MENU
オンラインカジノ

オンラインカジノで稼ぐのは合法?違法?24時間稼ぎ続けても安全なの?

 

さいきんでは、SNSなどを通じて
オンラインカジノの有料バカラ配信
【無料体験有】有料バカラ配信サービスは稼げる?実際にオンカジで稼ぐ方法とは
などが流行っていることで大注目のオンカジ。

オンラインカジノ系配信所の販売者でさえ、
違法と合法のライン引きを知らない人も多いのが現状なので

「PCやスマートフォンさえあれば
24時間いつでも、どこでも稼ぐことが出来るオンラインカジノ」を利用する際の
注意点についてまとめてみました。

オンラインカジノで稼ぐのは合法?違法?24時間稼ぎ続けても安全なの?

ネットを利用して、ゲームをプレイすることが出来ますが
オンラインカジノサイト内で
リアルな現金をかけているので
勝てば、利益を得、出金することが出来ます。

在宅で出来る稼ぎ方のひとつとして
徐々に、認知度をあげているのです。

現状、オンラインカジノは
日本の法律では、違法とも合法とも言えない為
一般ユーザーは下記で示す注意点さえ守っていれば

ユーザー側が取り締まりを受ける確率はかなり低いとされています。

日本の法律では、合法?違法?の断定ができない「オンラインカジノ」

 

日本では、インターネットを通じた法律の整備がまだ進んでいない為
オンラインカジノは、法律的に「グレーゾーン」の稼ぎ方とされています。

違法ギャンブルを取り締まる法律は
「賭博および宝くじに関する罪(刑法第185~185条)」が
日本にはありますが

インターネットが拡大する、かなり前に制定されている為
国境の概念がないオンラインカジノは
法律の対応外となっています。

よって、「違法」か「合法」かを断定することが出来ないのです。

日本で過去にプレイヤーがオンラインカジノを利用して逮捕された違法事例

 

日本では、「グレーゾーン」とされている稼ぎ方で
利益を得る方法は、オンラインカジノ以外にも存在します。

ただ、オンラインカジノで利益を得る場合は

過去に逮捕されたことがある事例を元に
ユーザー側が対策を取っておくべき点がいくつか存在します。

「法的にグレーゾーンなはずが、グレーゾーンではないケース」があるということです。
まずは、じっさいの逮捕事例を見てみましょう。

①NetBanQ事件・運営と利用者が家宅捜索対象に

「NetBanQ事件」とは
無店舗型のオンラインカジノではじめて逮捕された事例のことです。


NetBanQ自体は、オンラインカジノの運営者ではないのですが
海外オンラインカジノと日本人ユーザーの金銭仲介を行っていた所

「決済サービスのNetBanQが、賭博の胴元である」と判断され逮捕となっています。

じっさいの、ニュース掲載記事も見てみましょう。

カジノサイト賭博 容疑で主犯を逮捕 千葉

 海外のインターネットのカジノサイトを使って客に賭博をさせたとして、常習賭博容疑で男2人が逮捕された事件で、県警サイバー犯罪対策課は16日、同容疑で主犯とみられるフィリピンに住む自称自営業、椎原宰(つかさ)容疑者(53)を逮捕、送検したと発表した。同課によると、「賭博については知らない」と容疑を否認している。
引用:産経ニュース

また、NetBanQでオンラインカジノをプレイしていたプレイヤーも
数名、賭博法の元、家宅捜査対象となり略式起訴とされています。

ほとんどのプレイヤーが略式起訴通り、裁判はなし・罰金刑のみの意向に
受け入れの姿勢を取りましたが
この判断に申し入れをしたプレイヤーは、不起訴処分となっています。

➁スマートライブカジノ事件・プレイヤーがはじめて逮捕された例

 

オンラインカジノを利用していたプレイヤーがはじめて逮捕された事例です。

「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置いている合法のオンラインカジノです。

ですが、中身のサービスが完全に、日本人に特化したサービスを提供していた為
「国内賭博のサービス提供と同一である」と判断し、逮捕に至っています。

なので、「海外のオンラインカジノであれば、大丈夫」という訳でもないのです。

じっさいの、ニュース掲載記事も見てみましょう。

ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警

利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。

引用:産経WEST

 

 

➂ドリームカジノ事件・運営者がはじめて逮捕された例

「ドリームカジノ事件」は
オンラインカジノの運営者がはじめて逮捕された事例です。

運営している会社や決済している会社が
日本国内で経営しているように判断できるような痕跡が多かった為
運営が逮捕されています。

また、この事案のプレイヤーは
大方、1万人前後いた為、警察からは指導のみの対応で終わっています。

オンラインカジノ運営業者を逮捕 全国初…国内運営と判断

ドリームカジノは、カジノが合法なオランダ領キュラソー島で営業許可を受けているとサイト上に記載していたが、サポートは日本語のみで行われていたことなどから、府警は国内で運営されていると判断した。

引用:産経WEST

 

「オンラインカジノ」で利用者が違法とみなされない為の事前対策方法

 

上記のじっさいに、逮捕や起訴となったオンラインカジノ事件は
どれも、違法となる理由が存在しています。

かんたんに、3つに分けて特徴を公開しますね。

運営会社の詳細情報やライセンスを公表していないオンラインカジノの利用はしない

前例のドリームカジノ事件で問題となった
「日本語サポートのみ対応」などの表記から
運営拠点が日本にあると判断されるようなオンラインカジノの利用は避けましょう。

また、プラスアルファ、運営会社に関する情報や(会社の名前や会社の住所)
ライセンスを公表していないオンラインカジノの利用もおすすめしません。

特に、ライセンスの表記がないオンラインカジノは
運営が違法行為を行っている可能性が高いので
金銭トラブルに巻き込まれる危険性があります。

オンラインカジノ・カジノシークレットのライセンス実例

プレイしてみたいオンラインカジノを見つけたら
サイトのいちばん下までスクロールすると「ライセンスマーク」の記載があります。

オンラインカジノ・カジノシークレットのライセンス証書

 

「ライセンス証書」を掲載している閲覧ページにも飛ぶことが出来ます。

オンラインカジノの審査が厳しく評価が高いライセンスまとめ

また、「ライセンスさえあれば、安心して利用できる!」と思っている方も
多いかと思うので…

オンラインカジノのライセンス取得は、国ごとによる審査の基準(難易度)が存在します。

ただ、ライセンスの有無だけ確認するより
より、審査の基準が厳しく、評価が高いライセンスを取得しているカジノサイトの方が
安心して利用できると考えています。

参考までですが、審査が厳しいかつ、
評価の高いライセンスを取得しているカジノサイトをまとめておきますね。

 

マルタ共和国

・casino secret

・jack pot city casino

・cherry casino

カナワケ

・jack pot city casino

・パイザカジノ

キュラソー

・EMPIRE777

・cherry casino

ベラジョンカジノ

・カジ旅

・パイザカジノ

・inter casino

ジブラルタル

・ウィリアムヒルカジノ

 

日本人限定のオンラインカジノサービスの利用はしない

前例のスマートカジノ事件で問題となった
日本人だけに特化したオンラインカジノ環境は避けましょう。

 

わたしも、オンラインカジノ利用前に、懇々と説かれた点ですが
「日本人限定のオンラインカジノサービス」は
「国内賭博」と同一とみなされる為、
プレイヤーでも、安全とは言い難いとされています。

日本人に特化したオンラインカジノサービスは利用しないようにしましょう。

・日本人専用のライブカジノテーブルが用意されている
・日本人のディーラーだけでゲームの進行を行っている
・海外のオンラインカジノ利用ユーザーがいない

カジノバーなどの店舗型オンラインカジノサービスの利用はしない

SNSでも見受けられるように、近年では
東京や大阪付近でカジノゲームを遊ぶことが出来る
カジノカフェやカジノバーが増えています。

ほとんどの場合は、合法的に運営されていますが
「海外のカジノ」とはまったく別物です。

店舗型のカジノゲームを利用することで得た利益は、
いわゆる、ゲームセンターのメダルやコインとおなじなので
「現金」と交換すると”違法”とみなされます。

・2006年02月:カジノカフェ「ゴールドラッシュ」
・2018年05月:インターネットカジノ店「VENETIAN」
・2018年08年:インターネットカジノ店「Lisboa」

店舗型のカジノゲームを利用して、現金のやり取りを行うと
運営者側だけでなく、プレイヤー側のあなたも逮捕される可能性が高くなります。

じっさい、店舗型には、逮捕例も出ているので
好んでリスクを取りたい場合以外は、近寄らないことをおすすめします。

 

オンラインカジノで稼いだら合法?違法?の注意点まとめ

 

今回の記事で取り上げた「違法」の事例は
2010年より前とかなり情報が古いものが多いです。

むしろ、逮捕の事例を元に
ユーザー側も、「グレーゾーン」の線引きを把握することが出来
徐々に、参入者が増えているとされています。

安全に利用しても良い、オンラインカジノの認知度が広まったことで
稼ぎ方のひとつとして、注目されるようになっています。

わたしも、利用前に、先輩から懇々と注意された点なので
もう一度、注意点を3つまとめておきます。

①オンラインカジノサイトを利用する際は
運営の会社の情報やライセンスを公開しているサイトを選ぶ
➁金融系にはよくありがちですが、
オンラインカジノで稼ぐ方法は、「違法」として法で裁くことが出来ない為
「グレーゾーン」と言える稼ぎ方のひとつ
➂「店舗型」のカジノは利用しない

 

みんなが守っている注意点は、最低把握して、安全に利用しましょう!

今回の記事に記載してある、オンラインカジノの中で
最も厳しいライセンスを取得しているベラジョンカジノの入金不要ボーナスを
「ベラジョン×ゆかもんコラボ 30$入金不要ボーナスプレゼント付き」にて
配布中です。

結構、はじめてオンラインカジノを利用する方から
「最初なので、じぶんの資金を使わなくても
使い方確認できる方法ありませんか?」と質問を頂いていて

「入金不要ボーナスなら、ノーリスクで
サイト内で、使ってもらうことが出来るよね」って感じで話がまとまったので
ベラジョンカジノさんとのコラボとしてプレゼント企画を実施しています。

0.1~1$ベットといった低資金でプレイ出来る部屋も揃っているので
オンラインカジノがどんなものか?覗いてみたい方は
まずは、低資金&ノーリスクでサイト内で利用してみてください。