MENU
オンラインカジノ

オンラインカジノ3つの税金対策とバカラ配信で稼ぐ場合の税金計算方法

「オンラインカジノで稼いだ場合って、税金対策はどうしたら良いですか?」
【無料体験有】有料バカラ配信サービスは稼げる?実際にオンカジで稼ぐ方法とはなどを提供している

最近はやりのバカラ有料配信に関する質問のひとつとして
メッセージをよく頂くのでまとめてみました。

コツコツ毎月利益を出金した場合の
税金の計算の仕方や、税金対策できる方法はあるのでしょうか?

そこで、今回は、有料配信などでオンラインカジノで稼ぐ場合に
じっさいに利用している声が多い手段を3つ公開しています。
(有料の配信やロジックを利用される方は、直接運営に詳細を聴いてください。)

ぜひ、3分ほど一読ください。

オンラインカジノ税金対策3選公開!バカラ配信で稼いだ場合の税金計算方法

まず、オンラインカジノの裁量で利益を得た場合や
バカラの有料配信で稼いだ場合の所得や税金の扱いについて
簡潔にお伝えしますね。

オンラインカジノの利益を申告するケース

オンラインカジノを利用して1年間で稼いだ利益が
50万円を超えない場合は申告義務なし

=税金の支払い義務がない

ロジックや有料の配信などを使って、利益を毎日出金している場合は
年間で、50万円以上、オンラインカジノで稼いだかどうかが
チェックポイントになります。

では、「なぜ、オンラインカジノの利益が、税金がかかる対象になるのか?」
「どういった基準で、税金がかかるのか?」についてお伝えしますね。

オンラインカジノで稼いだ利益は一時所得に分類…税金対策が必要

日本の法律では、オンラインカジノで得た利益は
”一時所得”に分類し
年間を通して得た利益によって税金額が変わるとされています。

そもそも、「一時所得って何?」
って方もいらっしゃると思うので下記を添付します。

 

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
この所得には、次のようなものがあります。

  1. 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
  2. 競馬や競輪の払戻金   引用元:国税庁

 

パチンコ・競馬・オンラインカジノなどで稼ぐ場合の税金対策方法

つまり、ギャンブルで得た利益も、税金の支払い対象に当てはまるのです。

ところが、おなじギャンブルはギャンブルでも
パチンコ・競馬などで得た利益と、オンラインカジノで得た利益では

日本で税金管理を行っている税務署での管理方法が異なることで
取るべき税金対策が違うと言われています。

「パチンコ・競馬で稼いだ場合の税金対策」と
「オンラインカジノで稼いだ場合の税金対策」2つに分けて、お伝えしますね。

パチンコ・競馬で稼いだ場合の利益の受け取り方と税金対策

パチンコや競馬で稼いだ利益は、日本の法律上では
申告し、税金を支払う対象となっています。

ですが、お金が移動しているデータの記載が
個人の銀行口座の記録として残ることがない為
税務署が管理出来ないお金とされています。

なので、現状、申告していない&税金未払いの人が多いのです。

オンラインカジノで稼いだ場合の利益の受け取り方と税金対策

 

一方、おなじギャンブルでも、オンラインカジノの場合はどうでしょう?

オンラインカジノで稼ぐのは違法?合法?24時間稼ぎ続けても安全なの?
内でも記載している通り

日本の法律では、賭博法は存在するものの
インターネットに適用する法律の整備が進んでいない為

オンラインカジノは「グレーゾーン」の稼ぎ方とされています。

「インターネットを介していること」によって
個人のオンラインカジノサイト内に
カジノサイトから送金が行われた記録が残り

税務署側で、お金に関するデータを把握する証拠が残ってしまうのです。


そこで、オンラインカジノプレイヤーは

出金などのお金のやり取りに関するデータが残らないよう
下記に記載するような形で、策をほどこしていることが多い様です。

オンラインカジノの税金対策方法1:利益分に対する税金を計算し支払い対象か確認する

 

じっさいに、オンラインカジノで稼いだ場合の税金対策を紹介する前に…

「そもそも、いま、じぶんは、オンラインカジノで
税金対策を施さなければならないくらい、利益を出すことが出来ているか?」
確認する必要があります。

オンラインカジノの利益に対する税金計算式を使って
支払う額を計算してみましょう。

オンラインカジノの税金対策方法①オンカジで得た利益に対して税金がかかるタイミング

オンラインカジノで稼いだ利益に対して
税金がかかるタイミングはメモの通りです。

毎年1月1日~12月31日のまるまま1年で得た収入を
翌年2月16日~3月15日で確定申告する

 

オンラインカジノの税金対策方法➁オンカジの税金計算方式

次に、得た利益に対する税金の計算方法を使って
じぶんが支払う税金額を計算します。

【オンラインカジノの税金計算方式】

利益(ギャンブルの場合、損失額を支出と換算しない)ー特別控除額50万=AA×1/2
=納税額

【オンラインカジノの税金計算方式(簡易版)

1時所得
=総収入ー総支出ー特別控除額50万

【計算方法例

・12月1日:10万円ベット30万利確
・12月8日:15万円ベット7万損切り
・12月13日:7万円ベット21万利確
・12月21日:15万円ベット7万損切り
・12月24日:5万円ベット25万利確

簡易版の公式に当てはめると

1時所得
=総収入ー総支出ー特別控除額50万
=(30万+21万+25万)-(7万+7万)-50万
=76万ー14万ー50万
=…

に思われがちなのですが違います!

ギャンブルの場合は、総収入の所に
総支出(つまり、負けた額)も換算されます。

簡易版の公式に当てはめると

1時所得
=総収入ー総支出ー特別控除額50万
=(30万+21万+25万+7万+7万)-(0)-50万
=89万ー50万
=39万

所得税
=(1時所得 
39万)×1/2
=19.5万

19.5万が納税する金額になります。

 

1年間でオンラインカジノで得た利益が50万円以上でない場合
申告の義務がない為、税金の支払い義務もない

 

オンラインカジノの税金対策方法➂オンカジの税金計算注意点

オンラインカジノの税金計算時は、下記の2点を注意しましょう。

【オンラインカジノの税金計算方式・注意点】

✓オンラインカジノの税金は、勝つ度に課税対象

✓負けた額は、損失額に分類されない

 

オンラインカジノの税金対策2:オンカジで月100万円以上利益を出している人が使っている3つの方法

前述までの流れで、オンラインカジノで利益を得ている人の中で
税金を払う必要があるかどうか?確認することが出来たと思います。

今回は、バカラの有料配信【バカラ】ベラジョンカジノのバカラ配信で月利150%!?【無料配信もあります】やロジック

【100%利益】ブラックジャック必勝法はある?損切りなしオンラインカジノロジック検証動画2本公開を使って利益を得ている人などからの口コミを元に

日本の個人銀行口座に、オンラインカジノで得た利益に関する履歴を
残さない方法を3つ聴いているので、さいごに紹介しますね。

オンラインカジノの税金対策①:スティックペイ(Sticpay)で日本の銀行に着金させない方法

ひとつめは、スティックペイ(Sticpay)を利用して
日本の銀行以外に利益を着金させる方法です。

スティックペイの使い方は、
公式サイトに記載があるのでリンクを添付しておきます。

スティックペイ(Sticpay)公式サイト

名前はあがる事が多いのですが
どちらかというと、
2番のエコペイズの方が使い勝手は良いように聴くことが多いです。

オンラインカジノの税金対策➁:エコペイズで日本の銀行に着金させない方法

ふたつめは、エコペイズです。

使い方は、公式サイトにまとめがあるので
チェックしてみてください。

エコペイズ公式サイト

オンラインカジノの税金対策➁:裁量で稼げる人は海外法人を設立することが多い

みっつめは、オンラインカジノで
収入が100万円以上超えて、年収1000万円クラスまで到達した場合
海外法人を設立する方法をよく聴きます。

海外法人の設立に関しては
わたしの友人に直接聴いた方がはやいと思うので
必要であればLINEより、お声がけください。

追記 桁違いに勝ってしまって、節税対策を探している相談を頂いたので…

オンラインカジノで1,000万円以上利益が出てしまい出金した例

利益が出て、すでに全額出金してしまった場合は
どのカジノサイトを利用していた場合でも
プロでも対応は不可能とのことなので、出金する前にお声がけください。

パイザカジノで1,000万円以上利益が出て税金対策を考える場合

ハイローラーの方はベラジョンではなく、パイザを推奨しています。

理由として、パイザカジノであれば、
海外の銀行口座をあける手段を取ることが出来る為です。
詳細が必要な方は、ラインよりお声がけください。

※ まだ、出金していない場合にかぎる

ベラジョンカジノで1,000万円以上利益が出て税金対策を考える場合

ベラジョンカジノの場合は、節税対策はプロでもかなり厳しいとのことです。
一応、手数料20%くらいで、対応出来なくはないそうなので
要相談といった感じではあります。

※ まだ、出金していない場合にかぎる

オンラインカジノで1,000万円以上利益が出て一部出金してしまった場合の節税対策

数百万円単位、まだオンラインカジノサイトに利益が残っている場合は
一度、お声がけください。場合によりますが、相談には乗れるかもしれません。

オンラインカジノで1,000万円以上毎年利益が出ていて良い節税対策の情報を知りたい場合

税金まわりのプロに相談することは可能なので下記のテンプレをLINEに送ってください。
知人や専門家の時間を取ることになるので、
コピーした際、そのまま事情が伝わるように記載をよろしくお願いします。

【オンカジ 節税対策相談 テンプレ例】

①オンラインカジノの利益
②カジノサイトの種類(複数ある場合は、複数記載)
③個人か個人ではないか
④利益分の出金状況

オンラインカジノで税金対策しながら稼ぐ3つの方法まとめ

 

今回の記事では、さいきん流行りのオンラインカジノバカラ配信や
ロジックを使って、利益を得た場合の税金に関するお話をまとめてみました。

「オンラインカジノって、そもそも税金を払う必要があるのか?」
「税金を払う対象は、いくらくらい稼いだ場合に当てはまるのか?」
「納税額って、どのくらい?」
「オンラインカジノのバカラ有料配信を使っている人は
なにか、利用しているサービスはある?」

など、ラインでたくさんお便りを頂いていたので
参考になればうれしいです。

さいごに、オンラインカジノって、そもそも稼げるのか?
気になる方も多いと思うので

これからオンラインカジノをはじめる方向けに
ベラジョンカジノ×ゆかもん 入金不要ボーナス30$特別プレゼント企画」を提供中です。

ベラジョンのライブカジノでは1$ベットから利用することが出来るので
日本円で3000円あれば、実際に利益を出せるか?
自己資金を使わなくても、確認することが出来ます。

利用方法や企画の詳細は、下記のページにまとめているのでぜひ、使ってください↡

【入金不要ボーナス】オンラインカジノ・ベラジョンカジノの入金不要ボーナスを紹介!【30$プレゼント中】