FX・バイナリー・仮想通貨

GEMFOREXの追加口座の作り方を解説!メリットとデメリット・注意点も紹介

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、
追加口座がめちゃくちゃ簡単に作れるって知っていましたか?

実際に試してみましたが、申請まで5分とかかりません。
この記事の中でも画像つきで解説しています。

追加口座を使うと、ノースプレッド口座との使い分けもできますし、
自動売買EAなどの管理も簡単になります。
また、ハイレバトレードもしやすくなるので上手く活用していきたいですね。

もちろん注意点もあるので、メリットやデメリットなどとともに紹介していきます!

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追加口座の作り方を解説!

 

まず、GEMFOREXの追加口座の作り方を紹介します。
かなり簡単で5分もかからずに終わります。

マイページにログインして、「追加口座お申込み」をクリックします。

すると、自分の口座一覧のページに飛ぶと思うので、
そのページに記載されている「追加口座のお申し込み」から口座タイプを選択します。

口座タイプをクリックすると、
早速「追加口座の申込を送信します。よろしいですか?」と出るので、OKを押します。

これで追加口座の申請は完了です。超簡単ですよね。

追加口座の作り方が分かってもすぐに追加せず、
この記事で紹介している注意点を読むようにしてください。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追加口座のメリット

すべてのFX会社においてそうですが、
以下のようにお金の管理をしたい人には追加口座はかなり向いています。

追加口座を作ったほうがいいパターン
  1. ノースプレッド口座とオールインワン口座を利用したい
  2. 自動売買EA・ミラートレード・MAM・裁量を分けて管理したい
  3. ハイレバレッジを利用したトレードをしたい
  4. GEMFOREX内にお金の保管場所を置いておきたい
  5. 個人・法人など別々でお金を管理したい

それぞれについて、追加口座のメリットを解説していきます。

1.ノースプレッド口座とオールインワン口座を利用したい

まず、GEMFOREXで紹介されているノースプレッド口座を利用したい場合です。

オールインワン口座とノースプレッド口座の両方を作ることで、
ボーナスなどはオールインワン口座の方で受け取り、
自動売買などを利用することが出来ます。

一方で裁量トレードはノースプレッド口座で行っていけば、
狭いスプレッドを上手く利用できます。

注意点は、ノースプレッド口座はボーナスが適用されないので、
よく考えずに資金移動しないことです。
ボーナス分がノースプレッド口座に移った場合、そのボーナスは消滅します。

ちなみに、「裁量トレードをしたい」「お金は30万円以上ある」という方は
ノースプレッド口座がおすすめです。

ノースプレッド口座に関しては、
こちらの記事「【FX業界最狭スプレッド】GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座の評判・メリット・デメリットのまとめ」で詳しく説明しています。

2.自動売買EA・ミラートレード・MAM・裁量を分けて管理したい

他には、自動売買EAやミラートレード・MAM、裁量トレードなどを
分けて管理したい場合です。

特にEAなどは検証したい時期があると思うのですが、
検証で利用している時に取っておきたい資金まで損失が食い込んだりしたら大変です。

そのため、EAなどを動かす用の口座を分けておき、資金を一部だけ入れておきます。
すると、損失が出ても一部で住むので安心です。

一つの口座でいろんなトレード手法が動いていたらカオスですからね。
EAマニアみたいな方にはおすすめです。

3.ハイレバレッジを利用したトレードをしたい

GEMFOREXおよび海外FX会社の場合は、
ハイレバレッジが利用できる点がいいところですよね。

ただ、そのハイレバレッジでのトレードをひとつの口座だけで行おうとすると、
資金がすべて溶ける(損失で消える)リスクがあります。

そこで、ハイレバレッジトレードをする場合は、
一部の資金を別口座にうつしてそこでトレードをするのがおすすめです。

仮に損失になって資金がマイナスになってしまっても、
GEMFOREXのゼロカットシステムによって損失は補填してもらえます。

これによって、本来の口座の資金を守ることが出来ます。

4.GEMFOREX内にお金の保管場所を置いておきたい

上の理由に似ていますが、
GEMFOREX内に「トレードはしないけど、お金を管理するだけの口座が欲しい」
という場合がありますよね。

EAの動いている口座から、
一部の資金を安全な場所に退避させたいといった時にこの口座が役に立ちます。

そのたびに出金していると出金手数料がかかりますが、
資金移動であれば手数料がかかりませんし、何よりスムーズです。

こういう口座をひとつ作っておいてもいいかもしれませんね。

5.個人・法人など別々でお金を管理したい

他には、自分の中でお金の出どころを分けておきたい場合です。

GEMFOREXなどでも法人口座を開けるのはなかなか大変(資料の準備が必要)なので、
個人口座でそのまま使っている人もいると思います。

その場合、個人のお金と法人のお金がごちゃごちゃになりますよね。

追加口座を使えば、その管理ができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の追加口座のデメリット・注意点

 

一方で追加口座にはデメリットもあります。

特に両建てなどは、気づかずにやってしまう場合もあるので、
トレード手法が危ないなと感じたらチェックするようにしてください。

  1. 使っていない口座の維持手数料がかかる
  2. 口座間の資金移動ではボーナスも移動する
  3. ノースプレッド口座にはボーナスが適用されない
  4. 複数口座間での両建ては禁止
  5. 追加口座では口座開設ボーナスはない

重要度順に並べてみたので、これからそれぞれ詳細を記載していきます。

1.使っていない口座の維持手数料がかかる

まず、3ヶ月間利用されていない口座は、口座の維持手数料として1,500円かかります。

1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の時点において3ヶ月間(90日間)全くトレードをしていないライブ口座に対して15ドル(1,500円)の口座維持費が掛かります。ただし、口座に残高が無い場合は維持費は引かれません。 (GEMFOREX公式サイト)

公式サイトに記載されている通り、
トレードをされていなければ口座維持手数料がかかるので気をつけましょう。

2.口座間の資金移動ではボーナスも移動する

資金移動を利用して別口座にお金を移動させると、同じ割合のボーナスも移動します。

ボーナスだけGETするための口座などを作っても、
資金移動した場合にはボーナスも移動してしまうので気をつけましょう。

例)

合計証拠金:12万円 (口座残高:10万円 ボーナス:2万円)

この口座から、口座残高を5万円移動させると

合計証拠金:6万円 (口座残高:5万円 ボーナス:1万円)

の口座が2つできることになります。(残高の半分移動したので、ボーナスも半分移動した)

次に説明する、ノースプレッド口座が絡んでくるとミスが起こりがちです。

3.ノースプレッド口座にはボーナスが適用されない

ノースプレッド口座にはボーナスが適用されません。

ノースプレッド口座はスプレッドがかなり狭くて、
裁量トレードをやる分にはかなりいい口座ですが、
その代わりにボーナスや自動売買などが利用できないのが特徴です。

資金移動を利用して、ボーナス分がノースプレッド口座に移動してしまった場合、
即座にそのボーナス分は消滅するので気をつけましょう。

4.複数口座間での両建ては禁止

GEMFOREXでは、複数口座間での両建ては規約で禁止されています。

細かくはこちらの「【FX】GEMFOREXの両建ては規約違反で禁止?出金停止・口座凍結のリスクは?両建てする方法を解説」で紹介していますが、最悪口座凍結の恐れがあります。

複数口座間で両建てが出来てしまうとは、
GEMFOREXのゼロカットシステムを悪用できてしまうので注意したいですね。

低額で動かしている方はあまり問題にならないかもしれませんが、
そこそこのlot数をEAなどを用いて運用している場合、
気づかずに両建てしてしまうことがあります。

EAなどを利用していなくても、裁量トレードをする口座を複数持っていると、
どうしても扱う通貨が似通ってしまうので、
気づかずに両建てしてしまっているときがあります。

日を跨いでトレードをする人などは、
全てのポジションを覚えているわけではないと思うので気をつけましょう。

いっそのこと、トレードする通貨を口座ごとに分けてもいいと思います。

5.追加口座では口座開設ボーナスはない

追加口座では、口座開設ボーナスはもらえません。

口座開設ボーナスは本人確認時に適応されることから分かるように、
1人1回ということですね。

GEMFOREXの追加口座のまとめ

GEMFOREXの追加口座は作るのが簡単なので、
どんどん作ってしまいそうですがしっかり注意点を読んでから作るようにしましょう。

特に、ノースプレッド口座を作る場合はボーナスの扱いに気をつけてください。

そこだけ気をつけていれば、
ノースプレッド口座とオールインワン口座の両方を使い分けれるかなりいい仕組みです。

GEMFOREXでどうやって口座を管理しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。