FX・バイナリー・仮想通貨

【FX攻略】通貨の強弱を利用して裁量トレードで稼ぐ方法

 

裁量トレードをする際に、通貨の強弱は意識していますか?

通貨の強弱を意識してトレードをすると、
今まで見えてなかったチャートの動きが把握できるようになるかもしれません。

今回は、通貨の強弱が一発で見れるサイトも紹介しているので
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

通貨の強弱を利用して裁量トレードで稼ぐ

FXで裁量トレードをしている方は数多くいると思いますが、
「なかなか勝てない」「利益が出ても、博打感が抜けない」
「少しずつ増えるけど、一回の損切りでもとに戻る」こういった方いますよね。

目の前のチャートだけで勝負するのもありですが、
もう少し全体の通貨の状況を見るとよりトレードが安定することがあります。

利益が出ている時に、
「予想通り」利益が出ている状況を多く作ることで利益は増えていきます。

通貨の強弱とは

まず、通貨の強弱とは「どの通貨が買われていて」
「どの通貨が売られているか」のことを指します。

これは複数の通貨ペアを総合して考えないとすぐには把握できません。

「USD/JPYが上がっている」という場合に、
「USDが買われている」傾向にあるのか
「JPYが売られている」傾向にあるのかがわからないからです。

通貨ペアとは

通貨の強弱の話をする前に通貨ペアについておさらいしておきましょう。

通貨ペアとは「USD/JPY」のように、
「通貨/通貨」で記載されているもので、それぞれの国の通貨が表記されています。

例えば、「USD/JPY」であれば、ドルと日本円です。

このドルと日本円に対して、
1ドル何円のようにレートが決まっていて、これがチャートで表示されています。

このように、通貨の交換をする際のレートを表したものが
チャートだと考えてください。(実際にはスプレッドが載りますが)

通貨ペアの例

通貨ペアと「買」「売」についてもおさらいしておきましょう。

「USD/JPY」で「買(buy)」に入れた時、
どちらの通貨を買うことになるのでしょうか?

答えは、USDです。

通貨ペアの前にある方を「買う」ということですね。
この時同時にJPYは売られています。

USD/JPYで「買」 → USDを買って、JPYを売る

USD/JPYで「売」 → USDを売って、JPYを買う

このようになります。

どちらかを買って、どちらかを売るということですね。

通貨ペアから分かる通貨の強弱の例

上記のように、通貨ペアと「買」「売」の関係が分かってくると、
チャートを全部の通貨を考えつつ見れるようになってきます。

通貨の強弱では、「強い通貨=買われている通貨」
「弱い通貨=売られている通貨」と呼びます。

では強い通貨はどのようにしたら見つけられるでしょうか。

例えば、「AUD/USD」「AUD/NZD」「AUD/JPY」と
豪ドルに関係する3つの通貨ペア、全てでチャートが上昇していたとします。

この時の状況は

AUD/USDでチャートが上昇 → AUD/USDで「買」が入っている → AUDが買われている

AUD/NZDでチャートが上昇 → AUD/NZDで「買」が入っている → AUDが買われている

AUD/JPYでチャートが上昇 → AUD/JPYで「買」が入っている → AUDが買われている

ということがわかります。

つまり、この時AUDは強い通貨ということになります。

一方で「AUD/USD」でチャートが下降し、
「USD/JPY」でチャートが上昇してたとするとどうなるでしょうか?

AUD/USDでチャートが下降 → AUD/USDで「売」が入っている → USDが買われている

USD/JPYでチャートが上昇 → USD/JPYで「買」が入っている → USDが買われている

この場合はUSDが強い通貨ということになりますね。

このように、通貨ペアの表示が逆のものもあるので、慣れるまでは大変かもしれません。

 

通貨の強弱は、どれかが強くてどれかが弱いという感じではなく、
強い通貨の中にも強さがあり、弱い通貨の中にも弱さがあります。

もちろん、ファンダメンタルズなどの影響で
一時的に強い通貨が出てくることもあります。

 

この通貨の強弱を可視化していくとこのようになります。

この画像の右の方だと、GBPが強くてEURが弱いですね。間にも様々通貨があります。

通貨の強弱を利用したトレード例

例えば、上の画像の状態でトレードするのであれば、
「EUR/GBP」の通貨ペアで「売」を入れると通貨の強弱が利用しやすいです。

GBPが強い状態なので買われやすいですし、
EURが弱い状態なので売られやすいからです。

ただし、もちろんその時の相場やファンダメンタルズの影響、
通貨自体の影響(GBPはチャートが乱高下しやすいなど)を受けるので、

通貨の強弱だけで機械的にトレードするのは辞めましょう。

通貨の強弱がひと目でわかるサイト

こんなふうに通貨の強弱がひと目で分かると便利ですよね。

いろんな通貨ペアを行き来しなくても、ぱっと見ることが出来れば
それで強い通貨と弱い通貨を把握することができるので。

そんなサイトが「Currency Strength Chart」です。

データは昨日と今日のみだけですが、それでも一目でわかれば十分です。

むしろ、長期トレードをする場合は通貨の強弱を利用しないことが多いので、
1日分のデータがあれば十分ですね。

通貨の強弱を使ったトレードまとめ

通貨の強弱を使うと、今まで分からなかった
「一気に売られる」状況や「買われる」状況を見抜くことができます。

たまにTwitterなどで見かける
「GBP/USDが売られているからGBP/JPYにショート入れよう」なども
同じロジックで動いています。

裁量トレードで頑張っている方は、欠かさず勉強していきましょう!

出金する際に、1万円程軍資金がいる以外は、