FX・バイナリー・仮想通貨

【FX業界1位】最狭スプレッドGEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座の評判・メリット・デメリットのまとめ

GEMFOREXのノースプレッド口座が
FX業界で最狭スプレッドと話題なのをご存知ですか?

GEMFOREXは他の記事でも紹介していて、
サポートがなかなか手厚いことでも有名ですが、
最狭スプレッドも併せ持つとは恐ろしいですね。

ただ、そんなノースプレッド口座ですが、
メリットだけではなくデメリットもあるのでしょうか?
もしかして危険性などもあったり…?

ということで、ノースプレッド口座に関してまとめてみました!

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座


GEMFOREXでは「オールインワン口座」と

「ノースプレッド口座」の2種類の口座がありますよね。

大体の方は、オールインワン口座で作成していると思います。

私も自動売買してくれるMAMでGEMFOREXを利用していますが、
オールインワン口座です。

MAMについて詳しくは「【2019年11月更新】海外FX会社GEMFOREX(ゲム)のMAM運用を実践!評判もまとめてみた」に書いてありますので、
興味がある場合はこの記事を読んでください。

このGEMFOREXの「ノースプレッド口座」ですが、
実はかなりスプレッドが小さくてすごいと話題です。

2019年1月時点では「FX業界最狭スプレッド」と言われるくらいの代物なんです!

GEMFOREXのノースプレッド口座とオールインワン口座の比較

簡単に、GEMFOREXの口座間で条件を比較してみましょう。

主要通貨のスプレッドが「0.0pips~」と書いてありますね!

0.0pipsは手数料ゼロのことですから、かなりヤバいですね。

実際には、この0.0pipsの瞬間だけを狙ってトレードしてると
口座凍結の恐れがあるらしい(公式HPに記載がある)ですが、
0.0pipsのスプレッドでのトレードは魅力的です。

短期間でトレードをしている場合は、スプレッドがかなり影響しますからね。

スプレッドの小さい他社FX業者との比較

ちなみに、国内のFX業者を含めて
「スプレッドが小さいこと」を自慢にしている口座は何種類かありますが、
GEMFOREXのノースプレッド口座と
パフォーマンスを比較するとどうなのでしょうか?

実際に各社情報をまとめてみました。変動スプレッドの会社は平均を取っています。

※GEMFOREX公式に記載があるので、引用しています。(引用元:https://gforex.asia/tradecondition/fx/spread/hikaku/)

国内FX会社よりも上位にくるようなパフォーマンスですね。

後から説明しますが、
各種ボーナスをすべて取っ払ったことによる好条件かもしれません。

GEMFOREXの判断としては、
「ノースプレッド口座」は本当にトレードで戦っている人向けということですね。

しっかりトレードをするトレーダーであれば、
低スプレッドでも手数料としてはちゃんと入ってきますので、
GEMFOREX側としても安心できるはずです。

むしろ低額で溶かして、文句を言ってくるユーザーよりも
しっかり、トレードをする利用者を優遇したい可能性も考えられます。

ちなみに、GEMFOREXは
「低スプレッド戦争不参加宣言」を出しています。

不参加どころか、なぎ倒してますけど…

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座のデメリット

GEMFOREXのノースプレッド口座ですが、
もちろん低スプレッドでいいだけではなく、デメリットもあります。

シンプルにまとめれば、「トレーダー向け」という点以外は
すべて取り除いたような口座ですね。

ボーナスもなし、EAなどの提供もなしみたいな感じです。

1.口座開設ボーナス・入金ボーナスなどは適用されない

まず、ボーナス系は基本対象外です。

実際に、「【FX会社】GEMFOREXのキャンペーン一覧!2万円プレゼントや100%入金ボーナスなどを紹介!」の記事のボーナスページの詳細を見てみても、
オールインワン口座のみの記述が多いです。

最低入金額が30万円

次に、最低入金額が30万円となっています。

最初に30万円準備できていないと、
ノースプレッド口座が開設さえ出来ないという具合ですね。

「軍資金が全然ないトレーダーには、ノースプレッド口座を使わせないよ。」
ということですね。

EA・ミラートレード・MAMなどは利用できない

EAやミラートレード・MAMなどの自動売買系はすべて使用できません。

オールインワン口座で使えていたミラートレードを、
よりスプレッドを小さくして使いたいというのは無理です。

MT4にEAを入れての自動売買もできないようなので、手動での裁量取引のみとなります。

MT5などが非対応(MT4で対応必要)

現状では、MT4にしか対応していないようです。MT5などの最新ツールは利用できません。

オールインワン口座よりも取引可能な通貨ペアが少ない

オールインワン口座に比べて、取引できる通貨ペアの数が少ないです。

とはいえ、33通貨は対応していて、
メジャーな通貨は用意しているのであまり問題ないトレーダーの方が多いと思います。

マイナー通貨のトレードを得意としている方は厳しいかもしれません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座が向いている人

GEMFOREXのノースプレッド口座ですが、
デメリットもあることを考えると向いている方は絞られてきます。

GEMFOREXの特徴として
「スキャルピングが公式でOKされている」ことも相まって、

スキャルピングをしたいという人は
GEMFOREXのノースプレッド口座はかなり相性がいいかもしれません。

低スプレッドで裁量トレードをしたい人

まず、低スプレッドで裁量トレードをしたいという方にはおすすめです。

スプレッドは低ければ低いほどいいに決まっていますが、
ノースプレッド口座は自動売買などを使えない代わりにスプレッドが低くなっています。

いろんな投資方法をやりたい人は、ノースプレッド口座は向いていません。

スキャルピングを行いたい人

スキャルピングを行いたいという方には
GEMFOREXのノースプレッド口座はかなりおすすめです。

まず、「スキャルピング」自体が禁止されていることが多いFX会社のなかで、
GEMFOREXでは公式でOKが出されています。

しかも、それが低スプレッドでできるとなればメリットしかありませんよね。

スキャルピングを行う際の注意点

ただし、スキャルピングを行う場合は別の点で注意が必要です。
それは、トレードするタイミングや取引量です。

  1. 短時間(5分以内を目安)での10lot以上の取引
  2. スプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙ったトレード

短時間での取引量が超えた場合、
deal cancelになったり、最悪の場合口座凍結になります。

これは、カバー先に負担をかけてしまうためです。
手動でスキャルピングをするときだけでなく、
スキャルピング型のEAを利用する場合も同様です。

GEMFOREXのノースプレッド口座の評判

GEMFOREXのノースプレッド口座を利用している方の意見を見てみると、
やはり評判は良さそうです。

GEMFOREXのノースプレッド口座のまとめ

GEMFOREXのノースプレッド口座、いかがでしたか?

なかなかここまで低いスプレッドは魅力的ですよね。

裁量トレードをする際には、
GEMFOREXのノースプレッド口座もかなりありだと思います。

追加口座は簡単に作れるので、
すでにGEMFOREXで口座を持っていてもスムーズに手続きできるのが良いポイントです。

まとめ
  • GEMFOREXのノースプレッド口座は国内・海外と比較してもかなり低スプレッド
  • ボーナス系は適用されない!裁量トレードで戦いたい人向け
  • スキャルピングでやる際には、取引量に気をつけよう!