MENU
FX・バイナリー・仮想通貨

GEMFOREXで出金拒否はある!?出金できなくなった場合・事例を徹底調査

GEMFOREXで出金拒否をされたって噂を結構聞きますよね。
他にもGEMFOREXは悪い噂がちょこちょこ出てきたりします。

実際、出金拒否があった話などは本当なのでしょうか?
実際に今も出金拒否を食らっている人はいるのでしょうか?

私の周りのトレーダーにも確認して、実際に調査してみました!

GEMFOREXで出金拒否はある!?

GEMFOREXで出金拒否を受けた!のような噂が結構出回っているようで、
これから口座を作るという人にとっては心配ですよね。

以前サーバー落ちしたときもかなり騒がれたと思ったら、
サーバー落ちの際に補填をしたせいで逆に評判が急上昇して、

その一方でMAM口座などで大滑りした人が
GEMFOREXをぶっ叩きまくって…とニュースが絶えないFX会社ですね。

このようにいろんな噂が出続けているので、
その中に「出金拒否になった!」みたいな声も出てくるわけですね。

SNSなどで発言しているだけなので、どこまで本当かはわかりませんが。。。

実際、私もGEMFOREXを使っていますが、あまり不安になる点はありません。

この記事の結論になってしまいますが、
出金拒否になっているのは規約違反をした方だけのような気がします。

他の場合はポジション決済などを忘れていて出金処理自体が行えていなかったり
(エラーメッセージが出る)、
クレジットカードの本人確認などを終わらせていなかったりするだけだと思います。

できるだけ自分の身内でGEMFOREXを使っている
トレーダーとも連絡をとってみましたが、

全く理由もなく出金拒否を受けている人はいないようでした。

GEMFOREXでは基本出金できているパターンが多い

上でも説明した通り、GEMFOREXでは基本出金できているパターンが多いです。

よくある流れが、
サーバー落ちなどの大きなニュース → 誰かが出金拒否の噂を立てる
→ 怖くなって実際に確かめる

という感じで、
実際に自分で出金してみて試してみる人が増える時期があります。

すると、このようなツイートが一気に出てきます。

なんで毎回出金拒否の噂を出してくるんですかね…。

前には「GEMFOREXが利用している銀行口座が凍結されてる!」
といった噂まで流れていました。

サービス運営側にとってはこういうアンチが一定数湧くのは宿命なので仕方ないですが、
クライアント側にも迷惑なので辞めていただきたいですね。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でも出金拒否・出金できないことはある

ただもちろん、私の周りにいないからといって
「じゃあ、出金拒否にならないFX会社だ!」と決めるのはまだ早いです。

GEFMOREXでは「利用規約」があります。

その中には、明確にトレード手法の一部を禁止していたりします。

GEMFOREXで該当しやすい点は、
「取引量」の点や「両建て」の規約でしょう。

規約違反をして悪質だと判断された場合は、出金拒否になります。

出金拒否というと「一時的に出金を拒否されて、時間をおいてやればできる」
のようなイメージを持ってしまいがちですが、事実上の「口座凍結」です。

出金が二度とできなくなり、
アカウントを作り直すこともできなくなります。

 

基本的には、普通にGEMFOREXでFXトレードをしているだけで
規約違反になることは無いですが、

GEMFOREXでスワップポイント狙いで稼いでいく」といった場合や
GEMFOREXのノースプレッド口座を使ってスキャルピングをする
といった手法を考えている方は、規約をよく読んでおきましょう。

GEMFOREXで出金拒否になるのは「規約違反」が原因

 

何度もお伝えしているように、
GEMFOREXで出金拒否にあうのは、
規約違反による口座凍結が原因です。

口座凍結をしてしまう主な原因は以下のようなものです。

  1. 複数口座間で両建てをしている
  2. 1時間あたりの取引量が10lotを超えている
  3. 一回の取引でかなり大きなlotを動かす
  4. 経済指標や急な相場の変動ばかり狙ってトレードする
  5. ノースプレッド口座で0.0pipsだけ狙ってトレードする

このような項目です。

複数口座間で両建てを禁止されている理由に関しては
【FX】GEMFOREXの両建ては規約違反で禁止?出金停止・口座凍結のリスクは?両建てする方法を解説」に記載しているので参考にしてください。

他には、「1時間あたりの取引量が10lotを超えている」と書きましたが、
短時間で多くのlot数を動かすとカバー先に負担がかかるため、

GEMFOREXでは短時間で大きな取引量を動かすトレードを規約違反にしています。

これは、1回のトレードではなくその時間内に行った
トレードの総量が問題になっているので、
スキャルピングなどでトレードをしようと考えている方は注意しましょう。

GEMFOREXではスキャルピング自体はOKとされています。

ですが、スキャルピングは自然と短時間のトレード回数が増えるので、
lot数には注意が必要です。

他に、1回のトレードでかなり大きなlotを張るのもカバー先に負担をかけるので
駄目で(というより約定しない可能性がある)、

経済指標や急な相場の変動、ノースプレッド口座の0.0pipsなど、
細部のタイミングを狙ってのトレードばかりするのは規約違反とされています。

GEMFOREXの規約をしっかり読むようにしよう

結論としてはどうしても出金拒否が怖いのであれば、
GEMFOREXの利用規約をしっかりと読むことをおすすめします。

「当社の不利益となるようなトレード」のような、抽象的な内容も入っていますが、
概ね分かりやすく書いてあります。

またノースプレッド口座の0.0pipsの件や、
短時間で多くの取引量をしてはいけない点などは、
利用規約を読んでみないとわからない点です。

利用規約違反をして口座凍結になってしまった場合、
出金拒否だけでなく二度とアカウントが作れなくなります。

はじめに、しっかりと規約を読み込むことをおすすめします。