無くなる方法

メイクアップ!

  1. じぶんで、重たい固定観念を取り外す事が出来る様に変わる方法
  2. じぶんの事を好きでい続けて良いフラットな感覚を掴む事が出来る
  3. 「じぶんの事を純粋に好き」でい続ける感覚を現実的に叶えられる
  4. こころの余裕があった方が、生活の見え方が楽になる事が実感できる方法

 

ステージ1〉セルフイメージが下がる原因の特定参加申し込みはこちら

〈ステップ2〉セルフイメージが下がる原因を観察する

「じぶんを大事に褒める手引き」を活用して原因を特定した後、
日常生活で、意識してもらうことで、どのように起動修正するか?掴んでもらいます。

セルフイメージ低下の原因を観察する

 

  1. 独りでいる時に、いろんな愚痴で溢れていたものが、穏やかになる方法
  2. じぶんの中で、モヤモヤした感情が起こる度に、強い怒りを感じる事が無くなる
  3. 無意識にじぶんでじぶんの事を卑下する口癖が無くなる方法
  4. たにんの愚痴やひどい事をこころの中で呟く習慣が無くなる仕組み
  5. 「なんとなくまた、イライラ・イガイガする」・「気づいたら、ブツブツ文句を言う」癖が無くなる
  6. つい「がんばる」「大丈夫」「これで最後」と言ってしまう癖を卒業する方法
  7. なんでもかんでも、じぶんが我慢や忍耐していたら良い訳ではない事に気づく
  8. 思い込みが激しいことで、損する事が無くなる方法
  9. たにんとの生活を比較せずに生きることが出来る方法

 

メイクアップ!

 

〈ステージ2〉 セルフイメージが下がる原因を発見申し込みはこちら

〈ステップ3〉セルフイメージが変わり続ける状態を掴む

セルフイメージがじっさいに変わって行く様子を掴むことで
じぶんのこころが落ち着いたり、ストンと前向きになれる状態を経験してもらいます。
また、期間中に見つからなかった、セルフイメージが下がる要因も
じぶんで起動修正出来るように、大丈夫な状態を創り出します。

セルフイメージが変わり続ける状態を掴む

 

  1. じぶんの事が好きになれないことで、自信を無くす状態」が無くなる方法
  2. いまのじぶんだから、好きになれるポイントを見つける事ができる方法
  3. いまのじぶんが好きなじぶんを選択する方法
  4. じぶんが好きか、嫌いか」の差が現実生活で、起こる悪いことと関係している
  5. こころの中で葛藤する時の浄化方法
  6. 「こころのゆとり」から創ることで、本来持っているちからを発揮する方法
  7. じぶんの本来のセルフイメージを思い出し続ける方法
  8. ストレスやプレッシャー(未来の不安)から選択する事を辞める
  9. 未来の不安な妄想を止める方法

メイクアップ!

  1. ショックな出来事の乗り越え方が分かる方法
  2. 幸福を感じられない時が減る方法
  3. じぶんに出来ている事を見直す事でたにんと比較したり競争せずに済む
  4. 「時間がないから出来ない」を「時間がある落ち着き」に変える方法

おまけ:何度も同じ現実を見た時に、その現実を変える思考のコツ!

 

〈ステップ3〉セルフイメージを変え続ける方法参加申し込みはこちら

 

〈ステップ4〉 新しいセルフイメージを創り続ける

セルフイメージを変え続けるだけでなく
欲しいと思ったセルフイメージを取り入れ続ける事も行なってもらいます。

また、期間中に見つからなかった、セルフイメージを創り続ける方法も
じぶんで起動修正出来るように、大丈夫な状態を創り出します。

新しいセルフイメージを創り続ける

 

  1. 「セルフイメージが低すぎる」とつらい現実を何度も繰り返す理由
  2. 「セルフイメージは変容し続けるもの」
  3. 「あなただけが感じていること」を大事にする事が出来る方法
  4. 世界で、たったひとりしかいないじぶんの事を好きになる方法
  5. 「我慢」「忍耐強さ」で継続する事を手放せるようになる方法
  6. 恵まれていない面ばかり探していた地点からおなじことを考え過ぎなくなる方法
  7. 「じぶんの人生、じぶんで動かさないと客観的にみて危ない!」に変わる方法
  8. 現実生活が変わらない事を終わりにする方法
  9. 「じぶんには出来ない」から「やる動機」を見つけ出せる方法
  10. 「やりたいことが思い浮かばないこと」に対する不安がクリアになる方法

メイクアップ!

 

  1. おなじように提供しているはずなのに、「じぶんだけ成果が出ない…」を無くす方法
  2. ほんとうに良い商品があったとしたら、お金が無い世界線を作れる話
  3. じぶんが過去に購入した商品で怒りを感じたものを再利用する方法
  4. 深く「愛する」「愛される」を理解できるようになる方法
  5. 「欲しいもの探し」を辞めて楽に生きる方法

 

〈ステップ4〉 新しいセルフイメージの創り方加申し込みはこちら

 

〈追加特典1〉各コンテンツに関する質問ラインサポート

各ステージのコンテンツに関する質問はライン@にて対応致します。

〈追加特典2〉代理店権限プレゼント

「My Vision・人生を暇にするメソッド」は代理店権限をプレゼントしています。

・ステップ1・ステップ2・ステップ3→それぞれ2万円キャッシュバック。

・ステップ1〜4のおまとめ→8万円キャッシュバック。

①紹介者に紹介者名を記載するようにお伝えください。紹介者名がない場合、報酬のお支払いは致しかねます。

②ゆかもんに報酬の支払いが出来る口座をお伝えください。

③毎月5日に、前月の総計額お支払い致します。

 

 

■提供方法■

①お申し込み後、会員様限定サイトをメールマガジンにて送りいたします。

すべて、コンテンツ動画・わかりやすい文章で対応しております。

 

■かんたん参加方法①■

①参加費の支払い方法 ②お名前 ③メールアドレス ④紹介者がいる場合の記載 を
記載する。さいごに⑤確認する を選択し、参加申し込みが完了すると
各コンテンツが入っている会員専用サイトをメールアドレスにお送りいたします。

コンサル付きコースは、お申し込み日の翌日から、スタートとなります。

ステージ1~4おまとめ申し込みプラン

300,000円(税込)

210,000円(税込)

ステージ1~3おまとめ申し込みプランの参加はこちら

※ ステージは、前回のコンテンツを視聴している程で進んでいきます。※

1ステップずつ申し込みプラン

〈ステップ1〉セルフイメージが下がる原因を特定する

100,000円(税込)

89,000円(税込)

ステージ1〉の参加申し込みはこちら

 

〈ステップ2〉セルフイメージが下がる原因を観察する

100,000円(税込)

89,000円(税込)

〈ステージ2〉の参加申し込みはこちら

 

〈ステップ3〉セルフイメージが変わり続ける状態を掴む

100,000円(税込)

89,000円(税込)

〈ステップ3〉の参加申し込みはこちら

 

〈ステップ4〉新しいセルフイメージを創り続ける

100,000円(税込)

89,000円(税込)

〈ステップ4〉の参加申し込みはこちら

※1 ステップは、1から順に進めることをおすすめします。

ステップ1~4おまとめプラス3ヶ月コンサル付き申し込みプラン

こちらのコース限定で、半年間、ライン@(希望があれば、メール可)で半年間、24時間、いつでも質問可能なコンサルを行なっています。長く関係を築きたい方のみ、コンサルさせていただきますので、選考があります。

500,000円(税込)

330,000円(税込)

ステップ1~3おまとめプラス3ヶ月コンサル付き申し込みプラン

ステップ1~4おまとめプラス半年コンサル付き申し込みプラン

こちらのコース限定で、半年間、ライン@(希望があれば、メール可)で半年間、24時間、いつでも質問可能なコンサルを行なっています。長く関係を築きたい方のみ、コンサルさせていただきますので、選考があります。

 

750,000円(税込)

500,000円(税込)

ステップ1~3おまとめプラス半年コンサル付き申し込みプラン

 

※1 お支払い方法は、銀行振込 ・ペイパル(paypal)です。

※2 キャンセル料金は、ご入金後100%いただきます。

※3  SNSやネットの基本的な扱い方などネットで調べたら分かる内容はお答え致しかねます。

※4 コンテンツ・コンサルの価格は、参加人数により、、予告なく、値上げすることがございます。 あらかじめご了承ください。

※5 コンサル付きコースは、お申し込み日の翌日から、スタートとなります。

 

「じぶんを大事に褒める手引き」を通して、
セルフイメージが常に変容していくことを経験していくことで
情報を読まずとも、現実的にじぶんのこころがスッキリ腑に落ちる感覚が起こることが
増えて行く過程が伝わればと考えています。

 

あなたが、ほんとうに、セルフイメージを変え続けるだけで
元々、「もう、すでに持っていたこと」や
「じぶんに対する見方が変わって行く」としたら…

じぶんにお金や時間を使うことで
「当たり前」に認識していた基準を変えるだけで、
叶えるちからを持っている事を忘れているだけだとしたら…

プログラムに参加されたら、
子どもの頃のように、「いまのじぶんが200%最高の感覚」を手に入れてくださいね。

そして、一緒に素敵な時間を創っていきましょう!!

「セルフイメージ」が重たい価値観から
「いまのじぶんも過去のじぶんもだいじょうぶだから、
居心地が良い価値観の人と過ごす」にシフトすると

あなたにとって、必要な経験をすることが出来ます。

「セルフイメージが低いことで、イライラすること」も、
「セルフイメージが変わり続けることで、じぶんに合う現実を創り続けること」も

どちらも、じぶんで選択出来るからこそ、
楽な価値観を知ることが大切だとなにかに失敗したことがある方には伝わると考えています。

生きている限り、死ぬまでの時間に限りがあることは変わらないので
じぶん自身の事をどんな風に捉えて楽に生活するか、は、
じぶんでじゆうに選ぶ事が出来ます。

 

じぶんのこころの為に時間を創ることで
成長しているのではなく、元々、あった感覚に戻って行くことで
イライラストレスがある生活には、戻りたく無くなるかもしれませんね。

 

あなたの 「じぶんを大事に褒める手引き」 創りましょう!

p.s

クライアントさんの他に毎日20人くらいの方からメッセージをいただくので、
コンテンツに関するご質問、ご感想以外はお返事できていない状態です。
よろしくお願いします🙇‍♀️