ストレス0

猫とテレパシーで会話する方法

猫をみかけると、大体話しかけてしまうので

「猫と会話するとは、どんな感じか?」についてまとめようと思う。

わたしが住んでいる街は、

気づいたらニャンがたくさん住む場所と化していた。

人間様の不調和で、不明確なことばより

なにも、喋らずとも

「にゃお~」と鳴いて、ごろんするだけで

可愛いニャン達が街中に増えるようになって

気づいたら、「ジブリの猫の恩返し」のように

猫が住む街の中に人間様が住むようになったら

どれだけ、平和な世界ができるか、少し、考えてみて欲しい。

きっと、「ストレス対策」や「ストレス緩和」なんて

仕事がなくても

わたし達のこころは、穏やかで平和な日常が続く事だろう。

人間様の世界に猫がいるより

猫の世界に人間様がいた方が

地球環境も、断然良くなるのではないかとすら思う 笑

だって、わたし達も、せっかく冒険に来た物質世界で

いつでも、「ごろにゃ~。」していたい所

地球環境では、お金が必要だから

お金を調達しないといけない時間っていうのが、

必ず、あるからね。

本題の、猫と会話する方法は至って、かんたんで

外国にいようが、国内にいようが

猫と会話したければ

とりあえず、「にゃお~♪」って声をかけるだけで、だいじょうぶ!笑

バリ島の猫にゃんは

日本の猫ちゃんより、積極的に近寄ってくれる↓

 

猫とテレパシーで話したら5mくらい散歩してくれた🐈
にゃんにゃんにゃにゃにゃん♪にゃんにゃにゃ〜♪

 

 

猫と話そうと思って、

高圧的に話しかけるというよりは

童心に戻る感覚の方が近いかな。

じぶんが、3から5歳児の感覚に戻りたい時に会話すると

猫ちゃんは、魂が若い事が多いので

「にゃお~♪」って喋ってくれる事が多い。

そこら辺で、寝ているおとなっぽい猫ちゃんよりかは

座っている猫ちゃんや

うろうろ歩き回っている猫ちゃんの方が

若くて、人間に対する先入観がないから、話良い。

にゃん達は、動画撮り始めると大体、喋らないので

サンプルでしかないのだけど

1分ぐらいずっと、ふにゃふにゃ喋ってた 笑

人間も、猫のように

「愛して欲しいよ~!」

「触って欲しいよ~!」

「大事にして欲しいよ~!」と

かんたんに、言えたら良いのに

まともに、愛されていない内から

知識ばかり身についていくと

ジャッジする事が、賢い事だと思い込みがち。

ほんとうの賢さは、猫のように素っ裸で

「愛して欲しいよ~!」

「触って欲しいよ~!」

「大事にして欲しいよ~!」

というスキルかもしれないなぁ。

どれだけ、高尚な知識を得たとしても

子どもの頃のじぶんも、劣等感も

本質的には、無くなる訳ではないし

先生病にならずとも

認め合える関係こそ、平和な社会だよね。

先生を求める限り

じぶんは、ずっと、子どものままで

いずれ、考えなくなっていく。

先生役の人も

本質的には、子どもなのに

なりたくもないかっこよさに溺れないと

やってけないと

いずれ、限界が来るんだよ。

みんな、子ども。

肉体的に、年齢を重ねたら賢くなれる訳ではないのだ。