MENU
ストレス0

そのままでいいと言ってくれる人の心理

「そのままでいい」と言ってくれる人の心理は

どちらかというと、じぶんと分離した他人を安堵させるつもりで言ったか

分離している事を忘れ、じぶんが、安堵したい為に言ったか、そんなところだろう。

 

柔らかいことばでいうなら、あなたに向けて話したことばというより

「ボクが寂しいから、いっしょにいてよ!!」的な感覚に近いのだと思う。

 

3次元は、「寂しい」や「依存」を愉しむ世界だ。

 

「そのままでいいよ」というより

「そのまましかない」事に気づいた時

 

「そのままでいいよ」と言われた事に対して

「なぜ、違和感を持ったのか??」ようやく、理解する事が出来る。

 

現実世界は「そのまましかない」じぶんの積み重ねに、他ならない。

 

都合の良い引き寄せだけを行おうとすると

引き寄せた後に、痛い目を見る繰り返しに、ぜつぼうして

 

「じぶんの人生ってこんなものなのか…。」と

勝手に、他人の人生とじぶんの人生を混同し、諦める事を考える。

 

原因と結果は

いつも「そのまましかないじぶん」が同時に創り出している事を考えた時

 

「そのまましかないじぶん」の設定を

 

自己ヒーリングする事ができれば

現実の流れを変える事が出来ることに気づけるだろう。

 

「そのまましかないじぶん」を

「わたしは◯◯だから…」と定義づけを増やし

改善しない選択をする度に

わたしたちは、わたしの中にある、じぶんへの愛と信頼を失っている。

 

「そのまましかないじぶん」が

ネガティブな方に傾く時、わたし達は悩む。

 

「そのまましかないじぶん」が

ポジティブな方に傾く時

 

わたし達は無意識に、そうあり続けることが、他者を癒す事に気づき

そうあり続ける選択をする。

 

「そのまましかないじぶん」のネガティブな設定を潰し続けるだけで

わたし達は、「ただ在るだけで、尊重される世界線」を体感する事が出来る。

 

源の力と一致することから外れる度に、悩む。

 

「苦」も「苦しみ」も個人のじぶんが創り出す世界で

「苦」と「苦しみ」の先の

 

ただ、存在するだけで、役割を果たしている事に気づく事が

外側の条件によってしか、愛されないじぶんから脱却する事が出来るのだ。