FX・バイナリー・仮想通貨

GEMFOREXでの両建ては証拠金ゼロでもOK?ロスカットはされるのかを調査

GEMFOREXでの両建て時は「証拠金が0」で表示されますよね。

実際にゼロなのでしょうか?

確かに、理論的には買と売に入っているので、証拠金は相殺されるはずです。
「それなのにロスカットされた」という話も聞きますよね。

これはなぜなのでしょうか?

GEMFOREXで両建てしている時の証拠金についてや、
ロスカットされる基準についてまとめてみます。

GEMFOREXでの両建ては証拠金ゼロでもOK?ロスカットはされるのか

GEMFOREXは単一口座での両建ては禁止されていないという
海外FX会社の中では珍しい特徴があります。

複数口座での両建ては禁止されていますので
両建てについて先に詳しく知っておきたい人は

こちらの記事「【FX】GEMFOREXの両建ては規約違反で禁止?出金停止・口座凍結のリスクは?両建てする方法を解説」を読んでみてください。

両建てをしていると、MT4のアプリで見てみても
証拠金が相殺されてゼロになっていますよね。

両建てなのでもちろん残高も動きません。

ということは、両建てをしていれば証拠金はいらないのでしょうか?

証拠金がゼロで運用できるのであれば、
ギリギリの資金を入れて両建てをすればOKということになります。

GEMFOREXではスワップポイント狙いなどで両建てをしている人もいるでしょう。
証拠金が必要なければ、スワップポイントでどんどん稼げますね。

そんな運用の仕方ができるのかについて調査しました。

結論:GEMFOREXでの両建ても証拠金は必要

結論を先に出しますが、両建て時も証拠金はきちんと必要です。

なぜなら、GEMFOREXの公式サイトに書いてあるからです。

Q 自動ロスカット制度はありますか?
A はい。当社では、証拠金維持率が20%以下になった場合に執行をさせて頂いております。

複数のポジションを保有されております場合には、損失額の大きなポジションから順次執行させて頂き、証拠金維持率20%を上回るまで行われる形となっております。

*両建て取引時には必要証拠金額が相殺されますので、証拠金維持率は表示されないMT4の仕様ですが、実際には内部的に計算されておりスプレッドの拡大など余剰証拠金額が不足した場合には強制ロスカットの執行となっております。証拠金額には十分な余裕をもってお取引をお願い致します。

両建て時についてもきちんと説明がある辺り、
GEMFOREXらしいなあと思うのですが、

とりあえず両建てでも証拠金が必要であるということはわかりましたね。

「証拠金維持率は表示されないMT4の仕様ですが、
実際には内部的に計算されており」とあるように

MT4での表示では相殺されて表示されてしまっているようです。

これはむしろ、「証拠金がいくら必要か分からない」
という別の問題を引き起こしていますね。

結論2:ロスカットも普通にされる

説明にあるように、ロスカットも普通に執行されるようです。

でも、実際に市場価格の変化が起こっても、
残高は変わらないですしどんな時にロスカットされるのでしょうか?

この記事では、そのパターンについても計算の仕方を解説しています。

【注意点】GEMFOREXでの両建て時はMT4の表示では証拠金が相殺されている

何よりの注意点はGEMFOREXでの両建て時は
MT4の表示では証拠金が相殺されているという点です。

証拠金が相殺されて表示されているので、
「ゼロ」でもOKかのように書かれているのです。

なのに実際には証拠金が必要なので、
まず自分がいくらの証拠金が必要なのかを計算する必要があります。

そして、ロスカットされてしまう条件も計算する必要があります。

ギリギリを攻める場合は証拠金の計算も
しっかりやらないと行けないので気をつけるようにしましょう。

GEMFOREXの両建てでロスカットされる原因

GEMFOREXで両建てをしている時にロスカットされる原因は
「スプレッドの拡大」です。

例えば、今AUD/JPYのスプレッドが2.3pips(MT4の表示では23)だったとします。
しかしこれが土日になったりすると、9.5pips(95)などに増えたりします。

このようにスプレッドが拡大することがあります。

スプレッドが拡大するということは、
「買」「売」のポジションを同時に決済した場合に出る
損失が増えるということを示しています。

 

スプレッド拡大による損失の例)AUD/JPYの買と売の両方のポジションを1lotずつ(10万通貨)持っているとします。

【スプレッドが2.3pips(23)の時】

1lotに対して2,300円の損失になるので、買い(1lot)と売り(1lot)の両方分で4,600円の損失となります。

【スプレッドが9.5pips(95)の時】

1lotに対して9,500円の損失になるので、買い(1lot)と売り(1lot)の両方分で19,000円の損失となります。

 

このように、スプレッドが拡大すると損失分が増えます。

損失分が増えるということはポジションを決済しなくても
「含み損として反映される」ということです。

そして、含み損として反映されるということは、
有効証拠金が減るということであり、

有効証拠金が減って
証拠金維持率が20%(GEMFOREX規定)を下回るとロスカットされます。

この場合、損失が出ている方のポジションがロスカットされます。

もう片方はプラスになっているはずなので一応生き残るでしょうが、

ギリギリの資金であるのは間違いないので
時期にロスカットされる可能性が高いです。

このように「スプレッドが拡大」することで含み損が生まれ、
ロスカットされることがあるのです。

スプレッドに対して必要な証拠金を計算する必要がある

 

スプレッドの拡大に対して資金を用意しておくには、
まずは必要な証拠金を計算する必要があります。

証拠金の計算にはレバレッジも考慮する必要がありますが、
とりあえず500倍で計算してみましょう。

GEMFOREXは口座の純資産額でレバレッジが変動します。

AUD/JPYの買の現在レートが73.677なので、
それで1lot(10万通貨)を買うとして計算してみましょう。

証拠金計算例

必要証拠金 = 73.677(買レート) x 100,000(1lot) ÷ 500 = 14,735.4

とこんな感じです。

同じように売でも計算していきます。

売のレートは「73.772」なので、「14754.4」が必要証拠金です。

 

この買と売の合計が実際の必要証拠金なので、
「14,735.4 + 14754.4 = 29,489.8」が必要な証拠金になります。

GEMFOREXは証拠金維持率が20%を下回るとロスカットされるので

強制ロスカット執行ライン

ロスカット執行ライン = 29,489.8 (必要証拠金) x 20% = 5,897.96

となり、有効証拠金が5,897.96を切った段階でロスカットされます。

上で説明したように、土日のスプレッドは9.5pips(95)などで、
この場合は含み損が19,000円なので、

最初に5万円くらいあれば耐えることができますね。

スプレッドの広さは通貨によっても異なりますので、
その点が注意が必要です。

例えば、GBP/JPYなどは16.2pips(162)なので、32,400円が含み損になります。

スプレッドが広がりやすいタイミング

スプレッドが広がると含み損が増えるのは分かっていただけたと思うので、
あとはスプレッドがどんな時に広がるのか、
どれくらい広がるのかを理解しておくと良いでしょう。

スプレッドが広がりやすいタイミング
  • 経済指標発表直後や国際的なニュース・トラブルの直後
  • 月曜日の早朝
  • 年末年始・GWなどの休業日
  • カバー先が少ないFX会社の場合(少し別の事例)

まず、大きく市場価格が動くタイミングはスプレッドが広がりやすいです。

これは、レートが刻一刻と変わってしまうため、
いつものスプレッドで約定させてしまうと、
その一瞬でレートが動きFX会社が損をする可能性があるからです。

FX会社が損をしないためにスプレッドに幅を持たせて対処しています。

つまり、すぐに処理できるシステムを持っているFX会社の場合は
急なレート変動の場合もスプレッドの変動は小さくてすみます。

他には月曜日の早朝や年末年始などで、「トレードをする人が少ない」時です。
これは、通貨を売買する人自身が減るので、通貨の流動性が減ります。

すると、買い板売り板と呼ばれる指値の注文が少なくなるので、
「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせるのが難しくなります。

たくさんの人が利用しているマッチングアプリなら
「条件に結構一致している人」を選べますが、
全然人のいないマッチングアプリだと「妥協が必要になる」のと一緒ですね。

その妥協の幅がいわばスプレッドとして表示されています。

最後にはカバー先の問題です。
これはFX会社の内部的な問題なので、FX会社選びの時点で重要になります。

カバー先が少ないと、
多くの取引を約定させることができない(処理できない)ことがあります。

その場合にスプレッドが広がります。

カバー先の話については割愛しますが、
ライセンスなどの無いFX会社の場合はカバー先が少ない可能性があります。

GEMFOREXのスワップポイント狙いで両建てしてる人は注意

GEMFOREXの場合は、スワップポイント狙いで両建てしている人もいますよね。

確かにGEMFOREXはスワップポイントが両方プラスになっている
変な通貨(特にEUR/USD)がありますので、
そこで両建てしている人はいるはずです。

 

ちなみに、両建てでスワップポイント狙いで安定的に稼ぐ方法は「GEMFOREX(ゲムフォレックス)なら両建てしてスワップポイントで安定的に稼げるってほんと?」で紹介しています。

スプレッドが拡大してもロスカットされないように厚い資金を持っておきたいですね。

スワップポイント狙いなので
高いレバレッジ限界まで利用していることが多いと思います。

証拠金計算をしっかりやって、資金を固めておきましょう。