ストレス0

自分の代わりはいくらでもいるのに生きる意味ってある?

「自分の代わりはいくらでもいるのに生きる意味はあるのか?」について

ほんとうの意味で「自分の代わりはいくらでもいるから、

ひとり、ひとりの人生が大切であること」を理解した方が良いと感じた事があるので、

シェアしたい。

 

正直、「自分の代わりはいくらでもいる」割に

「じぶんと人生変わりますか?」と問いただすと、

誰も変わりたい志願者がいない仕組みになっている事を理解した時

 

「じぶんの人生をいちばん、理解していないといけないのは、じぶん」である事や

「じぶんで、じぶんの人生を創っていることを、もっと理解して生活した方が良い」

事に気づく。

 

「じぶんと人生変わりますか?」と問いただすと

「だれも、変われない。」事だけは、確実に決まっている。

 

だから、たにんの生き方や在り方に対して、文句を言えない仕組みに気づいた時

どんな時も、たにんがいるから、じぶんが色んな経験が出来る事に気づいて欲しい。

 

たにんも、じぶんも、じぶんの人生しか、生きる事が出来ない事を考えた時

じぶんの人生ひとつ、一生懸命生きる事が出来たら、立派だとそう感じて良いだろう。

 

自分の代わりはいくらでもいるのに生きる意味ってある?

 

冒頭でも、述べた通り、

「どこにでもある、ありふれた人生。」は、この世の中でひとつとして無い。

「どこにでもある、ささやかな人生。」も、この世にひとつとして無い。

 

「じぶんの人生の代わりをだれかが変われる訳では無い。」から言えないことの方が、

大半なことに気づいたら

「どこにでもある、ありふれた人生。」を創り続ける事が

わたし達、全員に死ぬまでに、課せられた課題である事に気づく。

 

どこかのだれかの視点からすれば、

「どこにでもある、ありふれた人生。」を創り続けている事に気づいた時

 

人生に対して、シリアスに感じ過ず、

そこそこに、あいまいに愉しむ事が、最も、楽に生きる方法である事に気づく。

 

「じぶんの人生の代わりをだれかが変われる訳では無い。」から

好きに生きる事が出来る事を考えた時に

 

現実生活で、不満が多いとしたら

 

じぶんなりに思う、好きに生きるをやってみた方が良いと考えている。

 

好きに生きることも、好きに生きないことも

じゆうで、「好きに生きる」リスクを取っていない(助言やアドバイスが出来ない)内から、「好きに生きること」に対して

文句を言うことは出来ないのだ。

 

自分の代わりはいくらでもいるのに生きる意味ってある?

 

「好きに生きること」も、「好きに生きないこと」も

だれもたにんの代わりは出来ない生き方な事を考えた時、「たにんが、変わりたくなるような人生」を体現できているか⁇考えてみると

じぶんの在り方を変えるきっかけを掴む事が出来る。

 

全くおなじ人物で、ポジティブに捉える事も

ネガティブに捉える事も出来るとしたら

 

他人目からみて、ポジティブに見える要素を

増やすきっかけが、「自分の代わりはいない」と思える、じぶんが、じぶんを好きになるポイントを体現出来た時だと考えている。

 

「自分の代わりはいくらでもいる」から

じぶんが、じぶんの事を好きなポイントを

増やす旅をしていると考えた時

 

大体の問題は、問題ではなく、課題である事に気づくのだ。

 

自分の代わりはいくらでもいるのに生きる意味ってある?まとめ

 

今回は、「自分の代わりはいくらでもいる」事を理解した方が

個人で、ブランドを確立する上で、楽な事に気づく話をした。

 

「自分の代わりはいくらでもいる」事に気づいたら

反対側の、いまとまったくおなじじぶんで

正反対のポジティブに生きている人がいる事に気づくことが出来る。

 

いつからでも、楽に生きている人の価値観を採用する事で

かんたんに考えて生きて良い事に気づくと

 

いま、悩んでいる事も悩みではなくなって

「いまを生きる」を体現する事が出来る事に気づけるようになる。

 

現実生活を楽に生きる為には、ネガティブな面だけではなく

反対側のポジティブな面を引き出し続けるスキルが必須になる。

 

じぶんの視野で捉えている以上に、

「まったくおなじじぶんで、ポジティブに捉えられる面があるとしたら、

どんな視点があるか?」ぜひ、割り出してみて欲しい。