MENU
ストレス0

【生き方】恩返ししたい時に考えたい恩を返す方法

今回は、恩返ししたいときに考えたい

恩を返す方法について解説する。

 

恩返しについていろんな名言があるけれど結論から言うと最もわかりやすい恩返しの仕方としてはあなたが普通に生きていることが1番だと考えている。

 

どういうことかというと、普通に生きていることで自然と人からもらったことや

身に付けた者は他者に還元されることが多い。

 

あなたが生きていることに価値があることが理解できれば、何かをしようとせずとも普段から還元されていることがわかると考えている。

 

また、恩返しをしようと思って生きていると

気負ってしまうことで

大事にした方が良い事の準備は変わってしまうことがあると考えている。

【生き方】恩返ししたい時に考えたい恩を返す方法

 

恩返しについて、急いで何かする必要はないと考えている理由がある。

 

自分らしく生きることよりも、恩を返す生き方に執着してしまうと自分で自分の人生を決めている感覚よりも、

 

過去の重要だと感じた出来事を基準に

人生を選択してしまうことで

思ったようにできないことが

出てくることがあるからだ。

 

恩返しを一生懸命しよう、しようとするよりも

恩返ししたいと感じた

重要な価値観の要素を抜き取って

毎日の生活で生かしていく方が大事な時がある。

 

当たり前と言えば当たり前だけど

まずあなたが普通に生活できていること自体が恩返しになっていることを気づいた方が良い。

 

【生き方】恩返ししたい時に考えたい恩を返す方法

 

あなたがあなたとして普通に生きていることで

恩返しできていることを考えたときに、

 

一生懸命恩返しができる生き方を探すよりも

 

必死になって恩を返そうとしない

自然体のあなたに惹かれて

恩を返したいと思うようなことをしてくれたことを忘れてはいけない。

 

恩を送ることが恩返しになるといった見方もあるけれど、そもそもあなたが生きていることで

互いに良い経験ができたこと自体が

財産であることを考えたときに

 

経験に対してもらいすぎ、もらわなすぎといった価値観は無いことを考えてみてほしい。

 

たくさん良い経験をした事はあくまで主観であって、主観で感じた事をつないでいくことが自分自身であることを考えたときに、ただ存在していることに対して尊重していくことも大事だと考えている。

 

【生き方】恩返ししたい時に考えたい恩を返す方法

 

恩を送ってくれた過去の出来事に執着するよりも

過去の出来事をフラットに捉えていく事で

恩恵がずっと続くように

人生を歩いていく事は大事だと考えている。

 

恩返しを口にすること

そのものが、恩返しである事を理解すると

「返さなければならない」から

「いますでに、恩返しをしているじぶん」にシフトする事が出来る。

 

毎日生きていく中で

貰った恩は、しぜんに他人に還元する事が出来る事を考えた時に

「返す」のではなく

「還元」していくことを目指すとじぶんに合った

恩の返し方が分かると考えている。

 

【生き方】恩返ししたい時に考えたい恩を返す方法

 

今回は、恩返ししたい時に考えたい恩を返す方法や

生き方・在り方について解説した。

 

恩返しは、1日や1回で行うものではなく

日々、時間をかけて行うものと考えた時に

 

じぶんが、生きて、生活出来るだけで

十分還元出来ている事を忘れてはいけない。

 

当たり前に、生活していく過程で

なぜ、重要な価値観を持っているのか?伝えて行くだけでも

十分、恩を還元出来ていると考えている。