FX・バイナリー・仮想通貨

【両建てやり方】FXGEMFOREXの出金停止・口座凍結のリスクは?両建ては規約違反で禁止?


GEMFOREXの両建ては、やり方を間違えると規約違反になって

出金できなくなるかもしれないって知ってましたか?

今回の記事では、GEMFOREXで
両建てはできるのかどうか、出金できなくなるのはどういうときかについて
解説していきます。

GEMFOREXで両建てトレードはできる?

GEMFOREXでの両建てトレードですが、結論から言うと可能です。

ただし、単一口座(ひとつの口座)で行うことに限ります。

これは規約で定められたもので、破ってしまうと
最悪「出金できない」という事態になります。

FX会社で出金できないということは
「そのお金は二度と戻ってこない」ということを指しています。

FX会社の定めたルールですので
しっかり確認した上で両建てトレードを行いましょう。

GEMFOREXの単一口座なら可能

まず、先程も説明したように
単一口座であれば両建てトレードは可能です。

単一口座とは、ひとつの口座のことです。

GEMFOREXでは1つのアカウントで複数口座を持つことが出来ますが、
その中でも特定の口座で売買の両方を行うのであれば問題ないということです。

GEMFOREXの複数口座間で行うと規約違反

しかし、GEMFOREX内の複数口座間で両建てを行うと規約違反になります。

例えば、Aという口座ではEUR/JPYを「買」に入れて、
Bという口座でEUR/JPYを「売」に入れるという行為です。

これは、利用規約で明確に禁止されています。理由は後述しますね。

他FX会社の口座間との両建ても規約違反

複数口座間での両建てが禁止なのは、他業者をまたいでも同じです。

他業者とまたいで両建てをしていることが判明した場合、
規約違反が適用される可能性があります。

これも、GEMFOREX内の複数口座間で両建てができない理由と同様です。

GEMFOREXでの両建てが規約違反になる理由はゼロカットシステム

GEMFOREXの複数口座間で両建てができない理由は、
「ゼロカットシステム」によるものです。

海外FX会社などだと、トレード初心者に優しい仕組みとして
「ゼロカットシステム」が採用されていることが多いです。

簡単に言えば、「追加証拠金リスクがない」仕組みです。

ゼロカットシステムは

トレードによる損失で証拠金がマイナスになってしまった場合に、
一定時間後にGEMFOREX側が
そのマイナス分を負担してゼロに戻してくれるものです。

この仕組みのおかげで、
トレードで大きな損失を出してマイナスになってしまっても、
マイナス分を負担する必要はなくなります。

高いレバレッジでトレードできる海外FX会社では
比較的採用されているところが多いです。

両建て+ゼロカットシステムの組み合わせが禁止

複数口座間での両建てを可能にしてしまうと、
このゼロカットシステムを悪用できてしまうのです。

例えば、Aという口座で100万円分のUSD/JPYの「買」、
Bという口座で100万円分のUSD/JPYの「売」を入れたとしましょう。
しっかり両建て状態です。

この状態で、USD/JPYが暴騰(かなり上がった)とします。

すると、「売」で入れてたB口座はどんどんマイナスになっていきます。

そのまま、B口座は損失を出してしまいゼロカットシステムによってゼロになりました。
ところが、この間もA口座は利益を出していきます。

このように「マイナス分はGEMFOREXに負担させて、
片方の口座では普通に利益を出す」ということが可能になってしまうのです。

だから、規約で禁止しています。

両建てとは?

一応、「両建てってなに?」という方がいるかもしれないので、説明しておきます。

両建てとは、
同じ通貨ペアで「買(buy)」と「売(sell)」の両方を入れておくことです。

相場がどちらに変動しても耐えられたり、
急な高騰・暴落によるロスカットを防いでくれたりするので使うこともありますが、

両建てで利益を出すのはなかなか難しいです。

両建てのメリット・デメリット

両建てに関してですが、トレード手法なので
当然メリット・デメリットがあります。

たまに、両建てをセオリーの一部みたいに理解していて、
トレード手法でマウントを取ろうとしてくる人もいます。

ただ、じっさいの所は、基本両建てはデメリットの方が大きいです。
なぜなら、スプレッドが2倍でかかってしまうからです。

買と売の両方をいれるので、
同時に決済すれば相殺してトントンになるイメージがありますが、
実際にはスプレッド分が含まれるので相殺できません。

「こういう時は両建て当たり前」みたいなのはなく、
あくまで個人のトレード手法によると思います。

両建てのメリット

 

まず、両建てのメリットに関してです。

両建てのメリット

・急な高騰・暴落に耐えやすい

・判断がしにくい相場の時に一旦落ち着ける

少しでもトレードをしたことがある人なら
相場の急な変動は経験したことがあるでしょう。

急な変動のとき、勝っていれば焦らないと思いますが、
負けていると結構焦りますよね。

焦っていると、なかなか判断ができないので、
あたふたしている間にあれよあれよとマイナスが広がっていくこともあります。

「逆に入れていれば!」と思うこともありますよね。

これを実現したようなのが両建てです。

急な高騰や暴落に合わせて利益を出し、
相場が落ち着いた後に最初のポジションを解消することで
プラスで終わらせることを目的としています。

また、同じlot数のポジションであれば、
レートが動いても残高には一切影響しないというのも特徴です。

両建てのデメリット

逆に両建てのデメリットに関してです。

 

両建てのデメリット

・スプレッドが2倍かかる

・ロスカットされないわけではない

・損失を広げることがある

 

まず、スプレッドがかかるので、両建ては「やるだけマイナス」です。

「両建てなら絶対に利益が出せる!」という自信がある方は、
両建てしなくとも利益が出せると思います。

両建てをしていると、
MT4などの有効証拠金が減らないように見えると思います。

「これなら証拠金維持率が減らないし、ロスカットされない!」
と思うかもしれませんが、ロスカットされます。

両建ては決済するタイミングを間違えると損失を大きくする可能性もあります。

GEMFOREXでスワップ狙いで両建てする人もいる

両建てが人気になったひとつの理由として、「スワップポイント」があります。

GEMFOREXなどでも、スワップポイントの一覧を見ることが出来ますが、
このスワップポイントが「買」「売」の両方ともプラスになる通貨が出る時があります。

その通貨に両建てして、スワップポイントで稼ごうという手法が流行ったりして、
両建てする人が増えたこともありました。

両建てしているので、どちらに相場が動こうとマイナスにならないように見えるからです。そのためスワップでどんどん稼いでいくことが出来ます。

実際には、スワップポイント内にFX会社の手数料が含まれていますし、
スプレッドも入ってくるし、
ポジション自体の損益も関係してくるのでなかなか難しいです。

GEMFOREXでの両建てのまとめ

最初にも説明したように、
GEMFOREXでは単一口座であれば両建てが可能です。

トレードをしている中で、
判断に迷って両建てをするというのは結構ある話だと思うので、
規約違反にならなくて安心ですね。(良し悪しはおいておいて…)

トレード初心者はミラートレードやMAMを活用して勉強しよう

最近はトレード手法についてもどんどん勉強しやすくなっていると思います。

トレード初心者のうちは、ミラートレードやMAMなど、
プロのトレードのトレード履歴を見ながら勉強するといいと思います。

MAMなどは、プロトレーダーが実際にどの通貨で
いつポジションを持っているのかを確認できるので、私も利用しています。

GEMFOREXではキャンペーンもやっていて、2万円のプレゼントがもらえたりするので活用したいですね。